FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

山小屋通信簿: 穂高岳山荘

山小屋通信簿は、清潔さや快適さなどの一般的な項目の他に、ヤマふぉと派の観点から撮影山行基地としての評価も加えた山小屋の評価です。各評価項目を5段階で審査し、合計点数の平均(端数は四捨五入)が総合評価です。

評価項目
●清潔度:小屋内の部屋や食堂、トイレ、布団など、清潔に保たれているかどうかももちろんですが、小屋周辺の状況やごみの処理なども含みます。
●快適度:小屋内で過ごす時間を快適に過ごせるかどうかです。乾燥室の場所や利用時間、自炊場所の有無と位置、談話室の有無と居心地、本や暖房などの設備をチェックします。
●ホスピタリティ:宿泊や幕営の申込み、売店の対応など従業員の応対をチェックします。
●食事のうまさ:朝食夕食だけでなく、昼食メニューなどボリュームや味をチェックします。ただし、食べたものにもよるのでかなりいい加減です。基本的にあまりグルメではないので、味については甘い評価かもしれません。
●施設充実度:宿泊客以外の登山者が利用できる設備についての項目です。小屋前のテーブル&ベンチ、無料の水場、屋外トイレ、雨をしのげるひさし付きベンチがそろっていると評価5です。1種類ないと4、2種類ないと3、3種類ないと2、まったく無いのは1です。
●ロケーション:写真を撮るためのベースとして、立地条件などを評価します。ただし、立地条件は変更しようがないので、3以上の評価とします。

評価基準
5:非常に優れている
4:良い
3:問題ない
2:いま一歩
1:改善が必要


●穂高岳山荘
清潔度:5
快適度:4
ホスピタリティ:5
食事のうまさ:5
施設充実度:3
ロケーション:5
総合評価:4.5


IMG_2761_2020060608213596f.jpg
穂高岳山荘は、奥穂高岳と涸沢岳の間のコルにある山小屋です。利用したのは2017年5月1日でした。GW時期なので、小屋開け直後でした。なので、小屋の周辺は完全に雪に埋もれていて無雪期の状況はよくわかりませんが、2001年9月に槍穂高連峰を縦走したときに立ち寄ったことがあるので、おぼろげな記憶に基づいて施設充実度も評価しておきました。


入口前には涸沢カールに面して石畳の広いテラスがあり、テーブルとベンチが数セット設置されています。展望は最高です。東向きになるので、常念岳の向こうから昇る朝日はもちろん、右手に前穂高岳、左手に北穂高岳などを望むことができます。屋根つきのベンチなどはないので、雨の日に休憩するには小屋に入らざるを得ませんが、夏でも雨の日は寒いので小屋に入って熱いコーヒーでも飲むに限ります。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




小屋の中に入ると、石畳の土間が広がり、左手に食堂スペース、右手にラウンジがあります。GW時には、雪の廊下のような状態のアプローチを下り玄関前に着くと、クランポンを外して入るようにと書かれた張り紙がありました。悪天候で強風で雪が舞い上がる状態で凍りついたクランポンをグローブのまま外すのに手間取り、すぐに小屋に入るのだからと素手で外したのですが、凍傷になるかと思いました。ところが、僕の後から到着した香港から来たグループは当然ながらこの張り紙が読めず、クランポンのまま小屋に入ってきました。受付のお姉さんはクランポンのまま入ってきたことを注意することも無く応対していましたが、バカ正直に凍傷になりそうな状況でクランポンを外した自分が愚かしく感じてしまいました。


IMG_7529.jpg
1階は宿泊部屋はたしかなかったように記憶しています。玄関ロビー横のラウンジはストーブとテレビが設置されていて、セルフサービスのコーヒーや紅茶のサービスもありました。ここから東の展望があるので、寒いときのご来光は室内から見ることもできそうです。


IMG_7530.jpg
ラウンジの反対側(西側)には談話室があります。こちらはラウンジと違って締め切ることができる部屋になっていて、ストーブもあるので暖かく、暇つぶしにお茶を飲みつつ本を読んだりすることができます。こちらは西側の展望があるので、笠ヶ岳に沈む夕日を見ることができます。


IMG_7527.jpg
奥には乾燥室やトイレがあります。やや記憶が不確かですが、トイレは男女兼用だったと思います。


IMG_7528.jpg
個室のほうは簡易水洗の洋式になっています。GW時には洗面所は使用できなくなっていて、ポリタンクの水が用意されていたような気がします。ちなみに、立ち寄り者用に有料の外トイレがあるようですが、GW時は雪の下だったらしく未確認です。


IMG_7526.jpg
2階は中央に廊下があり、左右に宿泊部屋が並んでいます。廊下に荷物置き場の棚がありますが、廊下の幅が広いのですれ違いも十分できる余裕があります。


稜線上の小屋ということで、無料の水場はありません。宿泊者には無料で水を分けてもらえましたが、容量制限があったかどうかはよく覚えていません。たしか、2リットルのプラティパスをいっぱいにしてもらったような気がしますが、1リットルだったかもしれません。宿泊以外の立ち寄り者には、受付横で1リットル200円で販売していると、ホームページには書いてあります。


IMG_7525_202006060821370e9.jpg
食堂は2階の廊下の突き当りから直接出入りすることができるので、いちいちロビーで靴を履き替える必要はありません。このときは宿泊者は10名ぐらいしかいなかったのでこの場所だけで済んでいますが、混雑時は土間の食堂スペースも利用するのかもしれません。


食事については、3年前のことでほとんど記憶はありませんが、不味かったという記憶は無いので味はよかったのだと思います。この写真は、おそらく朝食のときのものです。


施設充実度については、小屋前のテーブル&ベンチ、屋外トイレがあるということで、評価3です。無料の水場と庇つきベンチはありませんが、絶景が広がる石畳のテラスがあるだけで、評価5にしてもいいと思えるほどです。


快適度が4になっているのは、談話室の書籍類がけっこう少なかったことによります。これはたまたまタイミング的なものなだったのかどうかわかりませんが、空白の本棚が多くもう少し種類を増やして欲しいところです。


ロケーション的には、槍穂高連峰の縦走路上にあるのでかなり便利でいい場所です。奥穂高岳、前穂高岳、涸沢岳、北穂高岳へ日帰りが可能ですが、小屋前から朝日も夕日も見られるし、あまり脚を伸ばさなくてもどこにでも撮影ポイントがあるといってもいい最高のロケーションです。


総合的に見て、トップクラスの快適な山小屋だといってもいいと思います。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












関連記事
スポンサーサイト



| 山小屋通信簿 | 08:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV