FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

会計ソフトと税務署Web 確定申告の還付金に2万円以上の差

今年の提出期限はまだ1ヶ月先ですが、3月中に事業報告書を建築士事務所協会に提出しなければいけないため、例年通りのスケジュールで提出してきました。


岡山西税務署管轄の提出場所は本日まで岡山駅前のママカリフォーラムですが、最終日とはいえさすがにガラガラに空いていました。コロナウィルスのためなのか、提出期限まで1ヶ月あるからなのか知りませんが、以前は提出だけでも列に並んで待っていたのに、今年は列さえない状態で、会場に入ったらそのまま受付カウンターに行って、書類を出してチェックを受けたら終了でした。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




ところで、確定申告書は例年税務署のWebで作っていたのですが、今年は青色申告書を作成している弥生のソフトに付属している確定申告書作成モジュールを使って作ってみました。青色申告書のデータがそのまま反映されるので、入力項目が少なくて済むので楽でした。しかし、念のため税務署のWebでも作ってみたところ、なんと還付金が2万円以上も違っているではありませんか! 税務署のWebで作ったほうが還付金が多いのです。二つを見比べて違っていたのは源泉徴収税額でした。会計ソフトのほうでは、収入のほうで源泉徴収された金額だけが源泉徴収額になっていて、配当金のほうで源泉徴収された金額が反映されていませんでした。


株式の配当金の入力欄で、税務署Webでは配当金と源泉徴収されている所得税と住民税の金額を入力したのに対して、会計ソフトのほうでは税込み配当金額しか入力項目がなく、その違いなのでしょう。税額は決まっているので、てっきり自動で計算されるのかと思っていましたが、どうやらそうではないみたいです。会計ソフトのバグなのかどうかわかりませんが、いちいち調べるのも面倒なので、結局例年通り税務署Webで作成した書類を提出しました。やはり、還付金がからんでくる確定申告書は税務署Webで作ったほうが安心ということのようです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












関連記事
スポンサーサイト



| 時事ネタ・ニュース | 16:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV