ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

バリエーションルートで挑む最高峰 剣ヶ峰: 伯耆大山 vol 2

2011年8月28日 鳥取県大山町 伯耆大山・剣ヶ峰(標高1729m)日帰り山行


ガスが晴れ始めた南壁
1308m地点で10分ほど休憩をとっているうちに、ガスが徐々に薄くなってきました。ガスが晴れたというよりも全体が上に移動したという感じです。しかし、そのおかげで南壁が少し見えるようになって来ました。

槍ヶ峰方面
どこか上のほうから男性の話し声が聞こえてきましたが、まだガスの中なのか人影らしきものは見えません。

麓までよく見える
下界のほうはすっかりガスが消え、麓のあたりまでよく見えます。

さらにガスが薄くなる
見ているうちにガスはどんどん上空へと逃げて行きます。

槍尾根出現
右手上方にある槍尾根の稜線も姿を現し始めました。人の声はこの方向から聞こえてきます。

下山者発見
よーく目を凝らして探してみると、中央やや下の当たりに2名の登山者が下ってきているのが見えました。これでルートがはっきりしました。南壁下部を右手にトラバースするように上がって行くようです。

雲間に青空
ガスはさらに薄くなって、一瞬ですが青空がちらっと見えました。このまま晴れてくれればいいのですが・・・

さて、休憩を終えて出発し、だいぶ南壁が近づいてきたところで、上から降りてきた男性2名とすれ違いになりました。すれ違うときに、「これから登ると晴れそうですね」といわれたので、「それを期待してます」なんて言葉を交わしたのですが、それに気をとられて実は右折するべきところを直進してしまいました。

上部地図
彼らとすれ違った場所のすぐ上で、登山道の真ん中に緑のテープが巻かれた石が置いてありました。登山時は、ただテープを巻いた石がおいてあるだけで、どうみても直進がルートにしか見えませんでした。本当のルートはここを右折するのですが、右側は草がしっかりとルートに覆いかぶさっていて、かなり注意してみていないとまずわからない状態でした。

緑のテープ
この写真は下山時に撮ったものです。撮影前に、テープを巻いた石の後に他の石を並べたり、右方向への道の入口が見えるように草を少し手折っておいたので迷いそうには見えませんが、下山時に再確認したら、こりゃわからんわと思いました。とにかく、このルートで緑のテープがあったのはここだけなので、登山時南壁下で緑のテープを見たら右折です。


緑のテープ上の斜面
緑のテープから10mぐらい進んだでしょうか。突然ちょっとした斜面に出ました。いままでずっと左手にあった枯れ沢に面した斜面です。このままいくと枯れ沢上部に向かうことになり、男性2名が下りてきていた方向とは異なります。斜面には踏み跡らしきものもかすかにありますが、たった今2名が歩いたとは思えません。おかしいなと思いつつも、この先で右に上がっていくようになっているのかもしれないと思い、斜面に足を踏み入れました。まったく踏み固められていない斜面は、足元がもろく崩れて下手をすると枯れ沢のほうへずり落ちそうです。

なんとか渡りきると、今度はこぶし大の石が積み重なった斜面が右上に続いていました。人が歩いたような気配はまったくありません。とりあえず少し登ってみましたが、こちらもまた足に力を入れればすぐに石がごろごろと転がり落ち、とてもまともに歩けるような場所ではありません。引き返そうかと思いましたが、ずり落ちないようにするのが精一杯で、とても下れたものではありません。下手をすると石と一緒に枯れ沢まで滑り落ちてしまいそうです。右手を見るとなんとかまともに歩けそうな斜面が見えました。とにかくあそこまで行って下ろうと思い、両手両足を使って慎重に石だらけの斜面をトラバースして事なきを得ました。

ルート復帰点下
斜面を下っていくと、なんとうまい具合にしっかりと踏み跡が残っているルートに出ました。この写真はルートに復帰した場所から、道を間違ったであろう場所を撮ったものです。このルートでもっとも迷いやすい場所は、おそらくこの緑のテープのところだと思います。単独で初めて歩く場合は、要注意です。

ルート復帰点
無事に正しいルートに復帰して、槍尾根に向かって草つきの斜面をトラバースして行きます。

夏の名残の花
登山道脇には、まだ夏の名残の花が残っていました。

小砂利の急坂
滑りやすい小砂利のたまった急登が続きます。このあたりになるとほぼ南壁に取り付いているような状況なので、斜度はかなりきつくなってきました。

砂すべりのような斜面
11:54 砂すべりのような砂利のたっぷりたまった急斜面に出ました。ここでこの先のルートがわからなくなりました。ひとまず、この斜面を直登してみることにします。ところが、一歩踏み出すごとに足元の砂利はおろか上から砂利が崩れ落ちてきて、まるであり地獄からの脱出を図っているかのような有様です。数メートル上がってみたものの、とてもこんなところを登れるものではありません。きっとほかにルートがあるはずと、あたりをよーく見回してみると・・・

砂すべり奥のルート入口
ありましたありました。ちょうど右手の草つきの中に黄色のテープが付いていました。しっかりとした踏み跡も見えます。どうやら、砂すべりのような斜面に出た場所から、そのまま斜め上方向に斜面を横切ったところにルートの入口があったようです。

階段状のルート
うまい具合に階段状になっている踏み跡をたどって、砂利の斜面にそって直登が続きます。

イヨフウロ
途中、愛らしいイヨフウロの花が咲いていました。

槍尾根と青空
気がつけば稜線を隠していたガスがきれいになくなって、青空が見えています。

黄色テープに助けられる
途中、ルートがわかりにくい場所もありましたが、黄色のテープに助けられルートを見失うことなく歩くことができました。

標高1546m地点
12:18 標高1546m地点です。あり地獄のようだった砂利の斜面も、気がつけばはるか眼下に見えるようになり、高度感が増してきました。このまま晴れるかと思っていた天気ですが、谷底から再びガスが湧き上がってきました。晴れたりガスったり忙しい天気です。

低木の藪
草つきの斜面を登りつめてくると、今度は低木の茂る藪になりました。木の枝に邪魔されて歩きにくくなってきます。途中崖沿いの半ば崩落しかかったような場所もあり、危険箇所は慎重にクリアして行きました。

稜線下の分岐
12:30 おそらくすぐ上が稜線だろうと思われる場所に来ました。標高は1615mです。藪を抜けて再び草つきの斜面になったのですが、踏み跡が左右に分かれています。左はすぐ上の鞍部に直登するルート、右は少し上から右のほうへトラバースしていくルートです。とりあえず、右のルートへ進んでみることにします。

右ルート稜線合流点
右のルートを20mほど進むと、稜線に出ました。

巻き道と判明
稜線に出たところから登り方面は、すぐ目の前に4mぐらいありそうな岩峰があり、その奥にはもっと巨大な岩峰がそびえています。この岩峰を越えていくような踏み跡は見当たりません。反対に稜線下り方面へは稜線を下っていく踏み跡がついています。ちなみに下っていけばキリン峠です。つまり、この道はキリン峠から登ってきたルートが、岩峰をエスケープするための巻き道だったのです。ということは、槍ヶ峰を経由して剣ヶ峰にいたるルートは、先ほどの分岐を左に行けばいいというわけです。

左ルートの鞍部から先の状況
先ほどの分岐までもどって、左のルートを見えていた鞍部まで登ってみると、巨大な岩峰の下の急斜面をトラバースして行く踏み跡が続いていました。

岩だな状のトラバース
かなりの急傾斜をトラバースする道ですが、ちょうど岩棚のようなところがルートになっているので、それほど危険な感じはありません。

槍ヶ峰南峰下
見上げればほぼ垂直に切り立った岩峰がそびえています。道は、この岩峰の左肩に向かっているようです。

槍ヶ峰南峰肩から振り返る
岩峰の肩から振り返った写真です。赤線がたどってきた巻道です。

槍ヶ峰南峰
この岩峰は、槍ヶ峰の南峰です。キリン峠などから見上げたときに見える尖鋒がこの南峰です。直接ピークに上がれるのかどうかわかりませんが、見たところそれとわかるような踏み跡はついていないようです。

槍ヶ峰北峰への稜線
南峰を越えてから先は、それほど傾斜のきつくない稜線が槍ヶ峰北峰へと続いています。

槍ヶ峰下の痩せ尾根
途中痩せた尾根の部分もありますが、このあたりはまだ落ちてもすぐ下で引っかかりそうな雰囲気なので、それほど恐ろしい感じはありません。

槍ヶ峰頂上
12:50 ようやく槍ヶ峰に到着です。ピークはそれほど広くないものの、座って昼食をとれるぐらいのスペースはありました。ところが、なぜかやたらハエが多いのです。この崩れかけたようなケルンの石にもたくさんハエがたかっていました。なぜここにだけハエが多いのかわかりませんが、もしかしたら多くの登山者がここで昼食などとったときに、こぼしたり落としたりした食べ物かすのようなものがあるのかもしれません。あまりにも不快なので、おにぎりをひとつ食べただけで早々に立ち去ることにしました。

ガス巻く南峰
出発直前に、ガスが切れて南峰が姿を現しました。こうしてみるとまるで槍ヶ岳のようです。

天狗ヶ峰への稜線
反対側を見ると、これから進むべき痩せ尾根のルートが天狗ヶ峰まで続いているのが見えました。槍ヶ峰から先は、いよいよ本格的な稜線の道になります。しかも左右が切れ落ちたザレた痩せ尾根です。すくなからず緊張感で身が引き締まるのを感じました。


つづく。




ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 2011年8月 大山三の沢 | 17:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/216-61f83efd

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV