ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

山小屋通信簿: 黒部五郎小舎

山小屋通信簿は、清潔さや快適さなどの一般的な項目の他に、ヤマふぉと派の観点から撮影山行基地としての評価も加えた山小屋の評価です。各評価項目を5段階で審査し、合計点数の平均(端数は四捨五入)が総合評価です。

評価項目
●清潔度:小屋内の部屋や食堂、トイレ、布団など、清潔に保たれているかどうかももちろんですが、小屋周辺の状況やごみの処理なども含みます。
●快適度:小屋内で過ごす時間を快適に過ごせるかどうかです。乾燥室の場所や利用時間、自炊場所の有無と位置、談話室の有無と居心地、本や暖房などの設備をチェックします。
●ホスピタリティ:宿泊や幕営の申込み、売店の対応など従業員の応対をチェックします。
●食事のうまさ:朝食夕食だけでなく、昼食メニューなどボリュームや味をチェックします。ただし、食べたものにもよるのでかなりいい加減です。基本的にあまりグルメではないので、味については甘い評価かもしれません。
●施設充実度:宿泊客以外の登山者が利用できる設備についての項目です。小屋前のテーブル&ベンチ、無料の水場、屋外トイレ、雨をしのげるひさし付きベンチがそろっていると評価5です。1種類を1ポイントとして評価します。
●ロケーション:写真を撮るためのベースとして、立地条件などを評価します。ただし、立地条件は変更しようがないので、3以上の評価とします。

評価基準
5:非常に優れている
4:良い
3:問題ない
2:いま一歩
1:改善が必要





黒部五郎小舎1

●黒部五郎小舎
清潔度:5
快適度:4
ホスピタリティ:4
施設充実度:4
食事のうまさ:-
ロケーション:3
総合評価:4.0


黒部五郎小舎2

黒部五郎小舎は、三俣蓮華岳と黒部五郎岳の間の鞍部にあります。小屋の周辺は平坦な草地になっていて、夏になるとコバイケイソウのお花畑になります。小屋前にベンチとテーブルが3セットあり、缶ビールなどを冷やしておく水槽があり、水はその水槽に引いてきている水を利用できます。庇のあるベンチなどはないので、雨天に濡れずに休憩したい場合は小屋の中に入るしかありません。

外部トイレは小屋の裏側にあります。ちょうど三俣蓮華岳への登り口前から小屋の裏へ入っていくと左手に入口が見えます。男女共用だったように記憶しています。ペーパーが常備してあったかどうかは確認していません。テント泊者と縦走登山者はこちらの外トイレを使用することになります。

小屋内部は広い玄関ホールにストーブが設置してあり、ストーブを囲んで休憩することができます。トイレは玄関を入って左手奥にあり、男女共用です。個室のほうは入ってすぐの左側に1箇所だけ洋式便器の個室があり、和式が苦手な人には助かります。

玄関にストックを入れる鉄のカゴ(たぶんもとはクズカゴ)がありますが、名札をつけておかないと間違われてしまいそうです。登山靴は玄関奥の下駄箱(棚)におくようになっています。荷物を部屋に持ち込むのが禁止なので、部屋の前の廊下や階段周りの棚に置くことになります。荷物が重いと下駄箱前の廊下においておくのもいいのですが、これがちょっと面倒です。

雨具は下駄箱の裏にある小部屋につるすようになっていて、ここはストーブなどはありません。なので、人が多いと一晩ぶら下げていても生乾きのような状態のままになってしまいます。

乾燥室は廊下の奥にあって、ストーブで乾かします。靴、バックパック、雨具の持込は禁止です。寝袋やマットの類もおそらく禁止だと思います。

乾燥室の隣には更衣室も設置されていましたが、中は見ていないので状況はわかりません。

自炊場所は談話室の隣、雨具干しの小部屋の奥にあります。テーブルとベンチが1セットあり、流しもあります。荷物を置いておくロッカーのような棚もあって、狭いながらも使い勝手は悪くありませんが、同時に自炊できるのはせいぜい3人が限度でしょう。週末など混んでいるときは、用意ができたらとなりの談話室で食べたほうがいいと思います。

談話室は4畳半ほどの畳敷きの部屋です。2004年9月に宿泊したときは談話室にストーブがあり乾燥室代わりになっていましたが、今回はストーブはありませんでした。

食堂はちらっとみただけなので、状況はよくわかりません。また、素泊まりしかしていないので、食事については評価なしです。

部屋はどれも畳の部屋みたいです。きれいにされていますが、布団をきっちり敷き詰めるので、混んでいるときは出入り口に近いところになるとゆっくりできなさそうな雰囲気です。

ロケーション的には、黒部五郎岳のカールまで1時間強、ピークまでだと約3時間を必要とするので、あまりいいロケーションとはいえません。南北に開けた鞍部なので朝日・夕日は見られませんし、槍や穂高などが望めるわけでもありません。ただ、ここから黒部源流へ下りることができる(一般登山道はありません)ので、渓流の写真を撮りたい場合には最適です。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

| 山小屋通信簿 | 01:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/207-70a48ac1

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV