ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

三度目で登頂:泉山Cコース その2

2012年2月26日 岡山県鏡野町 泉山(標高1209.1m)日帰り山行




中央嶺から泉山へ
泉山への稜線の出だし部分には小さな雪庇がありましたが、歩きにくいというほどではなく、さらさらで抵抗感の少ない雪を踏みしめて気持ちよく歩きます。


細くなる稜線
やがて稜線が細くなり、鞍部に向けて下りが始まります。


大きな雪庇
このあたりは風が強いのか、けっこうな大きさの雪庇が発達していました。


鞍部に到着
やっと鞍部に降り立ちました。


山頂
山頂まで登ると、倉吉のライダーさんがすでにランチの最中でした。


登頂
12:29 ラッセルのお礼を言って、ひとまず山頂の道標までやってきました。わずか1200m程度の山ですが、昨年1月に登ろうとして以来3度目にしてやっと頂上に立つことができました。


登頂のあとはおまちかねのランチです。天気がよければバーナーでラーメンでもよかったのですが、雪と風があったのでいつもどおりのおにぎりとお湯で簡単にすませました。倉吉のライダーさんと話をしながら、短いながらも楽しいランチとなりました。


記念写真
12:53 二人で記念写真を撮って、いっしょに下山開始です。


登るライダーさん
パワフルに坂道を登る倉吉のライダーさん。


中央嶺山頂で
13:10 中央峰山頂まで戻ってきたのですが、このまままっすぐ下るのももったいないということで、少し井水山方面に下って写真を撮ることにしました。


井水山方面の展望
倉吉のライダーさんは、津山高校の避難小屋を見たいということで、井水山の麓に向かいました。





ここで一息。ポチッと押して休憩したら続きをどうぞ。






津山高校避難小屋
写真を撮りつつ、避難小屋が見える小ピークまで来ると、小屋の前に人がいるのが見えました。赤いジャケットではないので、倉吉のライダーさんではなく別の登山者のようです。


幻想的な森
小屋のある鞍部まで下ると登り返しがめんどくさいのでそれ以上は進まず、撮影しながら中央峰のほうに戻りました。時々ガスが沸いて幻想的な風景になります。


3人の登山者
斜面を登りながら井水山方面を見ると、倉吉のライダーさんが鞍部まで戻ってきていました。そしてその後ろ、さっき僕が避難小屋を眺めていた小ピークに3人の姿が見えました。どうやらAコースから3人で登ってきたようです。Aコースは先週の僕のトレースが残っていたでしょうから、それほどハードなラッセルはしなくてもすんだかもしれません。


中央嶺から下山
14:12 中央峰まで戻り、下山にかかります。


林道の分岐
14:44 登りで苦しめられた急斜面をさくさく下り、林道の分岐点までもどってきました。3時間近くかけて登った道のりですが、わずか30分で下ってしまいました。ほんと、雪山の下りは楽チンです。


登山口
14:52 登山口に出てきました。アスファルト舗装の林道はだいぶ雪が解けていました。



おわり。



(クリックで拡大します)
20120326泉山GPSログ



■山行データ
<往路所要時間> 3時間15分(撮影・休憩時間を含む)
登山口9:14→ゲート10:13→中央嶺山頂11:58→泉山山頂12:29

<復路所要時間> 59分(中央嶺から井水山方面での撮影時間を除く)
泉山山頂12:53→中央嶺山頂13:12/14:12→登山口14:52

<登山道情報>
雪があるときはクランポンよりスノーシューのほうが便利です。ただし、残雪期になると早朝などは凍結した急斜面になっている可能性もあるため、念のためクランポンも持っていったほうがいいと思います。
登山口のトイレは、冬期は水タンクが凍結して水が流れませんから、奥津温泉道の駅で用を済ませてから登りましょう。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 2012年2月26日 泉山 | 12:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/303-e45950d0

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV