FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

岡山市内で一番の標高差439mを誇る低山: 本宮高倉山その1 

いよいよ今日からお正月休みに突入しました。昨日もあたふたといろいろなことをしたのですが、今日も今日とてやり残したことを朝から片付けました。まずは、年賀状の作成と投函です。朝から昨日作成したデータで印刷をし、住所を記入して投函したわけですが、どういうわけかデザインしたデータの文字の一部が欠落し、「2020年元旦」の部分が「2020」だけの表記になってしまいました。気がついたのは印刷が完了してからなので、もはややり直しはききません。仕方がないので、そのまま投函しました。


その後は、大掃除とまではいかないまでも、雑然としていて気になっていたところや、段ボール箱などが山積になっていたところをきれいに片付けて掃除機をかけ、車の中も車中泊仕様に変えて出発の準備を整えたところで終了です。


あとは、パッキングと最後の山行レポを書き上げるだけです。ということで、早速年内最後の山行レポです。






2019年12月24日(火) 岡山県岡山市北区 本宮高倉山(標高499m) 日帰り単独行 


岡山市にある低山で高い山といえば、すぐに思い浮かぶのは南部にある金甲山(きんこうざん)です。標高403mで海沿いから登り始めるので、標高差はほぼ標高に近い398mです。しかし、実は市街地の北にある本宮高倉山のほうが標高が高く(458m)、標高差も439mと大きいのです。金甲山に比べるとマイナーな山なのであまり知られていないのかもしれませんが、ちょっとしたトレーニングとして登るなら、本宮高倉山のほうがきついということになります。


ちなみに、岡山市街で一番高い山は、本宮高倉山から旭川を挟んで西側にある金山(標高499m)になりますが、金山は山頂付近が緩やかで昔から人が住んでいたし、昔は山頂に金山休暇村というレクリエーション施設があったので、普通に舗装道路が張り巡らされていて、ちゃんとした登山道は整備されていません。岡山市内の登山道がある山では、本宮高倉山が実質的に一番標高差の大きい山ということになりそうです。


12月第3週の週末は天気が悪く出かけるのをやめたのですが、年末の直前に2週間も体を動かさない期間ができてしまうのはよくないということで、天気のいい24日に本宮高倉山に登ってきました。もともと仕事を入れないでオフにするつもりだったのですが、直前で夕方に1件仕事が入ってしまったので、午後2時頃には下山しないといけなくなりました。とはいえ、家からも近いし、3時間も見ておけば大丈夫だろうということで、朝の渋滞が終わるころにゆっくり出かけました。


装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: モンベル ジオラインLWラウンドネックシャツ
 ミドルレイヤ: バーグハウス プラヴィターレライトジャケット
 ソフトシェル: マムート ソフテックグラナイトハイブリッドジャケット
 ハードシェル: マムート オールラウンダージャケット
 インサレーション: ノースフェイス レッドポイントライトジャケット
 グローブ: マムート メリットパルスグローブ
 キャップ/ハット: なし

●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: モンベル ジオラインLWタイツ
 ミドルレイヤ: ノースフェイス バーブパンツ
 ハードシェル: マムート エアロスピードパンツ
 インサレーション: なし
 ソックス: クロスプロ 5本指ウォーキングソックス
 シューズ: マムート テトンGTX

●ギア
 バックパック: マムート リチウムクレスト50+
 ストック: なし


IMG_4767_201912282234033cd.jpg
今回は里山歩きだし、あまり寒くないだろうということで、ドライレイヤは省略し、久しぶりにモンベルジオラインLWの上下を着用しました。マムート ソフテックグラナイトハイブリッドジャケットを山で着るのは久しぶりでしたが、登りではさすがに暑過ぎてすぐに脱いでしまいましたが、下りではずっと着たままで、背中や脇の薄い生地がけっこう通気性と透湿性を発揮してくれているのを実感。初めて購入したマムートのジャケットで、かれこれ3年が経とうとしていますが、ヘビーユースしていないこともありへたれた感じもなくまだまだ着られそうです。なお、写真ではジャケットの裾にも赤い縁取りが入っているように見えますが、下に着ているバーグハウス プラヴィターレライトジャケットが少し見えているためです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




map20191224honmiyatakakurayama.jpg
本宮高倉山は、岡山市北区牟佐の県道27号線新大原橋を渡って、最初の信号を左折した奥にある高蔵神社の脇に登山口がありますが、登山用の駐車場はありません。高蔵神社下の分岐を右奥に入っていく道を少し行くと、路肩の広い場所が何箇所かあるので、そこに車を停めました。分岐から100m弱ぐらいの場所です。なお、山の東側から山頂まで車道が通じているので、山頂まで車で登ることもできます。


IMG_4769_20191228224745c6e.jpg
10:30 駐車場所から登山口まで道を引き返します。


IMG_4770.jpg
高蔵神社の階段下が登山口のある分岐です。車を停めたのは右の道を進んだところです。真ん中の道を進みます。この道をずっといくと本宮高倉山の中腹にある高倉神社まで行くことができ、車でもいける道です。「岡山県の山」では、この道を歩いていくコースが紹介されていますが、ずっと舗装路なのでおススメしません。


IMG_4772_20191228223407d49.jpg
3分ほど歩くと、左手に車が3台停まっていました。登山者かと思ってよくみると、2台は北九州ナンバーで、もう一台は倉敷ナンバーした。まさかこんな低山にわざわざ九州から来る登山者がいるとはとびっくりしましたが、先頭の車に送電線の塗装工事中ですと書いた紙があったので、工事関係者の車でした。それにしても、九州からわざわざ出張で来たということでしょうから、送電線の塗装工事というのは、それなりに特殊な技能なり資格なりが必要なんでしょう。


IMG_4773_20191228223408c8b.jpg
工事関係者の車が停まっていた場所のすぐ前に、左に分岐する道がありました。


IMG_4774_20191228223410266.jpg
分岐には「本宮高倉山 南尾根コース」と書かれた道標が設置してありました。当初は「岡山県の山」に紹介されていた高倉神社までの舗装路をずっと行くつもりでしたが、こういう登山道があるのなら行かない理由はありません。ということで、地形図にも載っていない南尾根コースに足を踏み入れました。


IMG_4775_2019122822341103f.jpg
すぐに分岐があり、一瞬迷いました。


IMG_4776_20191228223413ce7.jpg
よく見ると、分岐の真ん中の立木に入口にあったのと同じような小さな道標が設置してあり、右を指し示していました。


IMG_4777_2019122822341434c.jpg
分岐を右へ進んでいくと、それなりの急登になりました。落ち葉が積もっていて若干滑りやすい状態でしたが、大きな段差もなく歩きにくいということはありません。


IMG_4778_20191228223416476.jpg
直登で登って来た道が右にUターンするように曲がると、その後は斜面をトラバースする道になり、傾斜も緩くなりました。


IMG_4780_20191228223531135.jpg
11:01 前方からカンカンという鉄をたたくような音が聞こえてきたと思っているうちに、鉄塔が見えました。ブルーシートが置いてあるので、どうやらここで塗装工事をしているようです。


IMG_4781_201912282235335c2.jpg
上を見ると、遥か高いところで作業している人がいました。安全ベルトをしているのでしょうが、けっこう怖そうです。


道は鉄塔の下で左に曲がりました。曲がったところに監督らしい人がいて、軽く挨拶をして先に進みました。


IMG_4782_20191228223534820.jpg
11:11 2つ目の鉄塔が見えてきたところで日当たりのいい笹原の道なりました。


IMG_4783.jpg
ちょうど椅子代わりの岩がある場所があったので、ここで小休止です。


IMG_4784_20191228223537e1d.jpg
笹原になっているおかげで、そこそこ展望もありました。


IMG_4785_20191228223539857.jpg
2つ目の鉄塔を過ぎると、道はいったん谷に向かって下り、その遥か先の尾根に見える3つ目の鉄塔に向かいます。


IMG_4786.jpg
11:30 3つ目の鉄塔の直前に右(北)に向かうトレースがありましたが、ここには道標の類は何もありません。場所的におそらくこれが南尾根コースだと思われますが、念のため3つ目の鉄塔まで行って他にトレースがないか確認してみることにしました。


IMG_4788_201912282235424be.jpg
3つ目の鉄塔の下には、西へ下る巡視路があるだけで、北へ向かうトレースはありません。ということで、先ほどの分岐に戻って、北へ向かうことにします。


IMG_4789.jpg
分岐から笹薮の中を少し進むと、すぐに下草のない森の中に入ってきました。トレースはほとんど判別できないレベルですが、比較的新しい半透明のビニール紐が立木に取り付けられていて、古い赤テープとあわせてナビとしては十分役に立ちました。


IMG_4790.jpg
半透明のビニール紐のナビは、色的に少しわかりづらいものの、紐が長いおかげで風に揺れて目立っていました。


IMG_4792_2019122822385787b.jpg
11:42 なだらかに下ってきましたが、平坦な鞍部に着きました。薄いトレースでも写真に撮るとなんとなく見分けられるものですが、このあたりのトレースはほとんど判別できないほど不明瞭です。テープや紐のナビがないと、完全に自分でルートファインディングをしながら進まないといけないほどです。とはいえ、地形的にはとくに難しくはなく、北に向かってまっすぐ尾根をたどって行けばいいだけなので、地形図さえ持っていれば道迷いする恐れはなさそうです。


IMG_4793_20191228223858f32.jpg
鞍部からの登り返しはわりと細い尾根になりましたが、それまでと打って変わって倒木が多く荒れた感じです。


IMG_4794_20191228223900739.jpg
再び平坦で広い尾根道になると、歩きやすくなりました。


map20191224honmiyatakakurayama2.jpg
12:03 林道に出ました。ちょうど林道がUターンするカーブの先に出て来たので、地形図ですぐに位置がわかりました。高倉神社の西を南北に走る林道が数本ありますが、その一番南西側にあるカーブのところです。


IMG_4796_20191228223903c2b.jpg
あとはこの林道を北へたどるだけだろうと思っていたのですが、林道の状況はかなり雑草に覆われていて人の歩いた雰囲気はありません。なんとなく違和感を感じます。


IMG_4797_2019122822390441b.jpg
ちなみに、林道に出て来たところを振り返るとこんな感じで、とても道があるようには思えません。道標も何もなく、よくみると色あせた赤テープが立木にぶら下がっているだけなので、下りで初めてこのコースを通るという場合、ここで少し迷うかもしれません。


IMG_4798_20191228223906b81.jpg
さて、林道をそのまま進んでいこうとしたとき、ふと左手にトレースがあるのに気がつきました。トレースの入口には道標もテープもないのですが、明らかに明確なトレースになっています。奥のほうを見てみると、正面の立木に小さな道標が設置されていました。


IMG_4799_20191228223907757.jpg
近くまで行って確認すると、本宮高倉山と書かれています。どうやらこちらが南尾根コースの続きのようです。林道で感じた違和感は、やっぱり正しかったようです。


IMG_4800.jpg
ヒノキ林と自然林の境を縫うように進んでいきます。


IMG_4801_201912282239105c7.jpg
12:18 横に広いピークのような場所に出てきました。正面は大きく下っていて、左右に尾根が延びている丁字路のような場所です。当然、右か左へ行くのだろうと思うのですが、どちらにもいけるような雰囲気なのでGPSで確認してみると、高倉神社の西にある413mのピークでした。

つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング











関連記事
スポンサーサイト



| 2019年12月 本宮高倉山 | 23:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV