FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

7年ぶり2度目の頂: 広戸仙 

2019年11月17日(日) 岡山県津山市 広戸仙(1115m) 日帰り単独行 


津山市北部に横たわる那岐連峰の西に位置する広戸仙に登ってきました。広戸仙に登ったのは2012年8月が初めてで、それ以来一度も訪れていません。なので、実に7年ぶりの再訪となりました。


装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤ: ノースフェイス L/S ハイブリッドパラマウントメッシュクルー
 ベースレイヤ: なし
 ミドルレイヤ: バーグハウス プラヴィターレライトジャケット
 ソフトシェル: なし
 ハードシェル: マムート オールラウンダージャケット
 インサレーション: バーグハウス ライトインシュレーテッドジャケット
 グローブ: マムート メリットパルスグローブ
 キャップ/ハット: マムート アドベンチャーベンチレーションハット

●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: なし
 ミドルレイヤ: マムート ソフテックトレッカーズパンツ
 ハードシェル: マムート エアロスピードパンツ
 ソックス: バーグハウス メリノウール トレッキング ガイド クルー
 シューズ: ファイブテン キャンプ4

●ギア
 バックパック: マムート リチウムスピード20L
 ストック: なし


IMG_4284_2019112709520612f.jpg
あろうことかトレッキングシューズを忘れてきてしまい、履いて来たアプローチシューズのファイブテン キャンプ4で登ることになりました。岩稜が続くような道ではないものの、石ころがあったり岩が出ていたりという場所もそれなりにあり、さすがに靴底が柔らかくて足の裏が痛くなり、予想外に疲れました。やはり、山を歩くにはそれなりの靴でないと無駄に疲労感が増幅されてしまいます。


今回、ミドルレイヤに初めて使ったのが、バーグハウス プラヴィターレライトジャケットです。セールで安く購入したものの、ユーロMを日本サイズのMと勘違いしてしまったので、少しサイズが大きく、購入してから1年以上放置していました。そのまま未使用品として売ろうかとも思いましたが、バーグハウスは人気ブランドではないので未使用品でもあまり高くは売れないと思われたので、とりあえず一度使ってみようというわけで引っ張り出してきました。薄手のフリースジャケットみたいなものなので、風もあまりなく陽射しもあってそれほど寒くないこの日の天気にはぴったりでした。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_4285_201911270952080f9.jpg
9:06 声が乢の駐車場を出発します。車は他にもう1台停まっていただけでした。


IMG_4286_201911270952098b0.jpg
駐車場の目の前に登山口があり、すぐに登りが始まります。


IMG_4337_201911270958271a0.jpg
11月6日付けのクマ注意の看板が設置されていました。熊鈴は持ってきていないのでちょっとビビリましたが、先行者もいることだし、なんなら手をたたいたり笛を吹いたりして対処することにします。


IMG_4287_20191127095211254.jpg
はじめのうちはよく整備された階段の道です。


IMG_4288_20191127095212fd2.jpg
ここに来る途中、けっこう早くから霧が出ていたのですが、国道53号線を越えて声が乢に向かっている途中で突然晴れたので、おそらく雲海になっているだろうと思っていたのですが、予想通りの白い海が広がっていました。


IMG_4290_20191127095213ba0.jpg
登っていくと紅葉がまだ残っていて、目を楽しませてくれました。


IMG_4292_20191127095215597.jpg
日が昇ってそれなりに時間が経っていますが、雲海はまだ消えずに残っています。


IMG_4293_201911270952163ec.jpg
9:45 第一展望所まで来ました。時間的にもいいところなので、少し休憩していくことにしました。


IMG_4295.jpg
第一展望所の先は、そこそこ傾斜のある道になり、すこし汗ばんできました。


IMG_4296_20191127095219e32.jpg
10:06 山頂に続く尾根にでました。山頂へは右ですが、左に50mほど行くと第二展望所があるので、少し寄っていくことにします。


IMG_4297_20191127095331646.jpg
第二展望所にも誰もいませんでした。


IMG_4298_2019112709533384a.jpg
展望所から日本原の展望が広がりますが、相変わらず雲海に沈んでいました。すでに10時を回っているのに、今日の雲海はやけに粘ります。


IMG_4299_201911270953343fc.jpg
山頂に続く尾根道は、最初のうちは比較的緩やかで歩きやすい道です。


IMG_4300_20191127095336f8f.jpg
鎖のある岩場を通過したあたりから斜度がきつくなってきました。


IMG_4301_201911270953374ff.jpg
落ち葉の中に石がまぎれているので、ときどき石車を踏んだりして歩きにくくなってきました。それに、石を踏んだときの刺激が足裏に伝わって痛みも感じます。アプローチシューズでは、やはりつらいものがあります。


IMG_4302_20191127095339f10.jpg
大きな岩がゴロゴロ出てくるところを過ぎると、急登も終わりです。


IMG_4304_201911270953405ba.jpg
10:26 標高1000mまで登ってきました。


IMG_4305_20191127095342537.jpg
ここには石のベンチがありますが、なぜか座面がでこぼこですわり心地はいまいちです。


IMG_4306_20191127095343d63.jpg
ここから前方に山頂らしいピークが見えますが、残念ながら山頂ではなく第三展望所のある1075.4mの三角点ピークです。


IMG_4307.jpg
ベンチから巨岩の連なる平坦なピークを進みます。


IMG_4308_201911270955054e0.jpg
巨岩のピークを越えたところで、右に下ります。この下りは短いながらけっこう急です。


IMG_4309.jpg
鞍部まで下りると、階段の登り返しがあります。左奥に見えているのが広戸仙の山頂です。


IMG_4311.jpg
10:41 第三展望所です。


IMG_4314.jpg
展望台から見下ろすと、さすがの雲海も消えかけていました。


IMG_4315_20191127095511806.jpg
東に見えるのは滝山です。本当は滝山まで縦走するつもりでした。しかし、ここから往復したら3時間ほどかかりそうだし、休憩時間と下山時間を考えると、登山口に戻るのが16時ぐらいになりそうです。しかも、ヘッドライトを忘れてきてしまったので、日没の早い今の時期に遅くまで行動するのはリスクが高くなります。ということで、今日はおとなしく広戸仙山頂までの往復で終わりにすることにしました。


IMG_4316_20191127095513556.jpg
11:03 山頂に向けて出発します。


IMG_4317_201911270955146de.jpg
落ち葉が敷き詰められた緩やかな尾根を進みます。


IMG_4318_20191127095516ab8.jpg
山頂直下にやや急な場所がありますが、これを越えればすぐ山頂です。


IMG_4320_20191127095517bcc.jpg
11:11 山頂に着きました。広戸仙山頂は岩が寄り集まった狭い山頂です。


IMG_4321.jpg
展望は南側だけあります。


IMG_4323.jpg
あまりゆっくりできる場所ではないので、自撮りしてすぐに撤退です。


IMG_4324.jpg
すぐとなりにちょっとした広場があるので、実質の山頂はこちらといえます。ただし、こちらはまったく展望なしです。


IMG_4325_20191127095624722.jpg
滝山縦走のかわりに、滝をめぐるふるさとコースで帰ろうかと思いましたが、こちらもけっこう時間がかかるようだし、北斜面をトラバースするルートなので、日当たりが悪く寒そうです。滝もしょぼいものばかりらしいし、またの機会にしておきます。


IMG_4326.jpg
11:18 いつの間にか空には雲が多くなり陽射しもなくなってしまったので、さっさと下山することにします。


IMG_4327_20191127095627501.jpg
第三展望所を通過します。


IMG_4328_20191127095629131.jpg
11:41 標高1000m地点を通過します。


IMG_4330.jpg
11:55 第二展望所手前の分岐から、登山口に向かいます。


IMG_4331_20191127095632936.jpg
12:05 第一展望所まで下りて来たところでランチタイムになり、お腹も空いたのでここで昼食をとりました。写真がないので、すでに何を食べたのか忘れてしまいました。老化でしょうか。たしかカップ麺だったと思うのですが・・・


IMG_4334_201911270956335ab.jpg
下る途中で、鮮やかな紅葉を見つけました。


IMG_4335_2019112709563574c.jpg
12:45 登山口まで戻ってきました。時間も早いので、このあと湯郷温泉に立ち寄ってから帰りました。最近、登山後に温泉に寄らずに帰ることが多かったので、久しぶりの温泉を満喫しました。

map20191117hirodosen.jpg

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング











スポンサーサイト



| 2019年11月 広戸仙 | 10:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV