ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

体調不良は体の悲鳴

IMG_0455.jpg

朝5時に起きてシャワーを浴び、軽く朝食をとって着替えを始めると、
クラクラッ~~~(@_@;)  地震? いやいや、めまいです。
寝不足のせいもあるのかもしれませんが、こりゃあだめだ。
これで雪山に入るのは愚か者の選択。ということで、おとなしく自宅療養することにしました。


じつは、11月27日の大山山行以来どうも体調が思わしくなく、左手の痺れ、首筋のコリと違和感、鈍い頭痛に加えて、ついに軽いめまいまで出るようになりました。


病院で精密検査を受けたほうがいいかとも思いましたが、実は以前にも似たような症状が出たことがあり、頚椎のズレが原因で筋肉痛が起こったり神経や血管が圧迫されての症状でした。結局、針治療もやっている整体で頚椎のズレを直してもらい、針で筋肉痛を和らげたりした結果、すっきりと直ったのでした。


思えば、あれから何年も整体には行っていないし、重い荷物を背負っての登山も多数こなしてきて、しかもこの秋はちょっと仕事が忙しかったりしたので、もしかしたらまた体が悲鳴を上げているのかもしれないと思い、先日近所の整体を訪れてみました。整体で改善されなければいよいよもって精密検査しかないということです。


整体の先生に症状を告げて診てもらったところ、骨に異常は無いけれど、右肩から背中の筋肉がまれに見るぐらいこっていて、その影響で左肩から首筋の筋肉が同じようにこっているとのことでした。筋肉がこっているという自覚症状はなかっただけにちょっとびっくりです。なんで右の背中がこると左の首筋がこるのかというと、右の背中の筋肉の動きが悪いとそれをフォローしたり姿勢のバランスをとったりするために左の首から肩にかけての筋肉に無理が生じるからだということらしいです。


そういえば、先の大山天狗ヶ峰の山行時に左肩が妙に痛かったのですが、てっきりパッキングがうまく行かなくて荷物のバランスが悪いせいだと思ってました。左腕のしびれは、筋肉の硬直によって血の巡りが悪くなったり、骨の動きが妨げられて神経を少し圧迫する状態で固まっているせいだろうということで、固まっている筋肉をじっくりと揉みほぐしてもらいました。右肩甲骨の内側を押されると左手がびりびりしびれて、やっぱり右の背中と左腕は関係しているんだということがよくわかりました。


日を変えて45分の治療を2回受けたところ、左手のしびれはかなりよくなりましたが、首筋のコリと違和感はまだ残っています。そのため、頭のどんより感と軽いめまいのような症状はすっきりとはしていない状態です。無理をせず、体を休ませていれば良くなっていくだろうと言われたので、もう少し様子を見ながら年内はおとなしくしておいたほうがいいのかもしれません。





ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 時事ネタ・ニュース | 07:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: ご自愛下さいね。

soraさん

ありがとうございます。
夜更かししないで早く寝て、体力回復をはかりたいと思います。
せっかくの雪のシーズンを寝て過ごすなんてもったいない
ですからね。

| ヤマふぉと | 2011/12/13 18:04 | URL |

ご自愛下さいね。

そうですよね。ご無理なさらず、大事を取って
また元気にヤマ復活を願ってますね。

| sora | 2011/12/13 00:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/258-36fa710d

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV