ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

これは便利! 登山用TKストラップ: UNX-5802

登山用TKストラップUNX-5802
「山に登るのは写真を撮るため」というのが、登山の動機の多くを占めているのはすでに書いている通りですが、いまだに悩んでいることがあります。それは、撮影のためのメイン機材である一眼レフをどのように持つかということ。いまのところ、「これは!」という風景に出会ったときにだけ、バックパックから取り出して撮影しているわけですが、このスタイルだととっさのシャッターチャンスには確実に対応できません。

北アルプスの稜線歩きなどしていれば、突然雷鳥にであうこともあるし、数十メートル進むごとに撮りたい風景や動植物に出会うなんてこともあるわけで、そういうことを考えれば、せめて晴天時の稜線歩きでは一眼レフも常に使える状態にしておきたいというのが正直なところです。でも、首からぶら下げて歩くとカメラは前後に揺れてお腹をたたき続けるので、お腹も痛くなるし歩きづらくてとてもじゃないけど長時間の歩行は無理。ならばとたすき掛けにしてみると、片方の肩に重さがかかって具合が良くないのです。それにどうもSMよろしく縄で縛られているような束縛感が快感・・・いや不快感を誘発します。

お腹の部分にカメラ用の小型バッグを取り付けるという方法もありますが、カメラ店で実際にお腹の部分にあてがってみるとどうしても受け入れられないと感じてしまうのです。

そういうわけで、以前カタログで見かけたエツミのチェストハーネスというものはどうだろうかとネットで情報を探していたら、このUNの登山用TKストラップを見つけたというわけです。

<これはチェストハーネス>
チェストハーネス
チェストハーネスのいいところは、カメラをお腹にベルトで固定できるので、どんな体勢になってもカメラがぶらぶらしないということなのですが、カメラの荷重が首にかかることにかわりはなく、またお腹にベルトを巻くというのがちょっと邪魔くさいと感じます。撮影するためには、まずベルトをカメラから外さなければいけないので、2アクションになるのも、シャッターチャンスに強いと言い切れません。

その点、登山用TKストラップを使えばカメラをバックパックのショルダーベルトからぶら下げることになるので、首の荷重は完全になくなります。基本的にはぶら下げているだけなので、あっと思ったらすぐカメラを構えれば撮影できます。

登山用TKストラップ取付例2
ショルダーベルトで荷重が分散されるので、重さもほとんど感じません。登山用ストラップの長さがカメラのストラップよりもかなり短いし、肩から引っ張っていることになるので、普通に歩くレベルではカメラがぶらぶらすることもありません。ただし、ぶら下がっていることにかわりはないので、下を向くような姿勢をとると少し体から離れてしまいます。なので、岩場を登るような場合は、ソフトケースを使うなど岩にぶつけない工夫が必要になります。

登山用TKストラップ取付例1
使用方法ですが、まず登山用ストラップのボタンホック部をバックパックのショルダーベルトに付いているD環に取り付けます。

次に、バックルのついている端部をカメラのストラップに通すというだけです。

ただ、登山用TKストラップのバックルをカメラストラップの紐に通してしまうと、カメラを交換したりするときに面倒なことになります。僕の場合は、もっぱらメインではEOS5Dを使いますが、動き回る動物や望遠が必要な被写体にはEOS40Dを使うことが多いので、状況によってカメラを使い分けます。そうすると、いちいちカメラストラップをばらして登山用ストラップのバックルを取り外さなければいけなくなります。

登山用TKストラップ取付例3
そこで、金属のOリングでカメラストラップに取り付けました。こうすると、Oリングごと取り外せばいいので、カメラのストラップはばらさなくてすみます。100円ショップで売っている小型のカラビナをつかったほうがもっとラクかもしれませんが、金属製のカラビナがカメラ本体に接触すると傷がつきかねないので、現状ではOリングで様子を見ようと思います。

バックパックを下ろしたり、カメラを三脚などに取り付けるときには、登山用TKストラップのバックル部分を取り外せばいいだけです。登山用TKストラップの本体は、そのままバックパックのショルダーベルトに残ります。

登山用TKストラップのいいところは、カメラを構えたときにちょうどストラップがピンと張る様に長さを調整すると、カメラぶれを軽減してくれる効果があることです。歩いているときは息遣いも荒くなるし重い荷物で体も安定しにくいものですが、このストラップのおかげで案外カメラが安定します。

価格は、キタムラネットショップで1,859円でした。購入時は納品まで約2週間となっていましたが、実際には1週間で入荷しました。



しばらく使ってみて、少し困ったことが発生したので、バックル部分を改良しました。
その記事はこちらです。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

| 撮影用具 | 22:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

aruさん こんばんは。

僕のブログが少しはお役にたっている
のなら、書いた甲斐がありました。
今日からあなたもTKストラッパーですね。
TKストラップ、隠れた逸品だと思いますが、
カラーバリエーションがほしいところです。

| ヤマふぉと | 2011/09/30 22:16 | URL |

始めましての書き込みです。
いろいろ参考にさせていただいておりました。

このアイテム、素晴らしいですね!
先日富士山に登ったとき、重たいカメラをネックストラップで下げていたので、下山の頃には首と肩が痛くて・・・。
さっそく購入いたしました。
これで少しは楽になると思います。

| aru | 2011/09/30 21:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/224-7cc5b7a2

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV