FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

PowerShot S110の代替でPowerShot SX230 HSを購入

昨年の夏ごろ、キヤノンのコンデジ PowerShot S110がご臨終となりました。レンズが収納できなくなって、撮影ができなくなったわけですが、カメラ本体の撮影に関する部分は問題ないので、気持ちとしては修理して使いたいところです。2019年5月末日をもって修理期間が終了しているので、いまさら修理もできません。仮に修理できたとしても、すでにS110よりも高性能のPowerShot G7XmarkⅡを持っているので、わざわざS110を修理してまで使う必要はありません。しかし、電池が予備電池を含めて3つあり、これをそのまま無駄にするのももったいないという気もします。


仕事で使っているキヤノンPowerShot A3200というコンデジも、かれこれ8年が経過してレンズの出し入れ時に引っかかることがしょっちゅうあり、手で押してやらないと出し入れできなくなって来たので、遠からず逝ってしまいそうです。なので、仕事用のカメラが1台ほしいところですが、最近ほとんど使っていないパナソニックのFT-1があるので、こちらを使うことにすれば問題なしです。しかし、G7XmarkⅡの予備がなくなってしまうので、やはりもう1台手元にあると安心です。


余談ですが、S110とその前の機種のS100は、同様のエラーが頻発していたようで、おそらく設計ミスだと思われます。そのせいか、2018年にキヤノンに修理依頼を出しても部品欠品で修理不能という返答がきて、PowerShot SX720 HSとの交換で了承して欲しいと言われた人もいるようです。モデルとしてはS110よりも格下のモデルですが、数年使って壊れたS110よりも年式が新しく新品の光学40倍ズームのモデルに無償交換してもらえるのならそのほうがお得かもしれません。僕のS110ももう数ヶ月早く壊れていたなら、ただでSX720 HSがもらえていたかも知れず、ほんと故障するタイミングが悪すぎました。



ここで一息。ぽちっと押したら、引き続きブログ「ヤマふぉと」をお楽しみ下さい。




IMG_5848_20200621135847039.jpg
ということで、あまり画質にこだわらず、S110の電池NB-5Lが使える機種ということで探してみると、すでに現行機種でNB-5Lを使う機種はありません。PowerShot SX230 HSというモデルが比較的よさそうだったので、中古品を探して購入しました。あまり使用感の無いもので、付属品もそろって箱付きのもので4000円でした。


もちろんS110の中古もあり、7000円ぐらいで入手できましたが、S110のレンズ収納の故障は設計ミスに起因するということなら同じ故障が発生する可能性が高いと思われるので、買うだけ無駄のように思えてやめました。


他には、IXY DIGITAL 3000ISとIXY DIGITAL 920 ISがよさそうでしたが、3000ISのほうは焦点距離の広角側が35mm相当なので、風景撮影には不向きだし、920ISのほうは動画の最大記録解像度が640×480ピクセル/30fpsとかなりお粗末な仕様なので、SX230の一択となったわけです。


IMG_5849_20200621140153f9b.jpg

IMG_5851_20200621135850fec.jpg
とはいえ、SX230も2011年春モデルなので、現行機種と比べれば性能的にはこれといって優れているわけではありません。撮像素子は有効約1,210万画素の1/2.3型裏面照射型CMOSセンサー。レンズは光学14倍ズーム。液晶モニターはアスペクト比16:9の3型46.1万ドット、焦点距離28-392mm相当(35mm判換算)の光学14倍ズーム。開放F値はF3.1-5.9、重さ約223gという仕様です。目玉機能としてGPS機能がついていて、写真に位置情報を添付できるとか、GPSのロガー機能をつかってログ情報を取得できるというのがありますが、GPSはガーミンのeTrexを使っているのでなくても困らないし、写真にいちいち位置情報を入れなくても撮影時間からGPSログを確認すれば撮影位置はすぐにわかるので僕には不要です。


むしろ、光学14倍ズームのほうが使えそうです。山で400mm相当にもなる望遠を使う機会などほとんどありませんが、気軽に使えるコンデジにこの焦点距離があるのなら、たとえば野鳥の撮影だったり、少し離れたところにある山野草の撮影には重宝しそうです。デジタルズームを併用すればなんと1568mm相当にもなりますが、さすがにそこまでいくと画質はかなり荒れそうなので、せいぜい600mmぐらいが実用的なところかもしれません。現行機種なら光学40倍ズームのモデルもあるので、本当に高倍率ズームがほしいのなら現行機種を購入するほうが現実的ですが、僕のようにあれば便利かなという程度なら14倍ズームぐらいでも十分です。

ということで、G7XmarkⅡと併用しながらSX230を使っていこうと思います。


ブログ「ヤマふぉと」のランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












関連記事
スポンサーサイト



| 撮影用具 | 14:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV