ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

初雪山で一人ラッセル:下蒜山 その2

2012年1月28日 下蒜山(標高1100.3m) 日帰り山行


ハンガーノック、いわゆるシャリばて。体から力が抜けていくような感覚は、まぎれもなく空腹によるエネルギー欠乏です。途中、行動食としてチョコレートやキャラメルを食べていたのですが、この手のものはすぐにエネルギーになる代わりにすぐに消費されてしまい、一気にエネルギー欠乏状態になるということはよく知られた事実。こまめに食べ続けていればいいのですが、寒い雪山ではつい立ち止まることを嫌がってしまうので、こういう失敗をしがちです。


何はともあれ、食事休憩をとるべき時間になっていることは明白です。しかし、この先は木々も少なく、吹きさらしの雪原が続くばかり。風・雪ともに強まりつつある中を空腹を抱えて上を目指すのはあまり賢い選択とはいえません。


振り返ってみた
振り返ってみました。広い雪原に続く自分のトレースの先に、先ほど通過してきた松の木が見えます。そういえば、ちょうど二本の松が寄り添うように立っていて、根元部分に休憩によさそうな空間があったことを思い出しました。目的の雲居平は目の前ですが、今日はここで撤退することにしました。GPSの標高は795mをさしていました。


昼食場所
二本の松の木まで戻って、根元を均して荷物を降ろしました。当然、そのまま雪に座るとお尻が冷たいので、折りたたみの座布団を敷いて座るのですが、上から吹き降ろしてくる冷たい風が背中にもろに当たるため、汗でぬれた背中が一気に凍りつきそうな勢いで冷えていきます。


ツェルトをかぶって
ジャケットを脱いでフリースを着ようかと思いましたが、この寒風の中でジャケットを脱ぐ気にはなれません。それならばと、ツェルトを引っ張り出しました。日帰り山行でも万一のために持ち歩いているツェルトですが、いままで一度も使ったことはありません。ぺらぺらの1枚生地のものですが、これを頭からかぶって片方のすそをお尻とバックパックの下に敷くと、みごとに風を遮断してくれました。この状態ならジャケットを脱いでもまったく問題ないのですが、風が遮断されたおかげで寒さがなくなったので、そのまま食事にすることにしました。


ツェルトの中で昼食
バーナーでお湯を沸かしてカップラーメンを食べるというのが一番いいのはわかっていたのですが、ツェルトを張り綱で固定しているわけではないので、風で時おりばたつきます。その状態で火を使うのはやばそうなので、おにぎりと白湯だけの簡単な昼食にしました。ただの白湯がこれほどありがたくおいしいと感じられるのは、厳しい雪山だからこそ。景色を楽しむわけでもなく、気の利いた食事を楽しむわけでもなく、ただ薄っぺらの黄色いシートを頭からかぶって無心に握り飯を食べ、白湯を飲むだけの食事。それでも、十分満足のいく食事です。


うっすらと麓が見える
外を見ると、うっすらと麓の様子が見えていました。


下る道
13:52 わずか15分ほどの短い食事休憩でしたが、ツェルトのおかげで寒さに凍えることなくゆっくりとすごすことができました。ツェルトを丸めてバックパックに突っ込むと、出発の準備完了です。山頂方向は風と雪が強くなりすっかり視界がなくなっていました。天候が回復に向かっていれば、もう一度雲居平までチャレンジしてもいいかと思っていましたが、さすがにこの状況では気持ちももりあがりません。自分のトレースがちゃんと見えているうちに下山することにしました。


視界がよくなる
登りではずいぶん時間のかかった道のりですが、下るときはあっという間。そのうえ、下るにつれて視界がよくなってきて、上ではかすんでいた下界の景色もかなりくっきりと見えるようになって来ました。天気が回復したというよりも、上のほうだけ天候が悪い状況だったようです。


三合目
14:01 三合目まで戻ってきました。55分かけて登った道を、わずか9分で降りてきたことになります。


最初の道標
さらに、ほぼ1時間かかった最初の道標まで、たったの12分。タオル1枚が汗でぐっしょりとなるほど大汗をかいて登ったのに、いったいあの苦労はなんだったのでしょうか。


青空がのぞく
14:27 東屋が見えるところまで戻ってきました。そのとき、突然雲がきれて青空が垣間見れました。上ではホワイトアウトになりかけていたというのに、猫の目のようにころころ変わるおかしな天気でした。


東屋でスノーシューをはずしました。今回、スノーシューにちょっとした改造を施していたので、急斜面でもあまり滑ることなく登ることができました。



改造スノーシュー
改造というのは、真ん中の白いプレートの中央に貼り付けてある、茶色の棒のようなものです。もともと白いプレート部分には何もなかったので、つま先とかかとの部分に爪があるとはいえ、急斜面になるとつるつるとよく滑っていたのです。そこで、滑り止めになるものを取り付けてみました。金属プレートをビスで留めることも考えたのですが、ちょうど真ん中あたりでベルトが交差してビス用の穴を開けることが困難だったので、室内の段差などでつまづきを防止するために設置する三角形のプラスチック部材を瞬間接着剤で貼り付けてみました。100円ショップで手に入る材料だったので、接着剤と合わせてわずか210円ですみました。



GPSログマップ



■山行データ
<往路所要時間> 2時間29分(休憩時間を含む)
登山口11:03→三合目12:35→雲居平下765m地点13:32

<復路所要時間> 38分
雲居平下13:52→三合目14:01→登山口14:30

<登山道情報>
登山口までの道路はきちんと除雪されているようです。駐車場もある程度の広さが確保されていました。登山口に東屋はありますが、トイレはありません。

登山道は尾根に上がる手前あたりがややわかりにくいですが、尾根上に出てしまえば尾根をひたすら登るだけですから、トレースがなくても大丈夫だと思います。

雲居平は悪天候時はホワイトアウトしやすそうなので、注意が必要です。




ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 2012年1月 下蒜山 | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/282-8aaba552

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV