FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

ホンダ PCX125で節約できたガソリン代はいくら?

2021年1月16日に納車となったPCX125ですが、2月半ばから5回仕事の足として利用しました。今日3月17日で、ガソリンを満タンにして平均燃費もリセットしたので、この1か月間仕事で使った結果、はたしてどれぐらい経費削減に貢献できたのか計算してみました。

P1050118.jpg
PCX125の場合
仕事で走った総距離 105㎞
平均燃費 48.2㎞/リットル
消費ガソリン 2.18リットル
ガソリン単価 142円
ガソリン代 309円

N-Boxだった場合
平均燃費 15㎞/リットル
消費ガソリン 7リットル
ガソリン代 994円

節約額 994-309=685円



ここで一息。ぽちっと押したら、引き続きブログ「ヤマふぉと」をお楽しみ下さい。




N-Boxの場合、週末に登山に出掛けたりすると長距離を走るため燃費が良くなり、だいたい18~19㎞/リットルあたりで落ち着くのですが、仕事で市街地だけを走るような場合は、14~15㎞/リットルぐらいになるので、15㎞/リットルとして計算しました。


約1か月で685円というこの金額が多いのか少ないのかなんともいえませんが、これから暖かくなると、バイクで出かけられる機会も増えると思うので、月に10回出かけるとすれば、1か月あたり1370円。12月までの9か月で12,330円の節約となるわけです。先月分の685円を加えると、年間約13,000円の節約ができるわけです。また、PCX125を使うことで月に200㎞ぐらい走行距離を削減できるのであれば、年間で2万㎞ぐらいは走らなくて済むことになります。エンジンやタイヤの消耗がその分少なくなるので、その点でも節約効果はあるといえます。とはいえ、その分のコストを年間1万円と仮定したとしても、購入費用293,000円+5年分自賠責保険14,380円+任意保険約8000円=315,380円を償却するためには13年と8か月ほどかかることになります。この間にオイル交換やら自賠責保険の更新やらあるわけで、少なくとも15年ぐらい乗り続けないとPCX125を購入した分の元が取れるとはいえないわけで、経済性だけでいえばN-Boxだけ使っているほうがましといえそうです。


ただし、PCX125を購入したのは、万一車が壊れたときの代替交通手段を確保するというのが第一の理由なので、経済性だけでどうこういうことはできません。言ってみれば、万が一の場合の保険のようなものです。代替交通手段が確保でき、なおかついくらかでも節約できるのであれば、掛け捨ての保険ではなく、配当がある保険のようなもので、それはそれで購入した価値はあるといえます。使用頻度をもう少し増やせば、さらに節約額も増えるでしょうから、これからどんどん使っていくことにします。

ブログ「ヤマふぉと」のランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング








関連記事
スポンサーサイト



| ホンダPCX125 | 16:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV