ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

山小屋通信簿: 北ノ俣避難小屋

山小屋通信簿は、清潔さや快適さなどの一般的な項目の他に、撮影山行基地としての評価も加えた山小屋の評価です。各評価項目を5段階で審査し、合計点数の平均(端数は四捨五入)が総合評価です。

評価項目
●清潔度:小屋内の部屋や食堂、トイレ、布団など、清潔に保たれているかどうかももちろんですが、小屋周辺の状況やごみの処理なども含みます。
●快適度:小屋内で過ごす時間を快適に過ごせるかどうかです。乾燥室の場所や利用時間、自炊場所の有無と位置、談話室の有無と居心地、本や暖房などの設備をチェックします。
●ホスピタリティ:宿泊や幕営の申込み、売店の対応など従業員の応対をチェックします。
●食事のうまさ:朝食夕食だけでなく、昼食メニューなどボリュームや味をチェックします。ただし、食べたものにもよるのでかなりいい加減です。基本的にあまりグルメではないので、味については甘い評価かもしれません。
●施設充実度:宿泊客以外の登山者が利用できる設備についての項目です。小屋前のテーブル&ベンチ、無料の水場、屋外トイレ、雨をしのげるひさし付きベンチがそろっていると評価5です。1種類を1ポイントとして評価します。
●ロケーション:写真を撮るためのベースとして、立地条件などを評価します。ただし、立地条件は変更しようがないので、3以上の評価とします。

評価基準
5:非常に優れている
4:良い
3:問題ない
2:いま一歩
1:改善が必要



北ノ俣避難小屋

清潔度: 4
快適度: 3
ホスピタリティ: -
施設充実度: 3
食事のうまさ: -
ロケーション: 3
総合評価: 3.25

無人避難小屋なので他の有人小屋と比較するのもどうかと思いましたが、一応宿泊した山小屋なので評価しておきます。

北ノ俣避難小屋外観
北ノ俣避難小屋は、岐阜県神岡町打保から北ノ俣岳へ登る神岡新道の途中、北ノ俣岳と寺地山の中間に位置する無人の避難小屋です。北ノ俣岳西面に広がる草地の下部、登山道から少し下った林の中にあり、とても静かな環境に囲まれています。高床式、三角屋根の小さな小屋で、小屋の前までホースで水が引かれています。水の出はちょろちょろといった感じで、2リットル溜めるのに数分かかります。小屋の裏を下ったあたりに水場があるらしいのですが、確認はしていません。まあ、急ぐわけでもないのでホースの下にクッカーを置いて溜まるのを待つのもいいと思います。ホースの先端を低い位置に持っていけば、ホース内に溜まった水が一気に出てきますが、砂も一緒に出てくるのでおとなしく待ったほうがいいと思います。なお、この水は断水することもあるらしいので、あまりあてにしすぎないほうがいいようです。

北ノ俣避難小屋内部
内部は約10名が宿泊できるぐらいの広さです。板敷きで、ゴミも無くきれいに使われているようでした。もっとも、ピストンで登山をする宿泊者が下山時に回収するつもりでゴミ袋を残して行っており、それはどうかと思います。もちろん、きちんと袋を縛って邪魔にならない隅の柱にぶら下げてあるので、決して小屋内が汚れたり匂いが漂っているというわけではないのですが、たとえ数日後に戻ってくるとはいえ、自分の出したゴミは自分で持っていくべきだと思います。何が入っているのかわからない誰かのゴミ袋が残っているのは、決して気持ちのいいものではありません。

入口を入って正面にあるドアの向こうは小さなテラスになっていて、右手にトイレがあります。備え付けのぺーパーはありません。僕が泊まったときには小屋内に誰かが置いていった使いかけのロールが2つ置いてありましたが、常備はしていないと思います。パッと見はきれいなのですが、便器のふたを開けるとさすがに強烈な臭いとあまりきれいでない状態の便器内部が見えて、ややげんなり。まあ、公衆便所のようなものなので仕方ありません。なお、ここのトイレは自然浸透式らしいので、トイレットペーパーは絶対にトイレに落とさないようにしてください。自分で回収して処理するのがルールです。持ち歩くのが嫌なら、小屋前に焚き火跡があったのでそこで燃やして行けばいいと思いますが、くれぐれも火の始末をきちんとしてください。

小屋の設備としては、玄関前の靴箱、壁掛け時計、ホウキとちりとり、衣服などぶら下げるための針金とハンガー数個、誰かがおいていったらしいアルミ蒸着マットなどがあります。

北ノ俣避難小屋床下
小屋の床下にも非常用の宿泊場所があり、大人2名が宿泊することが可能です。もっとも、コンパネで簡単な床をつくり周りをトタン板で囲っただけの場所なので、室内というよりも半屋外といったほうがいいような状況です。雨の日は入口から水が流れ込むのか、靴を脱ぐ場所に泥が溜まっていたりします。なので、それほど快適な場所とはいえません。僕が止まったときは入口がドロドロであまり気持ちのいい状態ではなかったので、中で無理やりソロ用テントをはって寝ました。長さ2m幅1mのテントなら、ぎりぎり張ることができる広さです。ただし、他の宿泊者がいなければの話ですが。

小さな小屋ですが、トイレがあり水も小屋前まで引いてあるので、あんがい快適です。ただし、神岡新道はぬかるみが多く、決して歩きやすい道ではありません。小屋から上は侵食が進み深くえぐられた登山道となり、滑りやすく崩れやすい状態です。薬師岳や黒部五郎岳が目的なら、お金はかかりますが折立から入ったほうが楽で快適です。

撮影山行のベースとしての利用価値は、ほぼないと思います。




ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 山小屋通信簿 | 21:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/220-d79b8b19

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV