FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

岡山市内で一番の標高差439mを誇る低山: 本宮高倉山その2 

さすがに年末だけあって、ばたついています。しかし、なんとかレポも書き上げたし、山行の準備もほぼ整いました。で、あとは天候しだいですが、31日の山では20mを越える強風が吹き荒れる予報になっていて、天気は晴れ予報が出ていたりしますが、あまり登山日和とはいえない雰囲気です。しかも、今シーズンは南アルプスの営業小屋がいくつか休業していて、他の営業小屋が混雑しそうな予感がするので、年末年始の小屋泊まりは避けたほうがよさそうです。


ということで、31日に出かけて、1日は日帰りで足慣らし、2日に別の山で小屋泊し、3日に下山というシンプルな山旅にする予定です。南アルプスの天気はいいみたいなので、できることなら塩見岳にもう一度挑戦してみたいところですが、まずは腰を直してからです。


それでは、本宮高倉山のレポの続きです。





2019年12月24日(火) 岡山県岡山市北区 本宮高倉山(標高499m) 日帰り単独行 


IMG_4802_20191230011951f62.jpg
413ピークにいることがわかったので、左へ行けば本宮高倉山南尾根につながるはずです。左へ歩き出すと、すぐに小さな赤テープも見つかりましたが、あいかわらずトレースは判然としません。


IMG_4803_201912300119527b1.jpg
そのまままっすぐ進んでいくと、急にトレースがなくなったような雰囲気になりました。立ち止まって周囲を確認してみると、右側にテープが見つかり、どうやらいったん右に曲がって、すぐに斜め左方向に行くようです。しかし、その後は直進した場合のルートをすぐ左手に見ながら進み、結局同じ場所で合流することになりました。なんのために右にそれたのかわかりません。


IMG_4804_20191230011953ac5.jpg
12:26 植林帯のある場所まで来ると、正面の木に道標が設置されていて、「高倉神社→」と書かれていました。


map20191224honmiyatakakurayama2.jpg
ここでようやく地形図にも掲載されている登山道に合流したわけです。右が高倉神社ということは下山ルートになるので、本宮高倉山は左へ行けばいいわけです。


IMG_4805_20191230011955fb2.jpg
12:32 通信施設らしい大きなアンテナのある建物の横に出てきました。本宮高倉山の南側にある電波塔の記号が描かれているピークです。ここからは実線の道が山頂まで描かれているので、舗装路歩きになると思われます。


IMG_4806_2019123001195692c.jpg
本宮高倉山の山頂も目の前に見えました。


IMG_4807_20191230011958b91.jpg
電波塔の周囲を回って行くと、北へ下るアスファルト道に出ました。これを下ります。


IMG_4808_2019123001195938d.jpg
下っていくと、右側に大きなたくさんのソーラーパネルが設置されていました。遥か下のほうにも同じようなソーラーパネルが見えています。しかし、そろそろソーラー発電の電力買取制度も終わるそうだし、こういう巨大な発電施設はどうするんでしょうか。


IMG_4809_201912300120012d9.jpg
下りきったところで、別のアスファルト道に合流しました。これが山頂まで続いている車道なので、まっすぐ登って行きます。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_4810_201912300120029f9.jpg
12:46 最後はアスファルト道で興ざめでしたが、ようやく山頂に着きました。出発してから2時間15分かかりました。2時間もかからないと思っていたのですが、アップダウンのある尾根道で距離が長かったためか少し時間がかかりました。


IMG_4811_20191230012004e1e.jpg
山頂に着く前あたりからなんとなくもよおしてきていたので、まずは公衆トイレに向かいました。こういう場所のトイレなので期待はしていなかったのですが、思いのほかきれいで広々とした個室を備えたトイレでした。紙も備え付けられていたので、すっきりと用を足すことができました。ただし、手洗い用の水道はないので、薬キットに入れている消毒用アルコールスプレーで手を洗いました。


IMG_4812_20191230012321720.jpg
本宮高倉山の山頂はとても広く、北半分は駐車場になっているので、展望のある南側に向かいます。平日ということで、さすがに誰もいません。途中には大きな藤棚があり、花の季節は藤の花が咲くようです。


IMG_4813_20191230012322fb0.jpg
藤棚を過ぎるとパラグライダーの離陸場があり、展望が開けます。


IMG_4814_20191230012323dff.jpg
岡山市街地が正面に見えるのですが、この日はもやっていていまいちでした。


IMG_4815_20191230012325450.jpg
西側には、旭川をはさんで岡山市の最高峰 金山(かなやま)がどっしりとそびえています。


IMG_4816_20191230012326252.jpg
北からの風が少し冷たかったので、一段降りてパラグライダー離陸場の端にあった岩をベンチ代わりにしてランチタイムです。


IMG_4818_20191230012328b26.jpg
ランチといっても、今日は手抜きです。朝食用に買ったパンが大きすぎて半分しか食べられなかったので、その残りをランチ用に持ってきました。半額だったので、すごく得した気分です。


IMG_4820_2019123001232947e.jpg
13:12 14時過ぎには下山したいので、そろそろ出発することにします。


IMG_4821_201912300123310f8.jpg
駐車場の隅にこんな案内板がありましたが、遺跡と思えるようなものを見た記憶がありません。いったいどこにどんな祭祀遺跡があったのでしょうか。


IMG_4822_2019123001233297a.jpg
来た道を戻り、南側のピークにある電波塔まで戻ってきました。右奥から南尾根コースに入ります。


IMG_4823_20191230012334925.jpg
道標も何もない獣道のような南尾根コースの入口です。


IMG_4824_201912300124555a5.jpg
知らない人は、まさかこれが登山道だとは思わないでしょうね。


IMG_4825.jpg
登って来たときに見た「高倉神社→」の道標まで戻ってきました。来るときは右から来ましたが、下山は直進して高倉神社経由で下ります。


IMG_4827_201912300124587ca.jpg
高倉神社へ下る道は、植林帯の尾根をまっすぐ下っていきます。


IMG_4828_2019123001250097d.jpg
林道に出ました。地形図だと林道と直行してまっすぐ道がついているように描かれていますが、直進方向に道は見当たりません。林道に下りていくと、ちょうど右から単独の男性が歩いていきました。今日はじめてあった登山者ですが、わりと普通の格好をしていて、登山というよりハイキングに来たという雰囲気でした。この林道を歩いて来たということは、南尾根コースから林道にでたところで、そのまま林道を歩いて来たのでしょう。道を聞かれたので、このまま林道を進んでも、僕が下りて来た道を行ってもどちらでも行けると教えると、南尾根コースのほうへ進んでいきました。あとで、トレースがわかりにくいと一言言っておいた方がよかったなと思いましたが、まあなんとかなるでしょう。


IMG_4829_20191230012501b7e.jpg
林道まで下りて道を探すと、左側に分岐があり、右下へ下る道があったので、おそらくこれだろうということで右へ進みました。


IMG_4830_2019123001250377b.jpg
入っていくときに、右手の倒れかけた笹の枝に小さな赤テープがあったので、どうやら間違いないようです。


IMG_4831_201912300125047ce.jpg
林道を下っていくと、再び別の林道に合流しました。ここは五叉路になっていました。方角的に直進か右斜め方向の林道のどちらかですが、道標も何もないので決めかねてしまいました。


IMG_4832_2019123001250627d.jpg
しかし、登山道ということを考えれば林道ではないだろうし、直進の道の入口にある木にやたらピンクのテープが巻きつけられていたので、こっちだろうなということで直進することにしました。


IMG_4833_201912300125082a2.jpg
進んでいくと、今度は二又の分岐がありました。直進するとなだらかに登りになるみたいですが、右は緩やかに下ります。右の入口にはピンクのテープがこれ見よがしにつけられているので、右が正解だと思われます。念のためGPSで確認すると、高倉神社のすぐ北側にあるピークの手前にいることがわかりました。右でも左でもどちらでも行けるのですが、直進は送電線の巡視路らしく、小ピークをぐるっと回ってから高倉神社に下るので遠回りです。やはり、右が正解でした。


IMG_4834_20191230012509c0a.jpg
分岐から右に下っていくと、立派な登山道になりました。もうトレースが不明瞭ということはありません。


IMG_4836_20191230012812357.jpg
13:47 高倉神社の裏に出てきました。


IMG_4837_20191230012813009.jpg
木造の立派な本殿を見ると、なかなか格式の高い神社のようです。


IMG_4838_20191230012815156.jpg
ただし、正面の建物は最近のもので、格式云々という雰囲気ではありません。


IMG_4839.jpg
立派な狛犬の間を通り抜けて、山門をくぐって下ります。


IMG_4840_2019123001281845a.jpg
山門の下を右に折れると車道と合流し、あとはアスファルト道を延々と下るのみです。


IMG_4841_20191230012819e20.jpg
14:23 登山口まで戻ってきました。塗装工事の車両はまだいたので、工事は終わっていないようです。


IMG_4842_20191230012821bc5.jpg
14:24 登山口まで下りてきました。時間が押しているので、けっこう早足で下りてきましたが、それでも予定を30分も過ぎています。

IMG_4843.jpg
14:26 大急ぎで車まで戻ってきました。3時間の予定が4時間もかかってしまい、すっかり余裕がなくなってしまいました。すぐに靴を脱ぎ、荷物を車に積み込んで、出発しました。なんとか15時前に家に着き、上だけ着替えて出発し、ぎりぎり16時に現場に着くことができました。やはり、後ろに仕事の予定など入れるものではありませんね。ていうか、朝のんびりしすぎました。


とにもかくにも、年末の山行前に4時間の山歩きができたことはよかったです。これなら、コンディションがいい状態で厳冬期のアルプスに登れそうです。あとは、天気がよくなることを祈るのみです。

map20191224honmiyatakakurayama.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング











関連記事
スポンサーサイト



| 2019年12月 本宮高倉山 | 01:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV