ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

防水デジカメ: パナソニックDMC-FT1

FT1
先月の黒部五郎岳の山行で、防水デジカメの必要性を痛感したので、家に帰ってからいろいろと調べてみました。

防水デジカメは、各社からいろいろなモデルが出ています。パナソニック、ソニー、ペンタックス、カシオ、富士フイルム、オリンパスなどのメジャーブランドはもちろん、GEやケンコーなどのマイナーブランドからも格安モデルが出ているようです。

ただ、防水ならなんでもいいというわけではなく、自分としてはやはりある程度の機能・性能があるモデルでないと購入する気にはなりません。もちろん、価格は安いにこしたことはないのですが。

一番重要なのは防水機能です。基本は雨対策なので防水でなくて防滴でもいいのですが、どうせなら渓流などで水中写真も撮ってみたいので、やはり防水機能が必要です。ただし、ダイビングをするわけではないので、水深2m程度まで対応していればOKです。

画素数については、山行記録や日常のメモ代わりということなので1000万画素程度あれば十分です。実際、今使っているパナソニックのTZ3だってずいぶん前のモデルで700万画素程度ですが、使い勝手も性能もぜんぜん不満が無い状態です。

他には、HD動画が撮れること、レンズの広角側が28mm以下で4倍以上のズーム、光学式手ぶれ補正(電子式ではなくてレンズやCCDによる手ぶれ補正)、撮影可能枚数200枚以上(多いほどいい)などが譲れないところです。

価格的には、当然安いほどいいです。

これらの条件を考慮しつつ検討した結果、現行品なら富士フィルムのXP30が最有力候補になりました。ただ、ネットで検索してみると、購入直後の初使用で水没して壊れたとか、画質がよくないなどのクチコミもみつかって評価はいまいち。公式の撮影可能枚数も約200枚となっていたので、実質は200枚も撮れないと思われます。

そんなとき、買物で訪れたビックカメラ岡山駅前店の3階にあるソフマップに立ち寄ると、中古カメラのショーケースの中にパナソニックのFT1が1台おいてありました。FT1は、FTシリーズの初号機です。実は、価格以外の条件においては、パナソニックのFT3が一番いいと思っていた機種でした。GPSとか気圧センサーとか方位計など不必要な機能がてんこ盛りで価格が高いということで、候補から外れていたのです。そのFTシリーズですから、これはいいかもと思いましたが、詳しいスペックを知らないのでいったん自宅に戻りました。

ネットでFT1を調べてみると、画素数は現行機種のFT3と同じ1200万画素で、撮影可能枚数は340枚とFT3の310枚よりも優秀です。しかも、カメラのスペックや仕様はほぼ同じです。ユーザーのクチコミも概ね満足しているという内容のものが多く、評価は高いようです。価格はネットで調べた相場の価格よりも安い! 今度行ったときにまだ売れずに残っているのなら、運命の出会いかもしれません。

後日再びお店を訪れてみると、ありましたありました。店員さんに品物を見せてもらうと、外装に小傷ありとなっていましたが、目に付くような傷はなく、目を皿のようにして細かくみないとわからない程度のわずかな傷がいくつかあった程度でした。外箱はもちろんあるし付属品も欠品は1つだけ。欠品だったのはバッテリーケースですが、これは電池をカメラに入れてしまえば必要の無いものなので問題なし。

数千円の違いで他社の新品が買えるということに若干迷いもありましたが、ユーザーの評価が高いモデルだし中古品は出会いが大切と購入して帰りました。トランセンドの8GB(クラス10)のSDHCカードとあわせても相場の本体価格よりも安くすんだので、お財布にもやさしい買物になりました。





使ってみた印象ですが、撮影したのが薄日のさす曇りという天気だったためか、やや青かぶりが強い感じです。比較のため、TZ3と一眼レフEOS5Dでもほぼ同じ設定で撮り比べてみましたが、あきらからにFT1が一番青かぶりしてます。TZ3も青っぽいのですが、FT1よりもまだましです。EOS5Dは逆にやや黄色っぽい感じになりました。

<FT1で撮影>
FT1作例


<TZ3で撮影>
TZ3作例


<EOS5Dで撮影>
5D作例



まあ、FT1だけレンズの前にレンズ保護用のガラスがあるので、若干青みがかるのはしょうがないのかもしれません。オートホワイトバランスではなくて、マニュアルで「曇り」設定して比較してみると、ほぼ見た目どおりの色合いになったので、基本的にホワイトバランスはマニュアル設定してやったほうがいいようです。

<FT1オートホワイトバランスで撮影>
FT1AWB作例


<FT1ホワイトバランス曇りで撮影>
FT1曇りWB作例




購入してみてこれはいいと思った機能が、光学EZズーム。これは、記録画素数を少なく設定すると光学ズームの倍率が高くなるというもの。例えば、記録画素数を300万画素に設定すると、1200万画素CCDの真ん中部分を300万画素分だけ使って撮影することになるので、より小さい300万画素のCCDで撮影しているのと同じ結果になるということです。

CCDの大きさが小さくなると、撮影画角が狭くなるので、より望遠のレンズで撮影しているのと同じ結果になります。しかも、これは光学的現象なので記録画像のサイズは小さくなるものの、画質劣化が起こらないというメリットがあります。ちなみに、光学EZズームは最大9.1倍のズームと同じ結果が得られますから、28~254.8mmの望遠ズームのカメラということになります。ブログに掲載している写真は、縦構図のときでも約28万画素ですから、300万画素でも必要にして十分な大きさです。望遠が必要なときに画素数設定を小さくしなければいけないというのがやや面倒ですが、実際には200mm以上の望遠を使うことはあまり無いので、それほど使いにくいということはないと思われます。

とりあえず、これで暴風雨の山行でも写真を残せるようになったので、ブログでも文字ばっかりのレポにならなくて済みそうです。


インプレッション記事はこちらをご覧ください。




ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 撮影用具 | 17:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: こんばんは

しょももさん

> これは良い買い物だったのでは。
> パナソニックは評価高いですからね(^_^)

そうなんですよね。パナソニックはわりと評価が
高くて、実際悪く無かったです。

先日伯耆大山で使ってみたのですが、思ったよりも
画質も良くて、防水性能もばっちりでした。
防水デジカメ買うなら、パナがおすすめです。

| ヤマふぉと | 2011/09/01 23:50 | URL |

こんばんは

これは良い買い物だったのでは。
パナソニックは評価高いですからね(^_^)

私も3年ほど前までオリンパスの防水機を使ってましたが、
あまりの画質の悪さに手放しました。
その後も何回か購入を検討しましたが、、
私の場合はほとんどが1泊か日帰りで、山行中に雨ばかりと
いうのが少ないのでなんとか思いとどまっています。

| しょもも | 2011/09/01 22:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/213-bb2aa19f

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV