ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

ホタルが見ごろ

最近どこにも出かけていないので、3日の夕方からホタルの撮影に行きました。ヒメボタルの撮影はしたことがあるのですが、メジャーなゲンジボタル・ヘイケボタルはまだ撮っていないこともあり、近場の岡山市北区足守に行くことにしました。

雑誌などに紹介されているホタル見物場所に行ってみると、車の往来のある道路沿いで、しかも川の対岸には渡れないということでした。三脚を立てて写真を撮るのは無理と判断し、少し上流に移動してよさそうな場所を探しました。さいわいまだ明るいうちにいい感じの場所が見つかったので、準備をして待っていると、20時ごろからホタルが飛び始めました。

足守のホタル_コンポジット_5D
これはEOS 5Dで撮影したものです。撮影は、バルブではなくコンポジット用にマニュアルvモードで撮影しました。基本的に星の撮影と同じですが、星と違って途中でストップしても問題ないので、ホタルが休憩しているときはいったんとめたりしながら21時まで撮影しました。

当初、5Dでは焦点距離37mm(タムロン28-75mmF2.8)、ISO800、F2.8、シャッター速度10秒、連写モードで撮影していましたが、200mほど離れたところを通る車道を走る車のヘッドライトの光がわりとよく届くので、影響をできるだけ減らすためにシャッター速度を6秒程度に短縮することにしました。ISO1600に上げ、シャッター速度を6秒に変更して撮影を続けました。なお、この設定は-1補正に相当する設定です。


足守のホタル_コンポジット_40D
こちらはEOS 40Dで撮影したものです。40Dは、焦点距離24mm(EF24mmF2.8)、ISO800、F2.8、シャッター速度8秒、連写モードで撮影を開始しましたが、途中で5D同様にISOを1600にあげました。ただ、外光の影響を受けにくいアングルだったので、シャッター速度はそのままで撮影を継続しました。

5Dで115枚、40Dで160枚撮影し、フリーソフトLightenCompositeで合成しました。5Dのほうも40Dのほうも、どちらも6分で合成完了しました。5Dのほうがファイル1枚あたりの容量が少し大きいので、枚数が少ない割りに時間がかかったようです。ちなみに、PCはPen4 2.8GHz、メモリ1.5GBの旧式XPマシンです。

参考までに、ファイル1枚に写っているホタルは、こんなものです。
ファイル1枚の作例
100枚以上合成するとたくさん飛んでいる写真になるわけです。




ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

| 写真ネタ・ニュース | 03:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: こんばんは

しょももさん

実際にちらほら飛んでいる様子も風情があっていいのですが、
写真にするとなるとやっぱり数がないと・・・ですね。
長時間露光はノイズの問題や光の問題でけっこう
大変ですが、コンポジットはだめカットははずせばいい
だけなので助かります。デジタルならではの技法ですね。

| ヤマふぉと | 2011/06/08 17:17 | URL |

こんばんは

お~、ホタルもコンポジットで賑やかにですね。
自分もいい場所探してやってみようかなぁ。

| しょもも | 2011/06/07 23:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/178-63d20fd2

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV