ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

冬山から春山へ ダブルヘッダー2回戦:下蒜山 その1

2012年4月8日 岡山県真庭市 下蒜山(標高1100m)日帰り



頭上を雲に覆われていた鏡ヶ成から岡山の真庭市に入ってくると、すっかり雲はなくなってぽかぽかした春の陽気に包まれます。


上蒜山はまだ真っ白な雪をかぶった状態でした。この山もいまだ未登のままなので、上蒜山でもいいかと思いつつも、やはり一度敗退した山を先に登っておこうということで、下蒜山登山口にやってきました。


霧氷1
登山口周辺の雪はまったくないものの、朝方冷え込んだらしく、周囲の木々に霧氷が見られました。そういえば、鏡ヶ成では明け方の気温が-5度と、真冬と変わらない寒さでした。


霧氷2
このあたりでも確実に氷点下にまで下がっていたのでしょう。


駐車場
駐車場には車の姿は1台もなく、貸しきり状態です。一番便利な入口脇の東屋の隣に駐車しました。


登山口
8:19 すっかり雪が消えてしまった湿原入口から歩き始めます。


残雪の林
林の中に入ると、すぐに残雪が出てきました。


しばらく進むと、谷が二股に分かれています。このあたりになると登山道はほぼ残雪の下に消えてしまい、踏み跡もぜんぜんない状態です。残雪が少し融けた登山道らしき跡はどちらの谷にも存在していて、どっちが本来の道なのかよくわかりません。あいにく、大山を予定していたこともあり、下蒜山の地図は持ってきていません。一度途中まで登っているので問題ないと思っていたのですが、いきなりこんなところでつまづくとは・・・。


前回1月28日の山行ではトレースをたどったこともあり、谷の分岐についてはまったく記憶にないのです。ただ、早い段階で尾根上に出たということはわかっています。最初は右側の谷に入りかけたのですが、前方に倒木があったこともあり、ひとまず左の谷を進んでみることにしました。しかし、進んでいくと前方にけっこう高い尾根が見えてきて、こんな高い尾根に取り付いた記憶はないということで、引き返しました。これで10分ほど時間を無駄にしてしまいました。


テープ
残雪の上をショートカットして右の谷に戻ってみると、前方の木にテープが見えました。やっぱりこちらで正解だったということです。


尾根に上る階段
谷の奥に尾根に上る急傾斜の階段がありました。前回は雪で階段は見えませんでしたが、傾斜の感じと斜面の長さは記憶のとおりです。


尾根上の道標
8:43 尾根上に見覚えのある道標がありました。


最初の急傾斜
道標からすぐに始まる急傾斜は、鎖が設置された階段でした。雪道の記憶しかないので、なんとなく新鮮です。しかし、鎖が必要なほどの傾斜とは思いませんが・・・


三合目
9:00 三合目です。さすがにラッセルで登ってきた前回と違って、あっという間に到着です。





ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。






三合目上の急傾斜
三合目の先にあった、雲居平までの区間で一番急傾斜だった場所は、雪がなくなってもやっぱり急傾斜です。ま、当たり前ですけど。雪解けで下がぬかるんでいたり濡れていたりで、案外手間取りました。


キジの足跡
急傾斜を登りきると、雪が多く見られるようになりました。大きな矢印のような足跡が残っています。真ん中の指の長さは6~7cmはありそうな大きさで、たぶんキジだと思いますが、こんなにでかい足をしているなんてちょっとびっくり。


雪の林床
五合目が近くなると、すっかり雪山の風情です。雪は締まっていて、少し沈む程度なので、歩きやすい状態でした。


五合目
9:24 五合目です。前回は2時間以上かかったのに、今回はほぼ1時間しかかかっていません。ラッセルがないとこんなにも楽だなんて、改めて雪山の大変さを思い知りました。


前回ランチをした場所
前回、この松の間に座ってツェルトをかぶって昼食を食べました。


雲居下部
雲居平の笹原に入ります。前回撤退したのは、この少し先だったと思います。


雲居平中間部
見渡す限りの笹原ですが、笹の葉は強風に引きちぎられてしまったらしく、全部茎だけ。まるで巨大なブラシみたいです。


雲居平道標
9:44 雲居平の道標に着きました。このあたりはほんの数センチですが、雪が残っています。


麓の展望1
風がきつくなってきたので、休憩ついでにハードシェルジャケットを羽織ります。


麓の展望2
写真を撮っていると、いつの間にか後ろに単独行の男性がいて、突然「こんにちは」と声をかけられたのでびっくり。忍者かよっ!


せっかくここまで今日の一番乗りで来たので、登頂も一番でという気持ちが強くなり、単独男性よりも一足先に出発しました。


つづく。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 2012年4月 下蒜山 | 00:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/316-308a9cb4

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV