FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

誰も知らない岬への道: 大平山その2 

2021年5月30日(日) 瀬戸内市邑久町虫明 大平山(261.3m) 日帰り単独行 


IMG_8555_20210601221051f5b.jpg
11:31 140.2三角点があるピークですが、周りに樹木があって展望はありません。三角点もどこに設置されているのかわかりませんでした。おそらく、木々の中に埋もれているのでしょう。


IMG_8556_2021060122105290d.jpg
140.2三角点を過ぎると、あとは岬に向かって下っていくだけです。


IMG_8557_20210601221054e80.jpg
道は急に傾斜を増して、海に向かってダイブしていくような雰囲気になってきました。


IMG_8558_202106012210557e5.jpg
海を見ながらの快適な尾根道を下ります。涼しい風が吹いてくるので、日差しが照り付けていても暑くなく、汗もかかずに快適でした。


IMG_8560_20210601221057f8a.jpg
左手(東)に見えるのは鴻島で、半島と鴻島の間の狭い海にもカキいかだがたくさん浮かんでいました。


IMG_8561_20210601221058eb2.jpg
木のトンネルのようになっているところが、おそらく岬の先端のはずです。



ここで一息。ぽちっと押したら、引き続きブログ「ヤマふぉと」をお楽しみ下さい。




IMG_8562_2021060122110018c.jpg
11:45 道が行き止まりになり、ちょっとした広場になっていました。ここが岬の先端で、この道の果てということになります。道の果てる場所というのは、いつ来てもよくわからない達成感とともに、そこはかとない郷愁を感じる不思議な場所です。ことに、岬の先端というのは、林道の終点などと違って地形的にも物理的にも道を作れないので、もうこの先もずっとここから先に道が伸びることがないわけです。まるで人生の終点のようでもあり、どこかもの悲しさも漂わせていて、不思議な魅力があります。


IMG_8563_20210601221101851.jpg
南側の斜面は樹木が伐採されていて、ある程度の展望が確保されていました。伐採された樹木の切り口は比較的新しかったので、どうやら最近整備されたようです。できることなら、左手奥の樹木も伐採しておいてくれればもっと展望が開けて、気持ちのいい場所になっていたと思うのですが、それが残念でした。


IMG_8570.jpg
海の上にたくさん並んだカキいかだには、ぽつぽつと船が停泊していて、なにやら作業をしているようです。カキのシーズンは終わっていますが、次のシーズンに向けてなにかとやることがあるのでしょう。


IMG_8568_202106012214043cb.jpg
ちょうどランチタイムということで、木陰にシートを広げて、ハイキング気分でランチ休憩です。


IMG_8564_20210601221103c66.jpg
今日もいつものようにパンとカフェオレです。もう一つ、カレーパンもあります。


IMG_8565_20210601221104d83.jpg
見上げると木漏れ日が降り注ぎ、白い雲が青空を緩やかに流れていきました。当然ながら、こんな場所には誰も来ません。誰も知らない秘密の岬に来たみたいで、緊急事態宣言下にでかけるのにぴったりです。とはいえ、オフロードバイクのタイヤ痕がいくつか見られたので、運が悪ければバイクに遭遇してしまうかもしれません。幸い、この日はバイクはおろか誰の姿も見ることはありませんでした。


IMG_8566.jpg
スッキリとした青い空と青い海を見ていると、気持ちまで爽快になってきます。


IMG_8571.jpg
12:16 30分ほどゆっくりランチタイムを楽しんだところで、下山開始です。下山といっても、標高60mまで降りてきているので、逆にこれから登り返すことになります。駐車場所が標高170m地点なので、110mの標高差を登り返すわけです。普通の山なら30分というところですが、ここはダラダラとした緩やかな道が長く続くので、1時間はかかりそうです。


IMG_8572_20210601221409be1.jpg
来るときには気が付かなかったのですが、岬先端近くの東側に、ぽこんと突き出した小さな半島がありました。小さな砂浜もあり、もう少し便利なところなら、この半島部分を購入して、住みたいところです。とはいえ、海辺は潮風でべたつきがちなので、やっぱり山の方がいいかなと思います。


IMG_8573_202106012214108a1.jpg
傾斜のきつい道を登っていきます。左奥に見えているのが大平山です。261mの山頂から岬の先端まで200m下ってきたわけで、登山に来たのにこんなに下ったのは初めてのことです。


IMG_8574.jpg
途中には、かなり荒れて道がえぐれてしまっているところもあり、4輪で来るのはまず無理だと思われます。オフロードバイクであっても、荒れた道に慣れていないと苦労しそうです。


IMG_8575_202106012214135c3.jpg
12:39 尾根上の分岐まで戻ってきました。約25分かかっているので、駐車場所までまだ30分ぐらいかかりそうです。


IMG_8578.jpg
コンクリート舗装のある所まで戻ってくると、先ほどまでいた岬の先端が良く見えました。


IMG_8579_20210601221416543.jpg
こうしてみると、けっこうな距離があります。物好きな人間でないと、あんなところまでわざわざ歩いて行こうという気にはならないでしょう。もっとも、そもそも道があるということ自体知っている人は少ないのでしょうけど。


IMG_8580_20210601221736a1e.jpg
12:56 林道の分岐です。大平山から下ってくるときは、ほとんど汗をかかなかったのに、さすがに登り返しでは汗をかいてしまいました。


IMG_8581.jpg
13:10 大平山から下ってきて、林道に出てきたところです。ここからは駐車場所まで林道を下っていくだけです。おそらくほぼ木立の中の道なので、日陰になって暑さもひと段落するはずです。


IMG_8582_20210601221739a16.jpg
13:21 駐車場所に戻ってきました。予想通り岬の先端から1時間強かかりました。最後の10分は涼しい木陰の林道を歩いてきましたが、バックパックを背負っていた背中はそれなりに汗で濡れていました。岬から登ってくるときにかいた汗が乾ききらなかったようです。うかつにも着替えを持ってこなかったので、このまま車を運転して帰らないといけません。


この日は、出発から帰着まで、誰にも会わない山行(実質はハイキング)でした。大した標高差はありませんでしたが、結構な距離を歩くことができ、3週間ぶりのなまった体には、きつ過ぎず緩すぎないいいトレーニングになったようです。


緊急事態宣言が延長されてしまったので、もうしばらくは県外への登山は控えようと思いますが、今回のように県内で人に会わないマイナーな場所を探して、登山は継続しようと思います。

map20210530_oohirayama.jpg


ブログ「ヤマふぉと」のランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング








関連記事
スポンサーサイト



| 2021年5月 大平山 | 22:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV