FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

パウダースノーと青い空: 石鎚山その1 

2020年2月9日(日) 愛媛県西条市 石鎚山(標高1982m) 日帰り単独行 


今シーズン最強の寒波が5日から6日にかけて来たおかげで雪不足だった四国の山にも積雪があったようで、久しぶりに石鎚山に登ってきました。


冬の石鎚山はどうしてもロープウェイ利用になってしまうので、登山開始時間が制限されるうえに、スキー客などと一緒になるのでロープウェイの待ち時間もあって最近は敬遠していました。石鎚山登山自体は、2017年10月以来ですが、積雪期となると2014年2月以来なので、なんと6年ぶりでした。


装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤ: ノースフェイス L/S ハイブリッドパラマウントメッシュクルー
 ベースレイヤ: マムート パフォーマンスサーマルジップ L/S
 ミドルレイヤ: なし
 ソフトシェル: マムート フレックスライトインシュレーションフーディ
 ハードシェル: マムート マサオジャケット
 インサレーション: ノースフェイス レッドポイントライトジャケット
 グローブ: スマートウール メリノ150グローブ
       ショーワ テムレス02ウィンター
 キャップ/ハット: マムート トゥウイークビーニー
 バラクラバ: マムート バラクラバアークティックウィンドストッパー

●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: バーグハウス メリノウール200タイツ
 ミドルレイヤ: なし
 ハードシェル: マムート クルーズHSサーモパンツ
 インサレーション: なし
 ソックス: クロスプロ シルク5本指インナーソックス
       アイスブレイカー メリノウールミディアムクルー
 シューズ: シリオ 712GTX

●ギア
 バックパック: マムート トリオンプロ35+7L
 ストック: なし
 アックス: ブラックダイヤモンド ベノムアッズ ウィズ リーシュ



FLEXLIGHT-Insulation-hd-m-s.jpg
今回の山行では、昨年3月に購入して以来、タウンユースで1度着ただけのマムート フレックスライトインシュレーションフーディを試してみました。タウンユースで十分な暖かさがあることを認識していたので、結構な寒さでないと暑過ぎて大汗をかくだろうということは十分予測でき、なかなか使用する機会がありませんでした。今シーズン最強の寒波が来た直後のタイミングということでちょうどいい機会でしたが、やっぱりそこそこ汗をかいてしまいました。


2016年の年末に南アルプスの鳳凰山に登ったときに、同じようなコンセプトのマーモット アイソザムフーディーでそれほど汗をかくこともなく行動できたので、今回もそんな感じだろうと思っていました。とはいえ、アイソザムフーディーよりも保温性能がよさそうだったので、インナーはマムート パフォーマンスサーマルジップ L/Sだけにしておいたのですが、それでも登りでは汗をかいてしまいました。ちなみに、鳳凰山ではマイナス5度でメリノウールEXPシャツ+薄手フリースを着ていました。


IMG_5188_2020021514145114b.jpg
マムート フレックスライトインシュレーションフーディを試してみた感想は、中綿入りジャケットの割には暑くなりすぎるというわけではなく、汗のかき方もウィンドストッパーのソフトシェルジャケットと大差ない感じでした。つまり、中綿入りジャケットとしては通気性や透湿性が優れているということなのでしょう。それに、風が吹いた場合の耐風性も十分なものがあり、厳冬期の冬山で気温が低いときは使えそうだなと思います。また、それほど寒くないときならダウンジャケットの代わりにもなりそうですが、ダウンジャケットほどコンパクトにならないのが残念なところです。それに、中にシャツ1枚しか着ないでいいのなら、サイズ的にユーロM(アジアL)では少し大きいので、ユーロSにしておけばよかったと思いました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




自宅を5時過ぎに出発し、石鎚山ロープウェイ前の駐車場(1日700円)に8時前に到着しました。駐車場にはすでにたくさんの車が停まっていて、ロープウェイ乗り場で待たされそうな雰囲気です。


IMG_5108_202002122115598af.jpg
8:10 準備を終えて出発します。ロープウェイ乗り場までの階段と上り坂がなにげに疲れました。


ロープウェイは通常8時40分が始発ですが、スキー場が営業中の場合は8時ごろから動いているので、すでに始発は出ていました。その後は20分間隔となります。乗り場に着いたときは、すでに建物の外まで列ができていました。8時20分発の便を待つ人が改札を待つ列なのか、切符を購入する人の列なのかよくわからないので、いったん中に入って確認してみましたが、どうやら切符を買う人の列らしいので、再び外に出て列に並びなおしました。ここで列ができていたら、基本的には切符購入の列だと思ったほうがいいようです。切符を購入した人はすぐに改札前に行くので、外にまで列が出ることはないみたいです。


IMG_5110.jpg
8:48 満員のロープウェイを下りて、すぐに出発します。先週後半からの寒波で四国にも積雪はあったようです。


IMG_5111_202002122116028d2.jpg
しかし、積雪量は決してこの時期としては多くなく、せいぜい10センチぐらいといった感じです。ただ、雪質はサラサラのパウダー状態でした。


IMG_5112_202002122116034f0.jpg
ちなみに、気温はマイナス7度とけっこう冷えていました。この気温ならマムート フレックスライトインシュレーションフーディを着ていても汗だくなることはなさそうです。


IMG_5114_202002122116052b7.jpg
9:12 成就に着きました。まずは、左手にある白石旅館で登山届けを提出します。


IMG_5115_20200212211607b46.jpg
以前は中に入ったところに登山届が置いてありましたが、外に出されたようです。届けを出した後、縁台を借りてクランポンとアックスを装着しました。二の鎖まではチェーンスパイクでもいいかなと思いましたが、パウダースノー状態では爪の短いチェーンスパイクではせい動力が得られないだろうし、どうせ最後に付け替えるのならはじめからつけておけばいいだろうということで、必要なさそうなアックスもストック代わりにするつもりで装着しておきました。


IMG_5116_202002122116086e8.jpg
準備が整ったところで、出発します。


IMG_5117_20200212211609716.jpg
登山道脇の木々は霧氷で白くなっていましたが、積雪量は予想外に少なく、登山道の石や木の根などが見えない程度に雪が覆っているという程度でした。おかげで、爪の長い10本爪クランポンでは歩きにくくて困りました。やっぱりチェーンスパイクにしておくべきでした。山では横着をしようとするとろくなことはありません。


IMG_5118_2020021221161149d.jpg
9:40 遥拝所の鳥居を通過します。天気はガスが出ていて展望はありませんが、今日はお昼前から晴れるという天気予報を信じて来たので、この時点ではガスっていても気にしません。


IMG_5119_202002122116121ae.jpg
9:45 最低鞍部の八丁まで下りてきました。ここから登りが始まります。


IMG_5121_20200212211751952.jpg
階段はまだ見えていましたが、中途半端に雪が積もっていてつぼ足だとスリップしやすそうでした。その点ではクランポンを装着していてよかったと思いますが、爪の引っかかりに注意しないといけないので、良し悪しです。


途中で暑くなって汗をかき始めたので、標高1470m地点で休憩をとりました。気温が低いといっても、やはり登りでは暑くなります。登り始めたときは、中綿ジャケットなのにあまり暑くならないので、このまま行けるかもと期待しました、さすがに無理でした。インナーをもっと薄手のシャツにしておけばよかったのかもしれません。次回フレックスライトインシュレーションフーディを使うときは、インナーを春秋用のシャツにしてみようと思います。


IMG_5122.jpg
10:34 ためしの鎖下まで来ました。右上にためしの鎖が見えています。石鎚山のは何度も来ていますが、そういえば鎖場は二の鎖を一度のぼったことがあるだけです。すべての鎖場を通しで通過してみたいと思いつつ、ここ数年は肘や肩が痛いという状態が続いていたのでとても鎖場を登る気にはなれませんでした。今は右肘が痛いのですが、そろそろ痛みも軽くなって来たので、今年あたり挑戦できればと思います。


IMG_5123.jpg
とりあえず、今回は当然ながら巻道を行きます。


IMG_5124_20200212211756ac9.jpg
10:36 前社が森に着きました。雪が少なかったおかげで、八丁から1時間弱でした。小腹が空いてしまったので、ここで休憩をとりました。


IMG_5125_20200212211757b9f.jpg
11:03 前社が森で10分弱の休憩をとった後、夜明峠まで一気に登ってきました。晴れていれば、正面に石鎚山がどっしりと構えているのが見えますが、あいかわらずのガスで何も見えません。


IMG_5127.jpg
11:26 一の鎖のかかる小ピークを越えて二の鎖が見えるところまで来ました、やっぱりガスは晴れません。


IMG_5128_20200212211800920.jpg
11:30 二の鎖下の鳥居です。雪が多ければ半分ほど埋まった状態になりますが、今年は土台の石がまだ見えている状態です。


IMG_5129.jpg
11:31 鳥居をくぐり、階段を上ると二の鎖避難小屋です。無雪期には公衆トイレとして使われる避難小屋ですが、奥側にあるトイレは使用不可でした。手前側の避難小屋は開放されていて、中にトイレがあるのか、室内はどういう状況なのか確認したかったのですが、くわえタバコのバカが2名ほど出入りしていたので中の様子は未確認です。


不特定多数の人が休憩する場所で喫煙するだけでなく、くわえタバコで避難小屋に入るようなモラルもデリカシーもないこの連中はロープウェイで一緒だったのですが、腰に金物類をぶら下げていたので天狗岳の岩壁でも登るのかと思っていました。しかし、こんな時間にこんなところでうろうろしているところを見ると、少なくともこの日は登るつもりはなさそうです。しかし、宿泊用の装備とは思えない大きさのバックパックだったので泊まりで明日朝から登るつもりとも思えなかったし、見てくれだけの似非クライマーだったのかもしれません。冬の天狗岳の岩壁を登攀するのならかなりの体力が必要だと思いますが、まともなクライマーならタバコでわざわざ心肺能力を劣化させるような愚行はしないでしょうから。


IMG_5130.jpg
前社が森で行動食を食べたばかりですが、またまた小腹が空いて来たので、昼食用にもって来たカレーパンをここで食べました。くわえタバコのバカの煙をかぎたくないので、小屋の一番端の風上になるところでさっさと食べました。


IMG_5131.jpg
そうこうしているうちに、ガスで真っ白だった空に青空が一瞬ですが見えました。天気予報がずばり的中したようです。この様子なら、これから山頂に向けて登っていくうちにガスが取れて晴れてきそうです。降雪直後の真っ白な天狗岳を想像して、期待に胸が高鳴ります。

つづく。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










関連記事
スポンサーサイト



| 2020年2月 石鎚山 | 21:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV