ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

型落ち在庫処分で62%オフ: バーグハウス ヴィーゾベスト

珍しく好日山荘が春夏ウェア旧モデル大処分市というのをやっているので、行ってみました。

特にほしいものがあったわけではないのですが、まえまえからあれば便利かなあと思っていた夏用のウィンドブレーカーでいいものを見つけました。それが、BerghausのVISO WP VEST。WPというのはたぶんWater Proof、つまり撥水ということだろうと思います。7875円が2980円になっていました。

夏用のウィンドブレーカーって、各メーカーから薄手のぺらぺらジャケットが出ているので選択肢は幅広いのですが、自分としてはそれなりにこだわりがありました。というのも、基本的に長袖のジャケットタイプでは背中が汗をかいてしまうし、袖部分もわきの下に汗をかきやすいのでなくてもいいように思うわけです。長袖であっても脇の下にベンチレーションがあればOKですが、背中が問題です。バックパックを担いで歩いている状態で風があって肌寒いという場合、体の前側だけ防風機能があればよく、背中は通気性に優れた素材でいいわけです。

もちろん、夏でも2000mを越える山では、天気しだいでは低体温症になるほどの寒さに遭遇することもあるわけですが、そういう時はレインウェアなどを羽織ればいいので、同じような長袖のジャケットを持つのは無駄だと感じます。いままでは、寒いと感じればレインウェアの上着を着て、前のジッパーを全開にしていたのですが、これだとやっぱり暑いのです。それに、状況に応じて着たり脱いだりするのがとっても面倒です。



ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。





P1020006.jpg
VISO WP VESTのいいところは、「ベスト」であるということ。BESTではなくてVESTですので念のため。袖口とウェスト部分は伸縮素材になっているので、体にぴったりとフィットして風が侵入するのを防いでくれます。フロントジッパーに沿って反射テープが縫い付けてあるので、ストロボを使って撮影したらピッカリ光ってます。


P1020007.jpg
背面は通気性に優れた薄手のメッシュ生地です。これなら汗をかかずにすみそうです。なんで非対称の形状になっているのかは謎です。背面にも左右の生地の切りかえし部分に反射材が縫い付けてあります。前もそうですが、いったい何目的なんでしょうか。普通に登山する場合に役に立つのか疑問です。まあ、早朝の暗いうちから行動する場合は、わかりやすいというメリットはありますかねえ。


P1020008.jpg
ジッパーを上まで閉めたときにあご下に当たる部分には、ちゃんとカバーが縫い付けてあり、あご下に金属のジッパーが当たるのを防いでくれます。このあたりが山用品のいいところ。ユニクロではこういう細かい心遣いは期待できません。


ちなみに、前部分の青い生地は、透湿・防風・撥水性能があるAF FABRICという生地だそうです。


まだ、アマゾンや楽天で買えるかどうか検索してみましたが、このベストはヒットしませんでした。どうやら、数少ない流通在庫のひとつだったようです。ラッキーでした。




ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| ウェア類 | 01:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/352-f99aacda

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV