ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

最高峰の衝撃吸収性能のインソール(中敷): ソフソールAirr

登山靴に付属のインソール(中敷)は、あまり衝撃吸収性能がよくないものが多いらしく、長く歩いていると足が痛くなります。ところが、インソールを衝撃吸収性能がいいものに交換すると、足痛がかなり改善されます。


数年前にソフソール(SOFSOLE)というインソールに交換してみたところ、1日10時間ぐらい歩いても足の裏が痛くなることがなくなりました。15時間行動したときはさすがに足痛で嫌になりましたが。このブログでもそのインソールのことを記事(こちら)にしていますが、記事にしてかれこれ2年が経過しているのに、いまだにアクセスが多い記事です。皆さん、同じ悩みを抱えているみたいです。


さて、そのソフソールですが、さすがに経年変化のためか、最近ちょっとへたってきたように感じていました。日帰りの低山登山ぐらいならあまり気になりませんが、重い荷物を背負っての北アルプス山行などではややつらいと感じることがあります。



ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。





P1020005.jpg
そういうわけで、このさい新しいインソールを試してみることにしました。購入したのは、おなじソフソールのエアー(Airr)というモデルです。登山やトレッキングにはハイク(Hike)という専用モデルがあるのですが、今回はオールスポーツ対応というエアーにしてみました。理由は、ソフソールのモデルの中でクッション性が最高峰のモデルだからです。ヒールとアーチ部分には強い衝撃を吸収するとともに素早く運動エネルギーに変換するエアーカプセル、足指の付け根付近には衝撃吸収を強化するためのポリマージェル、その他の部分にはソフソール独自のIMPLUS衝撃吸収材を採用しており、今まで使っていたものに比べてインソールの厚みは倍ほどの厚さです。これなら、15時間ぐらい行動しても大丈夫なのではとかなり期待してます。


ただ、エアーは厚さがあるせいで、靴にセットして足を入れてみると、つま先部分がややきつくなったように感じます。足の指が靴の上側にあたるのが気になるところ。いままでは靴下の2枚履きをしていましたが、1枚履きにしたほうがよさそうです。


P1020009.jpg
これまで使っていたものと比較すると、やや長さがあり、形も若干違いますが、カットなしでそのまま登山靴(シリオ712GTX)に入りました。


レビュー記事は、次に泊りの山行で使ってみてから書こうと思いますので、もう少しお待ちください。
と思っていたのですが、我慢できずにナイトハイクで試してきました。こちらdeどうぞ。


ところで、モンベルで2604円(定価)で購入したのですが、アマゾンだと2193円で販売されています。楽天ならもっと安いのですが、送料は別とのこと。失敗しました・・・










ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 靴・インソール | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/351-72046a7d

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV