FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

山小屋通信簿: 高天原山荘

山小屋通信簿は、清潔さや快適さなどの一般的な項目の他に、ヤマふぉと派の観点から撮影山行基地としての評価も加えた山小屋の評価です。各評価項目を5段階で審査し、合計点数の平均(端数は四捨五入)が総合評価です。

評価項目
●清潔度:小屋内の部屋や食堂、トイレ、布団など、清潔に保たれているかどうかももちろんですが、小屋周辺の状況やごみの処理なども含みます。
●快適度:小屋内で過ごす時間を快適に過ごせるかどうかです。乾燥室の場所や利用時間、自炊場所の有無と位置、談話室の有無と居心地、本や暖房などの設備をチェックします。
●ホスピタリティ:宿泊や幕営の申込み、売店の対応など従業員の応対をチェックします。
●食事のうまさ:朝食夕食だけでなく、昼食メニューなどボリュームや味をチェックします。ただし、食べたものにもよるのでかなりいい加減です。基本的にあまりグルメではないので、味については甘い評価かもしれません。
●施設充実度:宿泊客以外の登山者が利用できる設備についての項目です。小屋前のテーブル&ベンチ、無料の水場、屋外トイレ、雨をしのげるひさし付きベンチがそろっていると評価5です。1種類を1ポイントとして評価します。
●ロケーション:写真を撮るためのベースとして、立地条件などを評価します。ただし、立地条件は変更しようがないので、3以上の評価とします。

評価基準
5:非常に優れている
4:良い
3:問題ない
2:いま一歩
1:改善が必要


高天原山荘
***廃屋みたいですが小屋閉め後の写真です***

●高天原山荘
清潔度:3
快適度:3
ホスピタリティ:3
食事のうまさ:-
施設充実度:4
ロケーション:3
総合評価:3.2

 誤解のないように言っておきたいのですが、評価の数字からだめ小屋なのかと思わないでください。できるだけ客観的に評価しようと思っているので、ちょいと辛めの評価になってしまいましたが、決して泊まるのをオススメできない宿ということではありません。

 清潔度については、小屋の古さに起因するものなのでいかんともしがたい部分です。洗面所から外をみると小屋の排水が普通に流れていくのが見え、食堂の生活廃水も流れているのかどうかはわかりませんが、環境的にどうかという点がちょっと気になります。室内はきれいです。

 快適度については、小屋が傾いていたりすることもあって窓やドアの隙間があるので、多少の隙間風や虫の侵入はやむなしというところです。客室は2階になります。いわゆるカイコ棚のような2段ではなく、普通の大部屋です。個室やカーテンなどの仕切りのある部屋はなかったと思います。窓側に棚がついているので水や小物を置くのに便利です。

 自炊場所は入り口前の屋外になります。屋根が付いているのでまだましですが、秋の朝夕はけっこう寒いです。乾燥室、トイレ、洗面所など必要なものはすべて小屋内にあり意外と便利ですが、トイレは男女共用です。平日で人の少ないときは乾燥室のストーブに火を入れてくれませんが、談話コーナーのストーブ上に物干し用のハンガーがあるので、そちらで代用可能です。電気がないので、読書をしたりするには屋内でもヘッドランプが必要になります。温泉があるのはいいのですが、宿から徒歩15分ばかりかかるのが難点です。

 ご主人を含めてスタッフは(といってもご主人と受付の女性しか見たことありません)寡黙で仕事熱心という雰囲気です。感じが悪いわけではありませんが、サービス精神旺盛という感じでもありません。

 食事については、素泊まりの経験しかないので評価不能です。屋外トイレはありませんが、小屋前のテラスにベンチがあります。流水でジュース類を冷やしているボックスが置いてあり、水の補給はその流水を利用可能です。入り口そばには自炊場所をかねた屋根つきのベンチもあり、雨天でも濡れずに休憩可能です。

 黒部源流域の最奥に位置する場所なので、ここをベースにあちこち足を伸ばすようなロケーションではありませんが、高天原湿原と夢ノ平があって撮影ポイントはそれなりにあります。静かな環境で自然を楽しみ、温泉につかって疲れた体をゆっくりと癒す。高天原山荘は、そんな癒しの時間を楽しむ場所といったほうがいいかもしれません。夕方着で翌朝発だともったいないので、ぜひ早めに付いてゆっくりされることをオススメします。

 高天原周辺の情報はこちらの記事を参照してください。

記事内容が気に入ったら、クリックのご協力をお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



| 山小屋通信簿 | 00:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/27-32371b34

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV