FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

展望岩と謎の石積遺跡のある道: 熊山弓削ルートその2 

2021年6月9日(水) 赤磐市 熊山(509m) 日帰り単独行 


IMG_8656_202106132300051dc.jpg
双子岩への分岐からさらに奥へ進んでいくと、木々の中にコンクリートを流したような場所がありました。地面がすべて一枚の岩でできていて、かなりの広さです。何の表示もなかったのですが、おそらくここが千畳岩だろうと思われます。


IMG_8657_20210613230006900.jpg
奥の方にケルンが積んであり、その先にトレースが続いていました。登山口の案内図では千畳岩の先に何かがあるような記載はありませんが、トレースがあるということは何かがあるということでしょうから、行ってみることにしました。


IMG_8658_20210613230008f71.jpg
11:18 2分ほど下っていくと、展望のよさそうな岩がありました。


IMG_8659_202106132300090ce.jpg
立木に「天空の岩」と書かれていました。


IMG_8660_2021061323001186c.jpg
確かに天空に突き出たような岩ですが、それなら龍神山の岩場や双子岩のほうがそれっぽいように思えます。もう一段下の岩にも行けそうでしたが、それほど楽に行ける感じではなかったし、展望も先の岩よりも尾根に邪魔されていまいちだったので、長居をせずに先に進むことにしました。


IMG_8661.jpg
11:26 千畳岩の奥からトレースに戻ると、上に行く道とさらに奥へ行く道に分かれていました。上に行く道は元の弓削ルートに戻る道でしょうが、奥へ行く道は何でしょうか。地形図には尾根の途中で行き止まりになっている道の記号が記載されています。ということは、やっぱり展望岩か何かがあるのかもしれません。とりあえず、奥へ進んでみることにしました。ちなみに、カメラの調子が悪かったのか、下の方がおかしな色になっています。前にも1度こういうことがありましたが、もしかしたら寿命が近いのかもしれません。


IMG_8662_202106132300145f0.jpg
奥へ進んでいくと、すぐにまた平べったい展望のいい巨岩がありましたが、大きさは千畳岩の1/4程度でした。


IMG_8663_2021061323001553a.jpg
展望のいい巨岩を過ぎると、トレースが急に怪しい雰囲気になってきました。全くわからないほどではありませんが、かなり不明瞭になってきました。


IMG_8664.jpg
倒木があったりして、あまり人が歩いていない雰囲気が濃厚です。それでも、まだトレースはわかるので、倒木を避けて奥へ進みました。


IMG_8665_20210613230018049.jpg
途中、何か良くわかりませんが、三角点の石柱のようなものがありました。しかし、地形図にはこんなところに三角点の記号はありません。市区町村の境界でもないし、何だったんでしょうか。


IMG_8666_20210613230231538.jpg
トレースはやや藪っぽくなってきましたが、青テープがあったので一応通る人がいるみたいです。


IMG_8667.jpg
11:34 再び何かの石柱があり、その先は急に傾斜のきつい下りになりました。しかも、トレースは極めて不明瞭です。



map20210609_kumayama_yuge2.jpg
GPSで確認してみると、地形図の道の記号の末端までまだ50mほど下るようですが、こんな不明瞭なトレースを50mも下って何もなかったら徒労感が半端なさそうだし、もしかしたら単なる登山ルートかもしれません。時間的にそろそろ山頂を目指さないといけない時間ですし、これ以上行くのはやめることにしました。



ここで一息。ぽちっと押したら、引き続きブログ「ヤマふぉと」をお楽しみ下さい。




IMG_8668_202106132302340f6.jpg
千畳岩の分岐まで戻り、上に登るルートを辿ります。


IMG_8669_202106132302354ec.jpg
しばらく登っていくと、ロープが張ってあり、その奥にやたら岩が積み重なった場所が見えました。見た感じ、自然に岩が積み重なったという感じではなく、崩れてはいるものの人為的に積まれたもののように見えます。道は、この石積をぐるりと回り込むように続いていて、ロープも同様に道に沿って貼られていました。


IMG_8670_2021061323023719b.jpg
石積の左側を巻いて上に出たところで、道の下に文字の彫られた石柱が見えました。南山崖石積遺跡と彫られているようです。どうやら、これが登山口のパンフレットに書いてある通称C3の石積遺跡のようです。下の方はまだ石積の雰囲気が残っていますが、上半分は完全に崩落していて、ぱっと見遺跡のようには見えませんが、崩落する前は山頂にある熊山遺跡のような状態だったのかもしれません。


IMG_8672_2021061323023832d.jpg
11:49 石積遺跡から5分ほどで、鉄塔の下に出ました。巡視路ではなくりっぱな林道が通っていて、この先はしばらく楽に歩けそうです。


IMG_8673.jpg
よく整備された林道を北に向かいます。


IMG_8674_202106132302411fc.jpg
11:56 弓削ルートとの出合です。途中で寄り道をしなければ、左からここに出てきたというわけです。


IMG_8675.jpg
雰囲気的に林道をそのまま進んでしまいそうですが、弓削ルートは林道を斜めに横切って右手方向に進みます。


IMG_8676_20210613230244140.jpg
林道から入ってすぐの所に、八合目の表示がありました。ここで八合目なら、山頂はもうすぐです。


IMG_8677.jpg
林道から弓削ルートを進んでいくと、分岐がありました。地形図に載っている少し先で行き止まりの分岐だと思われます。もっとも、実際にはどこかに通じている可能性はあります。


IMG_8678.jpg
分岐の所に判読不能の道標がありましたが、何の役にも立ちもません。


IMG_8679.jpg
分岐から2分も行くと、またまた林道に出合いました。地形図によると、先ほどの林道がぐるりと北側を回ってここへ通じているようです。このまま林道を右へ行けばいいのかと思ったのですが、地形図をよく見るとどうやら熊山展望台の南側をぐるりと回って再び北の方へ進んでいます。そういえば、以前南側の坂根ルートで登ってきたときに、展望台のすぐ下で林道を横切ったことを思い出しました。だとしたら、林道を経由すると遠回りです。


IMG_8680_20210613230416b5c.jpg
林道の手前を右に入るトレースがあり、こちらにも判読不能の道標が置いてありましたが、方角的に南南東方向に行くことになるので、このルートはあり得ません。


IMG_8681.jpg
では、どこへ行けばいいのかと思ってもう一度周囲をよく見てみると、林道の向こう側に「弓削コース9合目」と書かれた道標がぶら下がっていました。林道を横切ってそのまま直進すればいいみたいです。しかし、どうせなら、「山頂」とか「展望台」とか行く先を書いておいてほしいものです。それに、そもそも弓削ルートじゃないんかい? どっちでもいいけど、名称は統一すべきでしょう。


IMG_8682_2021061323041967f.jpg
ぬかるみがちな登山道を登り切ったところで、3度目の林道に出ました。これは熊山神社から展望台方面に行く林道であるとすぐにわかりました。左が熊山神社、右が展望台なので、右に進みます。ただし、そういうことを書いた道標は設置されていません。


IMG_8683_202106132304216e8.jpg
右に曲がってすぐの所に、熊山天然杉がありました。


IMG_8684_20210613230422df2.jpg
幹周4.5mの杉の巨木が2本並んでいます。


IMG_8685_202106132304247a6.jpg
熊山遺跡の前を通過し、展望台に向かいます。


IMG_8686_20210613230425763.jpg
12:20 さすがに平日とあって、人はそれほどいません。お昼時ですが、ベンチもたくさん空いていました。それでも、5組ほどの登山者が入れ代わり立ち代わりだったので、人気の山だけあって平日でも人出が絶えることはないようです。


IMG_8687_20210613230621166.jpg
展望台に登ってみると、こちらも人影なしです。


IMG_8688.jpg
少しもやっていますが、瀬戸内海や小豆島まで見えていました。四国の山並みは残念ながら目視不可でした。


IMG_8689_20210613230624a72.jpg
木陰になっているベンチでランチタイムです。


IMG_8690.jpg
おろしポン酢ソースのハンバーガーと博多明太マヨネーズパンというカロリーの高そうな組み合わせですが、ドリンクはカロリーゼロのペプシコーラを持ってきました。保冷剤と一緒に保冷バッグに入れて持ってきたのですが、保冷剤が小さすぎたようで、冷え冷えとはいきませんでした。それでも、胸につけていたスポーツドリンクよりも冷えていて、それなりに美味しくいただきました。


IMG_8691_20210613230627b2a.jpg
12:53 下山開始です。


IMG_8693_20210613230628548.jpg
熊山天然杉の先で、登ってきた弓削ルートへ入ります。


IMG_8694_20210613230630886.jpg
弓削ルートという道標はなく、万富駅方面としか書かれていません。


IMG_8695.jpg
13:04 石積遺跡C3上の鉄塔からの林道出合を直進し、弓削ルートで下山します。


IMG_8696_202106132306333ce.jpg
道標には、やっぱり弓削コースと書かれていました。ルートかコースかどっちやねん!


IMG_8697_20210613230634519.jpg
ちょっとした上り坂を上がり切ったところに、電柱が立っていて妙な雰囲気です。ここは十字路になっていて、まっすぐが弓削ルート右(北)が経盛山、左(南)が崩落した石積遺跡C3上の鉄塔のところへ出る巡視路のようです。


IMG_8698_20210613230905647.jpg
経盛山の頂上にも石積遺跡があるようなので、行ってみることにしました。


IMG_8699_2021061323090612e.jpg
ところが、これが結構な上り坂で、やっぱやめとけばよかったと思ったものの、せっかくなので山頂を踏んで帰ることにします。


IMG_8703_202106132309093a7.jpg
登り切ったところの木に小さな山名板がぶら下がっていましたが、展望はありません。


IMG_8704.jpg
山名板の向かいに何やら石が固まっている場所が・・・ これが石積遺跡? どう見ても、登山道の整備で邪魔になった石を捨てた場所としか見えません。写真もまたおかしなことになってるし、どういうことなんでしょうか。


IMG_8700.jpg
ちなみに、山頂のすぐ先は、高圧線の鉄塔が立っていました。う~ん、来なきゃよかった・・・


IMG_8706.jpg
ということで、弓削ルートに戻って、ガンガン下りました。このルートは、結構水が流れていたりして、足元があまり良くない場所が多かったのですが、こんなからからに乾いたような山でもちゃんと水を蓄えていることに、ちょっと驚きました。


IMG_8709_20210613230914952.jpg
13:30 双子岩への分岐点を通過。


IMG_8712.jpg
13:59 尾根道を離れて、南斜面の道を下ります。


IMG_8713_20210613230917f97.jpg
14:07 登山口に戻りました。里山歩きなのでせいぜい3時間ぐらいと考えていたのですが、登りで道草をくったおかげで、結局4時間半も費やしてしまいました。まあ、いいトレーニングになったと思っておきます。

map20210609_kumayama_yuge.jpg


ブログ「ヤマふぉと」のランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング








関連記事
スポンサーサイト



| 2021年5月 熊山弓削ルート | 23:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV