ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

秋山ウェアのベースレイヤー: ミズノ ドライアクセルEX

ドライアクセルEX長袖ジップネックシャツ
好日山荘の秋山セールで、ミズノ ドライアクセルEX長袖ジップネックシャツを買ってきました。

昨年購入したソフトシェル、モンベルライトシェルアウタージャケットがフリースなどのミドルウェアと相性が悪く、インナーのクリマプラスメッシュと引っかかるため脱着しにくいという欠点を解消するにはどうすればいいのか考えた結果の買物でした。

解決策は2つ。

モンベルライトシェルアウタージャケットをあきらめて、インナーのついていない新しいソフトシェルを購入するというのがA案。

フリースなどの起毛素材をミドルウェアに着るのをやめて、表面の滑らかな別のミドルウェアを購入するというのがB案。

金額的にはどっちも大差ないだろうと思っていたので、とりあえずお店に行っていろいろと見てみることにしました。

秋山セールのためかソフトシェルの品揃えがほとんどなく、あるのはフリースのようなものばかりでした。なので、必然的にB案重視の品探しとなりました。今年の好日山荘はミズノをプッシュしているのか、昨年コロンビアが並んでいた棚がミズノばっかりになっていました。

その中で「POLARTEC・POWER DRYフリースジャケット」なるものを発見。フリース素材ですが表面は滑らかで裏地が起毛素材というもので、なかなかよさげでした。ただ、こんなに保温力があるとかえって熱いのではないか? という疑問が。 

昨年の経験で言うと、登山時はブレスサーモシャツに薄手のフリース1枚で十分でしたし、それでも汗をかいたわけで、それならもっと吸汗速乾性能のあるシャツでいいのではないだろうかと思ったわけです。ファイントラックのいうベースレイヤーに相当するシャツになるわけですが、それなら本家のドラウトウェアジップネックシャツはどうやと見てみたら、けっこういいお値段です。

他のブランドの似たようなコンセプトのシャツを見比べながらミズノの棚に戻ってくると、ドライアクセルEX長袖ジップネックシャツとドライベクター・ライトインナー長袖ジップネックシャツという似たようなシャツがありました。価格も似たようなものですが値引きがあったのでファイントラックよりは安く買えます。ドライアクセルとドライベクター、何がどうちがうのか、シャツについているタグの説明だけではさっぱり。ただ、ドライベクターは「ムレをおさえてからっと快適」なのに対して、ドライアクセルは「瞬間汗処理、肌面ドライ」となっており、ドライアクセルのほうがポジティブに汗処理機能を高めたような雰囲気です。

素材もファイントラックの製品と同じポリエステルベースのものだったので、性能的に大きな違いはないだろうということと、ブレスサーモと合わせてミズノでまとめてみるのも悪くないという理由で、ドライアクセルEX長袖ジップネックシャツを買うことに決めました。定価7140円でしたが、5140円でした。

そうはいっても、もしかしてドライベクターのほうがよかったのになんてことになると悲しいので、家に帰ってネットで調べてみると、どうやらドライアクセルは吸汗速乾性能にドライな肌触りを重視してミズノが新たに開発したドライ素材だったようです。着るたびに、本当はドライベクターよりだめなシャツなんだ、それを買って着ている僕はてんでだめな奴なんだとネクラな山行にならなくてすみました。よかったよかった。ドライアクセルの情報ページも作られているので、気になる人はCheck it now!

ちなみに、当初の目的通りモンベルライトシェルアウタージャケットとの相性もばっちりで、さらりと袖が通りました。

結局、アウターだったソフトシェルがミドルウェアを兼用するという方式になり、ミドルウェアの変わりにベースレイヤーとしてドライアクセルEXが新たに加わったというわけです。裏地つきのソフトシェルを活用するにはいい方法だろうと自画自賛していましたが、考えてみればフリースのような保温層を持つウェアがなくなるので、寒さ対策をどうするかです。

ソフトシェルの上からフリースを着てもいいのですが、それだと風の強いときはあまり意味ないし・・・ 
ソフトシェルの下に薄手のフリースを着ればいいのか。いや、それだと何も変わってないし・・・ 
寒いときはソフトシェルから別の防風性能のあるミドルウェアに着替えるか・・・ってそんなの持ってないし。 
 

まあ、とりあえず使いながら考えるしかなさそうです。



<補足:レビュー>
何度か使ってみたところ、気になった点が二つあります。

まず、フィット感がいまいちなところ。サイズ的には自分のサイズMを購入したので、けっして間違っていないのですが、ぴったりと体にフィットするというよりも、やや余裕があります。吸汗性能を高めるのは体にフィットしていたほうがいいわけですが、ミズノのデザインコンセプトでいうスタンダードフィットのデザインなので、少し余裕のあるデザインになっているようです。こういうものはボディフィットかスリムフィットで作ってもらいたいものですが、このあたりの甘さが登山専門メーカーとの違いなんでしょう。ドライ感は、まあ悪くない感じです。

つぎに、下山後の汗臭さが気になりました。抗菌防臭をうたっている生地ですが、下山後、汗が乾き始めるとけっこう臭いがでてきます。汗をかいて濡れている状態ではそんなことはないのですが、なぜか乾く過程で汗臭くなります。バスや電車を使う場合は着替えたほうが無難です。

後日、マーモットのHybridPP L/S Zipという同じようなコンセプトのシャツを購入しましたが、フィット感、ドライ感、防臭性能ともマーモットが一枚上手です。このてのウェアは多少高くても、やっぱり登山用ブランドを買ったほうがいいですね。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| ウェア類 | 20:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

Ikajyuさん

ドライアクセルの着心地はとくに気になりませんでしたが、物によって違うんでしょうか。
それよりも、選択するとあちこち生地がほつれたようになったのががっかりでした。

| ヤマふぉと | 2014/07/11 05:10 | URL |

私もドライアクセルのTシャツを購入しましたが
着心地がネックなんですね~これがどう出るか・・
そしてマーモットのTシャツも良いというのは同感です。
汗が乾いたあとのべとべと感がありませんでしたので。

| Ikajyu | 2014/07/10 22:57 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/228-2397a5f1

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV