ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

イエローハットの格安タイヤ:ZETRO C4

先日、スタッドレスタイヤの話を書いたので、ついでにノーマルタイヤの話も書いておきたいと思います。

7月に車検があったので、今年6月頃にノーマルタイヤも交換しました。ノーマルタイヤの交換は2度目になります。走行距離が18万kmを越えた段階での交換なので、タイヤ1セットで9万Km走ったことになります。といっても、冬シーズンはスタッドレスに交換していた時期がそれなりにあったので、ノーマルタイヤだけの実質的な走行距離は7万kmぐらいかもしれません。交換時の残り溝は正直かなりやばい状況でしたが、まったくの坊主というわけではありません。まあ、よくもったほうでしょう。

レガシーランカスターに標準で装着されているのは、ヨコハマタイヤのジオランダーというブランドです。このタイヤは、M+S(マッド&スノー)仕様のもので、いわゆるSUV車向けのものです。泥道やちょとした積雪路でもある程度の走行性能を確保したもので、特別耐磨耗性能が優れているわけではありません。一般的に言われている5万kmよりも長くもったのは、できるだけエコランを心がけておとなしく走っていたためだと思います。雪道性能がどの程度あるのかはよくわかりませんが、今年の3月に新庄村の毛無山に行ったとき、毛無山手前の不動滝あたりの積雪した坂道を、溝の少ない状態でも難なく登ることができました。4WDのおかげということもあるでしょうが、少々の雪道ならグリップするみたいです。走行時の騒音も気になることは無いし、剛性感やアスファルト道でのグリップ感も特に不満のないものでした。

6月にタイヤ交換するにあたって、もう一度ジオランダーにするという選択肢ももちろんありました。しかし、何しろ走行距離が18万kmを越えた車です。この先、いつ故障するかもわからないし、買い換えることになる可能性だってあるわけで、その車に大枚はたいていいタイヤをつけるのはちょっと無駄すぎるように思えました。もともと、物のブランドにはそれほどこだわらないので、安かろう悪かろうでない限りはなんだっていいのです。

zetro c4
イエローハットに寄ってタイヤを見ていると、イエローハットのオリジナルブランド「ZETRO(ゼトロ) C4」というタイヤが格安です。普段は4本で37,800円のところ、セールにつき36,500円になっていました(14インチあたりは1本5000円程度)。タイヤのブロックパターンは、装着されていたジオランダーのものとよく似ています。タイヤサイズは215/60R16ですが、ジオランダー同様にM+S仕様になっており、ほとんどパクリじゃねえかと思えるほど(現行のジオランダーとは異なります)。聞けば、韓国産でハンコックのOEMらしい。

さて、問題は安かろう悪かろうのタイヤなのかどうかです。店員さんの話では、いまどきのタイヤでそれはないとのこと。まあ、そうでしょうね。世の状況を考えれば、韓国産の自動車がアメリカをはじめ各国で販売台数を伸ばしており、日本車と肩を並べるこのごろ。販売される韓国メーカーの車には、当然韓国ブランドのタイヤが装着されていることがほとんどでしょうから、安かろう悪かろうでは通用しないはずです。ハンコックは韓国のトップメーカーらしいので、装着率も高いだろうし。イエローハットにしても、悪評が立つ可能性のある商品を自社ブランドとして販売するとも思えません。耐久性が気になるところですが、ジオランダーの半額以下で買えるわけですから、5万Kmももてばこちらのほうがお徳です。

そういうわけで、いまはZETRO C4のユーザーとなりました。交換時の総費用は、付け替え・バランス調整の作業代金と古タイヤの処分費用が9,000円ほどかかったので、およそ45,000円でした。

装着直後は接地感の頼りなさにちょっと不安になりましたが、新品タイヤはどれでもそんなものです。1000kmほど走ってタイヤ表面が一皮むけてくると、グリップ感が高まりジオランダーとなんら変わりない感覚です。走行音、高速走行時の振動ともまったく問題なし。静かでソフトな乗り心地です。80kmぐらいでの急なレーンチェンジ、急制動など空いている道でいろいろと試してみましたが、タイヤ鳴きや腰砕け、姿勢の乱れなど皆無で、ハンドルを切ったときの応答性能もジオランダーとなんら変わりありませんでした。

価格の割りに優秀なタイヤだと思います。これならわざわざバカ高い国産タイヤにする理由はありません。ブランドにこだわりの無い人、コストパフォーマンスを重視したい人にはおすすめです。ちなみに、スタッドレスもあり、こちらも格安。

なお、韓国メーカー製とはいえ製造は中国だったりするようですが、べつにどこで作っていても関係ないというのが個人的な感想。ようはその企業の品質管理の問題。このグローバル化時代にそんなこと言ってたら、買物できません。



<追補>
このタイヤで25,000km走行時のレビュー記事を書いています。こちらを参照してください。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| ヤマネタ・ニュース | 18:44 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

てっちゃんさん

わざわざ訂正ありがとうございます。
やっぱり、それぐらいですよね。
それでも15インチタイヤにしてはかなり安いですから、
コストパフォーマンスは相当高いですね。

| ヤマふぉと | 2013/03/07 19:40 | URL |

何度もすみません!値段間違えてました。195の65の15インチで24800円でした。それでも充分以上安いです。気持ちよく走ってくれますので、あらためて走るのが楽しくなりました。では。

| てっちゃん | 2013/03/07 17:28 | URL |

Re: タイトルなし

てっちゃんさん

このタイヤは使ってみないと良し悪しを判断できませんね。憶測だけでダメだしする人が多そうですが、実際につかってみると全然問題ないと感じます。それにしてもゴルフ4で工賃込19,800円って安すぎです。15インチタイヤでしょうから、1本7,000円ぐらいしたと思いますけど、特価セールでもやってたんでしょうか。

| ヤマふぉと | 2013/03/06 22:38 | URL |

ゴルフ4です。ミシュランから履き替えました。意外に良いです。音も静かだし、走りもスムーズで、燃費も若干よくなったようです。なにより4本で工賃込みで19800円!!!文句なしっ!

| てっちゃん | 2013/03/06 21:44 | URL |

Re: タイトルなし

走行さん

実際にこのタイヤを使ってみての感想でしょうか?

少なくとも、僕はこのタイヤで25,000km走行しましたが、
タイヤ溝は見た目にはほとんど減っているようには見えませんし、
グリップ力や走行音もまったく気になったことはありません。
むしろ、標準装着の国産ブランドよりもいいのではないかという
気さえしています。この調子なら、50,000kmは余裕かなと感じます。

人によって装着している車や走り方、走行環境などが異なりますから、
一概にはいえませんが、少なくとも僕のようにエコランを心がけるような
使い方であれば、価格なりのタイヤということはないと思います。

| ヤマふぉと | 2012/12/19 11:47 | URL |

値段なりのところはあると思います。
国産よりかなり早めの交換をするなら検討もありだと思います。
ゴムの劣化やグリップ力は、価格なりなので、総体的に見ると割安なのか?疑問ですね。

| 走行 | 2012/12/19 10:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/245-2199edd2

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV