ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

冬山セールの獲物5 : ペツル エリオス&BD ベノムアッズアンドリーシュ

いいかげん買物ネタは終了したいところですが、ネタが無いのでご勘弁を。



好日山荘のセール最終日に、どうせ買うなら10%オフのときに買っておけとばかりに、無理やり買ったのがこれ。特別必要に迫られたわけでもないのに、なぜか散財に走ったのは税金対策といえなくも無い・・・



ペツルエリオス

とりあえず、ヘルメットはどうしても必要というわけではありませんが、伯耆大山主稜線の縦走をはじめ、ちょっとやばそうな場所をクリアしなければいけないときに、あれば安心というわけです。滑落したらあまり意味ないことはわかっていますが、それでも気休めになるでしょうし。たいして高価なものでもないので、この際買っちゃえというわけで、ペツルのエリオスというモデルを買いました。



本当は、グリベルのサラマンダーというのがほしかったのですが、好日山荘岡山店には置いてませんでした。取り寄せてもらうという手もありますが、試着してみないと頭の形にあうかどうかわからないので、うかつに取り寄せもできないという問題が。店頭にあったブラックダイヤモンドのヘルメットは形が細すぎて頭にあわなかったので、試着しないで買うのはギャンブル過ぎると感じます。



というわけで、店頭においてあったものの中で、一番フィットしたモデルがペツルのエリオスだったわけです。軽いし、サイズ調整もしやすいうえに、後頭部までカバーする形状と多くの通気穴が涼しそうなので、おおむね満足です。登山でのヘルメットは上から落ちてくる石を防ぐのが主目的なのでしょうが、転滑落した場合は後頭部と側頭部もきちんと守れたほうがいいわけで、その意味ではグリベルサラマンダーのような形状のほうがいいと思いますが、ないものは仕方がありません。


エリオスも後頭部や側頭部までしっかりシェルがカバーしているので、機能的には大丈夫そうです。サイズ調整は後頭部のダイヤルを回すだけなので、簡単確実です。シェルに付いているグレーのおにぎり型のプレートみたいなものは、ヘッドライトのベルトを固定するためのものです。







BDベノムアッズ
それから、ヘルメットよりももっと必要ないのに買ってしまったブラックダイヤモンドのアックス。ベノムアッズウィズリーシュというモデルで、長さは50cm。グリベルのアックスを持っているのになぜ買ったのか。



理由は、昨シーズングリベルのアックスを使ってみて、傾斜のきついところでは長すぎて使いずらいと感じたためです。これでグリベルがお蔵入りするというわけではありませんが、長いのと短いのと2種類あれば登る山に応じて使い分けができるということで、購入しました。ちょっと無駄遣いだったかなという気もしますが、自分へのクリスマスプレゼントということで・・・














ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

| ギア | 04:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/264-99fa5b28

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV