ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

2度目の剣ヶ峰は最高のコンディション:伯耆大山その3

2012年9月2日 鳥取県大山町 伯耆大山剣ヶ峰(標高1729m)


剣ヶ峰山頂でのランチをすばらしい展望と共に楽しんでいる間に、雲がいつの間にか背後に忍び寄っていました。


IMG_5043.jpg
食後にちょっとだけ弥山方面に行ってみようと思って振りかえって見ると、なんと弥山はすっかりガスの中です。少し待っていると、ガスの切れ間から一瞬弥山が見えました。うわさの難所「らくだの背」を見てみたかったのですが、ガスが湧いてしまったので次の機会にすることにしました。


P1020360_20120915175400.jpg
槍ヶ峰方面の稜線も、北側はガスで真っ白になっています。どうやら日本海からの風が北壁を吹き上がってガスになったみたいです。すっかりガスにまかれてしまう前に降りたほうがよさそうです。


13:00 下山開始です。もう一人の単独行の年配男性も出発の準備をしていました。しかし、僕が先に下山してからもいっこうに姿を見せなかったので、どうやら弥山へ向かったようです。


伯耆大山の主稜線は、弥山方向からだと縦走しないようにという看板が設置され、入口にロープと立ち入り禁止の札がありますが、こちら側には何もありません。ユートピアや槍尾根から登ってくる人なら、ある程度の経験があるだろうからあえて立ち入り禁止にしなくてもいいだろうという判断なのかもしれません。とすると、弥山側の措置はあくまでも初心者やハイキング客が間違って踏み込まないようにするための措置だとも考えられます。同じ場所なのに、入り口が違うと対応が異なるという事実は、結局のところ登山者自身の判断に任されているということなのかもしれません。そういえば、弥山側の看板は、「縦走はやめてください」と書いてあり、「通行禁止」とか「縦走禁止」と書いてあるわけではありません。このどこか中途半端な書き方は、そう考えるとなんとなくなるほどねと思えます。もちろん、この主稜線が難易度の高い、危険なルートであることは間違いないわけで、遭難事故も発生しているという事実を、登山者がきちんと理解しておく必要があるわけです。


P1020361_20120915175400.jpg
天狗ヶ峰近くまで戻ってきました。だいぶ雲が多くなってきましたが、まだなんとか視界は保たれています。名残惜しいので、剣ヶ峰をバックに写真を1枚。立ち姿がちょとわざとらしかったです。


P1020366.jpg
ガスで真っ白だった北側ですが、一瞬切れ間から麓の様子が見られました。下界はいい天気みたいなので、この稜線にだけガスがまとわりついているのでしょう。


P1020370.jpg
13:24 天狗ヶ峰に着きました。槍ヶ峰がガスの餌食になるのは、時間の問題のようです。


P1020369.jpg
槍ヶ峰の山頂には、3人の登山者がいるようです。おそらく、僕の後から三の沢の登ってきていた三人組だと思われます。


P1020371.jpg
足元に黒いものがあるなと思ったら、メスのクワガタのようです。なんでこんなところにいるのかわかりませんが、天気がいいので下のほうから飛んできたのでしょうか。


P1020372_20120915175724.jpg
天狗ヶ峰から槍ヶ峰へと下る途中で、登山道わきにヤマハハコの一群を発見。そういえば、登るときにも見ているはずなのに記憶にありません。登ることに気をとられていたのでしょう。


P1020375.jpg
槍ヶ峰直下の登山道です。滑りやすいので慎重に登ります。


P1020376.jpg
槍ヶ峰本峰からみた南峰です。天狗ヶ峰から見たときは、もはやガスにまかれる寸前のように見えた槍ヶ峰ですが、不思議なことにもどってくると再び晴れてきました。今日はなんだか山に祝福されているみたいです。


P1020381.jpg
13:40 槍ヶ峰南峰に登ってみました。行きにはビビッてしまった道でしたが、稜線歩きで高度感に慣れたみたいで、ぜんぜん問題なく登れました。山頂には木彫りの鷲のような像が置かれています。


P1020382.jpg
ここは鋭鋒なので、足元の風景は大山随一といってもいいかもしれません。絶壁から覗き込んでいるかのような高度感です。三の沢をほとんど真上から俯瞰しているような感覚です。


P1020384_20120915180125.jpg
こちらは、キリン峠へと続く槍尾根です。


P1020383_20120915180126.jpg
ガスに巻かれそうで巻かれない槍ヶ峰と剣ヶ峰。




ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。







P1020385_20120915180126.jpg
槍ヶ峰南峰の山頂で15分ほどゆっくりしたあと、下山開始です。


P1020386.jpg
急斜面につけられた幅30cmほどの踏み跡をたどって、三の沢への下降点に向かいます。


P1020387_20120915180126.jpg
不思議なもので、下山を始めると下からガスが上がってきました。いつもなら、下り始めると晴れるパターンが多いのですが、今日は逆です。こんなの初めてです。


P1020388_20120915180127.jpg
三の沢への下降点へ来たときに、ちょっとキリン峠方面を偵察してみたくなりました。踏み跡をたどって再び尾根の上にでました。ガスの中に双耳峰のようなシルエットが見えています。まるで鹿島槍のような雰囲気。


P1020389_20120915180417.jpg
少し進んでみると、双耳峰の姿が見えました。双耳峰といっても、実際は尾根上の2つの小ピークにすぎません。あの向こうにキリン峠があるわけですが、そこそこ距離もあるしガスが上がってきたので先へ進むのはやめにしました。とりあえず、このあたりはそれほど厄介な感じはなさそうです。


P1020390.jpg
尾根から三の沢への下降点へ戻る道です。前方の岩峰の手前を左へと下って行きます。


P1020391.jpg
三の沢への下降点から草つきの斜面を下っていくと、ガスが漂い始めました。下向きに撮影したのでほぼ平坦な道のように見えますが、実際はかなりの急斜面を下ります。


P1020392.jpg
しかし、ガレ場に出る頃にはガスも晴れます。


P1020393.jpg
剣ヶ峰はガスの中。


P1020395.jpg
三の沢の下のほうにあるケルンに立ち寄ってみました。以前から、なんでここにケルンがあるのだろうかと思っていたのですが、どうやら遭難者と関係があるようです。


P1020396.jpg
ケルンのそばにはこのようなものが設置されていました。歌の歌詞のようです。


P1020397.jpg
南壁を一望できる場所にあるケルン。大山で亡くなった方の供養のケルンだとしたら、確かに最高の場所なのかもしれません。


P1020398_20120915180701.jpg
気がつけば、怪しい空模様になっています。急げ!


P1020399.jpg
大堰堤の迂回路入口は、やはりわかりやすくて助かりました。


P1020404_20120915180701.jpg
大堰堤とその下の小堰堤を下り、川底へ出てきました。ここから沢を横切って左岸へと移動します。


P1020405.jpg
次々と現れる真新しい堰堤をクリアしつつ先を急ぎます。


P1020406_20120915180900.jpg
15:33 雨に降られることなく、文殊堂までもどってきました。


P1020407_20120915180900.jpg
朝たくさん停まっていた車は、自分の車ともう一台あるだけです。くしくも、両車ともレガシーでした。


P1020408.jpg
奥大山スキー場で奥大山の水を汲んでいると、見事に晴れ渡った大山の姿が・・・ なぁーんだ、最後はやっぱり下山後に晴天というオチだったわけです。 でもまあ、今回は十分な好天の山行だったので満足です。


P1020421_20120915180901.jpg
そして、帰路に立ち寄った真庭市久世町のユメタウンというスーパーで、先に記事にしたダブルアーチの虹に遭遇したのでした。最後にすばらしいお土産までもらえて、大満足の一日となりました。




gpsmap_daisenyarione_jpg.jpg
■山行データ
<往路所要時間> 3時間15分(休憩時間を含む)
駐車場9:12→三の沢10:08→槍尾根三の沢下降点11:46→天狗が峰12:20→剣ヶ峰12:37

<復路所要時間> 2時間33分(道草時間を含む)
剣ヶ峰13:00→槍ヶ峰南峰13:35→三の沢ケルン14:52→駐車場15:33


<登山道情報>
昨年の台風の影響で少し難度が増したように感じるところもありますが、おおきな変化はありません。とはいえ、道迷いや転滑落の危険性は夏道などに比べるとかなり大きいルートですから、立ち入る場合は慎重に。





ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 2012年9月 伯耆大山剣ヶ峰 | 18:31 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012/11/16 18:11 | |

Re: 南槍からの景色、最高だったでしょ

ヨックモックさん

槍ヶ峰南峰からの眺めは、たしかによかったです。

大山の主稜線は歩くかどうかはわかりませんが、
天狗尾根とキリンはなんとか雪が降る前に挑戦して
おきたいと思います。

| ヤマふぉと | 2012/09/16 23:16 | URL |

南槍からの景色、最高だったでしょ

いずれはラクダの尾根を渡るでしょうが、その前にキリンのガレと天狗の下りは経験してた方がいいと思います。
行きは無理だと思った槍の天辺が帰りには登れたようにね。
ラクダの背に行くまでに小さなラクダがいます。これがくせ者で、この手前でみんな止めてしまいます。
この小さなラクダが怖かったらもちろん大きなラクダは越えられません。
私達は剣ヶ峰から弥山を往復しますが、片道だけだと剣ヶ峰からラクダの方が無難だとおもいます。
ラクダを往復して初めて大山を知る事になるでしょう。
幸運を祈ります…。
尚、三ノ沢のケルンはYさんが、大山を登る人の安全を期して作ったケルンで、結果、自分の遭難碑となった訳です。

| ヨックモック | 2012/09/16 07:51 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

ぽんきちぽんたさん

広島からだと大山はちと遠いですが、
気合で日帰りできないキョリではありません。
そのうち都合があえばご一緒しましょう。

あの写真は自分でも、わりとお気に入りです。

| ヤマふぉと | 2012/09/16 06:49 | URL |

こんばんは(^-^)

いいお天気、そして美しい大山様にバンザイ\(^-^)/

お写真をみてたら歩きたくて歩きたくて、、、
いつか、いや、必ず行くぞ大山!

ダブルアーチの虹もキレイです。なかなか見れない貴重なものですね。

その2の記事の「山と渓谷」のグラビア風写真、イイ感じです!

| ぽんきちぽんた | 2012/09/15 21:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/365-119980a6

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV