FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

思いがけずシーズン初の雪山登山: 富栄山その2 

2019年11月30日(土) 岡山県鏡野町富西谷 富栄山(1205m) 日帰り単独行 


先週の寒さがようやく緩んだと思ったら、今日はまた冷え込んでます。でも天気予報では、最高気温は昨日と同じ15度となっています。やっぱり、陽射しがあるのとないのとで体感的な温度は全然違ってきます。


部屋着として昔カジュアル洋品店で購入したフリースを着ているのですが、昨日登山用のフリースを着たらすごく暖かいと実感。やはり登山用品はレベルが違います。冬物は登山用に勝るものはないのかもしれません。ま、想定される使用環境が全然違うので、当然といえば当然でしょうけどね。


さて、週遅れのレポをさくっと完結させたいと思います。




IMG_4474_201912111301573be.jpg
林道の終点から尾根に取り付くと、すぐに左手の植林帯の中に続く薄いトレースを見つけました。もしかしてこれが正しい道なのかと思いましたが、方角的にここから左へ向かうというのはどうも違うなと感じたので、林業用のトレースだろうということで行くのはやめました。


IMG_4475_20191211130158519.jpg
取り付いた尾根は、それほど傾斜はきつくなく、笹も膝下レベルであまり茂っているわけでもないので、楽に登っていくことができました。最初のうちは尾根上も植林帯になっていたので、視界もあるしまったく問題ありませんでした。


IMG_4476_20191211130159e1a.jpg
やがて笹もなくなり、雪が増えて来たもののかえって歩きやすくなって来た感じです。


IMG_4477_20191211130200dba.jpg
ところが、10分ほど登ったところで急に背の高い笹が増えてきました。雪の重みで垂れ下がっているとはいえ、人の背丈を越えるレベルで視界もよくありません。この先、さらに笹薮が濃くなってきたらさすがに突破するのは難しいかもしれません。尾根の左手は植林帯になっているので、笹薮もないし歩きやすそうですが、それなりの斜面なので、斜めにトラバースしながら登っていくことになります。とりあえず、もう少し尾根を登ってみて、藪がひどくなったら左の植林帯に逃げることにしました。


IMG_4478.jpg
笹にかぶった雪を頭からかぶらないように、事前に手で笹を揺らして雪を落としながら登っていくと、幸いにも笹薮は薄くなって歩きやすくなってきました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_4479.jpg
11:04 突然、林道に飛び出ました。こんなところで林道に出合うとは想定外でしたが、どうやらこれが正しいルートのようです。しかし、ここの林道はいったいどことつながっているのでしょうか。考えられるのは2つ目の分岐の直進方向がこの林道だろうということですが、もしも違うのなら、全然別の入口があるということになります。とりあえず、下山はこのまま林道を右へ下っていくことにして、左へ進んでみることにしました。おそらく、このまま左へ行けば大空山の南の尾根に出るはずです。


IMG_4480_20191211130258e18.jpg
林道はすっかり雪道でした。積雪は3~4センチといったところなので、特に問題はありません。断熱材の入っていないトレッキングシューズのテトンGTXですが、ゴアテックスが使われているので濡れて冷たくなってくるということはありませんでした。


IMG_4482.jpg
11:17 尾根に出ました。


IMG_4484_20191211130301b04.jpg
驚いたことに、この尾根には車が通れるレベルの広い道がついていました。


IMG_4486.jpg
なんでこんな広い道なんだろうと思いながら、右へ進んで尾根を登っていきます。


IMG_4487.jpg
登っていくと、広い道がついている理由がわかりました。何の施設かわかりませんが、この鉄塔を建設するためとメンテナンスのために車が通れる道をつけたのでしょう。


IMG_4488.jpg
11:25 鉄塔を過ぎた先に広い空き地があり、その隅に物置のような小屋とトイレが設置されていました。小屋の中には棚があったので、荷物を降ろして休憩しようと思ったのですが、陽のあたらない小屋の中は思いのほか寒かったので、早々に出ました。


IMG_4491_201912111303105a0.jpg
日当たりのいい空き地の真ん中は雪が溶けて砂利敷きの地面が出ていたので、折りたたみ椅子で座って休憩することにしました。


IMG_4489_20191211130307fee.jpg
考えてみれば、出発してからいままで一度もちゃんとした休憩をとっていません。林道の終点で立ち止まってドリンク休憩をほんの1分ほどとっただけなので、ほぼ2時間半歩きっぱなしでした。途中、尾根を登った区間を除いて林道歩きだったので、思いのほか疲れなかったようです。少し小腹が空いて来たので、行動食を食べておきました。


IMG_4490_20191211130308f05.jpg
気温はそこそこ低いようですが、風はほとんどなく陽射しがあるので、じっとしていても寒さは感じません。太陽が中途半端に切れてしまい写真的には失敗ですが、気持ちのいい青空が頭上に広がっていました。


IMG_4492_20191211130453ae6.jpg
11:37 休憩を終えて出発します。大空山まで10分、富栄山まで1時間とのことですが、そんなにかかるかなあと思いつつ、歩き始めました。


IMG_4493_2019121113045489f.jpg
歩き始めてすぐに雪の積もったそれなりの傾斜の下りになっていて、スリップしないように慎重に下りましたが、その後は緩やかな尾根道でした。


IMG_4495_20191211130456da1.jpg
大空山のピークが近くなると傾斜が急になってきて、スリップダウンを喫してしまいました。といっても前のめりになって手を突いてしまっただけで、倒れこむところまでにはいたりませんでした。しかし、ショルダーベルトに取り付けていたドリンクホルダーから水筒が落ちて、泥にまみれてしまいました。きちんと奥まで差し込んでいれば簡単には落ちないのですが、中途半端に軽く差し込んだ状態だったので、落ちてしまったというわけです。自分のチョンボなので自省するしかありません。


IMG_4497.jpg
11:48 大空山に着きました。鉄塔の場所から約10分。あの道標は正しかったわけです。ということは、やはり富栄山まで1時間かかるのでしょう。


IMG_4499.jpg
自撮りだけして、すぐに富栄山に向かいます。


IMG_4500.jpg
雪の積もった尾根道が続きます。


IMG_4501.jpg
12:08 のとろ温泉方面への登山道分岐まできました。


IMG_4502_20191211130503823.jpg
のとろ方面からの道に足跡はついていなかったので、どうやら今日は僕が一番乗りのようです。


IMG_4504_20191211130505c97.jpg
まっさらの雪道に足跡を刻みながら進んでいくと、富栄山が見えてきました。さすがにお昼なので、朝見た真っ白い山ではないのがちょっと残念です。


IMG_4507.jpg
山頂が近づいてくると、まだ霧氷が残っている木が登山道脇にありました。シーズン初の雪山で、霧氷にも出会えたのはラッキーでした。


IMG_4508_20191211130605596.jpg
笹原が刈り込まれた展望のいい場所まで来ると、山頂はもうすぐです。


IMG_4509.jpg
12:29 富栄山山頂です。鉄塔から約50分でした。鉄塔のところにあった道標は、少しゆっくり目に計算しているようです。


IMG_4510.jpg
まずは自撮り。


IMG_4513.jpg
展望台の上は雪がなかったので、この上でランチにしようと思います。


IMG_4512.jpg
ランチの前に、背景を入れて自撮りしておきました。少し前にデジカメを取り付けられて三脚にもなる自撮り棒を購入したので、こういう写真も取れるようになりました。


IMG_4514_2019121113061258d.jpg
ランチはいつものラーメンです。毎度のカルパスは在庫切れになったので、代わりに魚肉ソーセージがおかずです。


IMG_4515_20191211130614e96.jpg
ラーメンができるまでの間、周囲を眺めて時間をつぶしました。こちらは北側。まだ少し霧氷が残っているようです。


IMG_4516_201912111306151eb.jpg
南東方向の白賀渓谷です。あの渓谷から登ってきました。


IMG_4517.jpg
南側の尾根です。右のピークが大空山だと思います。


IMG_4518_20191211130618dad.jpg
ラーメンが出来上がったので、おいしくいただきました。ごちそうさまでした。食事中に、男性が二人時間差で登ってきました。それぞれ単独なのかと思ったら、どうやら一緒に登って来たようです。


IMG_4519.jpg
食後に、もう一度展望を楽しみます。東に見えるのは泉山ですね。その右後ろに那岐山が見えています。


IMG_4521_2019121113072634d.jpg
反対の西側には、白くなった大山も見えていました。


IMG_4523_20191211130728046.jpg
13:06 下山開始です。


IMG_4525.jpg
分岐を過ぎると、自分だけの足跡が残った道をたどります。


IMG_4526.jpg
13:33 大空山を通過します。


IMG_4527_20191211130732ad9.jpg
13:41 鉄塔の場所まで戻ってきました。空き地の雪はだいぶん溶けてなくなっていました。


IMG_4530_20191211130734ade.jpg
尾根道から林道へ左折します。このあたりの雪もほぼ溶けていました。


IMG_4531_201912111307356ad.jpg
しかし、日陰の林道に入ると、しっかりと雪は残っていました。


IMG_4533_20191211130737622.jpg
大空山の東斜面を北に向かって下っていきます。


IMG_4535.jpg
14:27 大空山の東斜面を大きく北側から回りこんで、朝通った2つめの分岐に戻ってきました。前方の右に上がっていく道を朝通っていったわけです。結果的に、道のない尾根を通ってショートカットすることになったわけですが、時間的には林道を歩いてもたぶん変わらないぐらいだと思います。なので、このルートで登るときは素直に林道を歩いたほうがいいでしょう。


IMG_4536_201912111308371af.jpg
下山途中で、富栄山の山頂が見えました。展望台があるのがわかります。


IMG_4538_20191211130838095.jpg
14:48 1つ目の分岐まで戻ってきました。


IMG_4539_201912111308400e3.jpg
14:59 林道入口です。富栄山山頂から2時間弱かかりました。


IMG_4540.jpg
下山を始めてからノンストップで下りて来たので、さすがに疲れました。もみじ平の休憩小屋で休んでいくことにします。


IMG_4541_20191211130843035.jpg
甘いものが欲しくなったので、デザート用にもってきていたチョコブラウニーを食べました。疲れると甘いものがおいしく感じます。


IMG_4542.jpg
朝、下山時に遊歩道を歩こうと思っていましたが、疲れたし寒いしで遊歩道歩きはやめました。谷筋は冷気の通り道になっているようで、上流から冷たい空気が流れ落ちてくるような感じがして、かなり寒さかったです。


IMG_4543_20191211130846b07.jpg
途中、陽射しに輝く残り紅葉を映しこんで水面がオレンジに染まっていました。


IMG_4544_20191211130847c2d.jpg
15:27 駐車場所まで戻ってきました。今回も6時間強の山行になり、けっこう疲れました。冬に向けてちょうどいいトレーニングになったかもしれませんが、そろそろ重荷を背負う山行もしておく必要があります。泊まりの山行もそろそろ計画してみようと思います。

map20191130fueisan.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










関連記事
スポンサーサイト



| 2019年11月 富栄山 | 13:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV