FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

いろんな意味で残念な山: 花見山その2 

2019年10月13日(日) 新見市千屋花見 花見山(1188m) 単独日帰り 


IMG_3960_20191018190923a19.jpg
11:12 下の谷登山道から登るのを中止し、さっさと引き返して滝の下まで戻ってきました。下の谷登山道で時間を浪費してしまったので、来た道を戻って滝コースから登り返します。


IMG_3961_2019101819092385a.jpg
11:21 滝コース分岐から登山道に入ります。スキー場から滝まではよく整備された遊歩道でしたが、ここからは細い踏み跡という雰囲気の道になりました。道標も新見ハイキングクラブの手作りのものしかないので、どうやら登山道には行政の予算は入っていないようです。


IMG_3962_201910181909255e4.jpg
はじめのうちはそれほど傾斜のきつくない植林帯の中を登って来ましたが、次第に傾斜がきつくなってきました。分岐から10分も行かないうちにほとんど下草のなかった林床に笹や低木が生い茂るようになってきました。


IMG_3963_2019101819092637d.jpg
林床に下草が出始めた頃から、道の傾斜がかなりきつくなり急登といえるレベルになってきました。しかし、この登山道は分岐からほぼ一直線に急斜面を登るようにつけられていて、しかも階段になっているところがまったくないので、台風通過後ということもあってやたら滑ります。こんな滑りやすい急斜面になぜ直登の道がつけられているのか理解に苦しみます。狭い尾根というわけでもないし、ジグザグに道をつければもっと楽に登れるはずです。どういういきさつで誰が登山道を設置したのか知りませんが、経験や体力が千差万別な登山者のことを考えたコース設定というわけではなく、ある程度経験があり体力もある登山経験者が最短で登るためのコースとして設定したんだろうなと感じられます。下の谷登山道も普通なら破線で示されるバリエーションコースといってもいいような状況ですが、滝コースとならんで実線で紹介するなど、一般の登山者やハイキング客の利用を想定しているとは言いがたい登山道です。


IMG_3964_201910181909281eb.jpg
11:51 すべりまくる急登に手こずりながら登ってくると、ようやく平坦な場所に出ました。


IMG_3965_2019101819092992f.jpg
ここまでまったく展望のない道でしたが、ここも展望はありません。それでも、休憩できる広さと平坦さがあるだけまし。立木の枝にバックパックをぶら下げて、立ったままドリンク休憩をとりました。GPSで位置を確認すると、どうやら稜線まであと50mもないところまできているようです。10分ほど休憩して、再び稜線を目指します。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_3966.jpg
12:04 休憩した場所からは緩やかな傾斜の道になり、のんびりと歩いて4分で県境稜線に出ました。山頂は左、右は下りで使う千年樹の森コースです。


IMG_3968_201910181909322f3.jpg
山頂に向かう稜線の道は、傾斜もあまりなく、歩きやすい道でした。しかし、標高が1000mを越えているというのに、ほとんど雑木林のような状況で、毛無山のようなきれいなブナ林はありません。なんだかがっかりしながら歩いて行くと、山頂近くになってようやく大きなブナがちらほら生えている場所がありましたが、ここもブナ林というよりも太いブナが少し生えているという程度で、森の美しさを楽しめるような場所ではありませんでした。おそらく、一度はほぼ伐採されてしまったのでしょう。


IMG_3969_201910181909344e6.jpg
山頂手前で少し傾斜のきついところがありましたが、すぐに平坦な藪道になり、進んでいくと前方に東屋が見えました。


IMG_3970.jpg
12:19 花見山山頂に着きました。千屋温泉にはそこそこ車が停まっていましたが、山頂には誰もいませんでした。東屋の奥に山名板が見えます。


IMG_3971_20191018191202b06.jpg
山名板にも新見ハイキングクラブの名前が刻印されているところを見ると、花見山の登山道は行政の管理ではなく、地元のクラブがボランティアで管理しているか、市の委託で管理しているかのどちらかのようです。新見市の最高峰である花見山でそういう状況ですから、どうやら新見市は観光資源としての登山にはほとんど興味がないのでしょう。新見市観光協会のホームページを見ても、登山に関する紹介は皆無なのでそういうことのようです。


IMG_3974_2019101819120533e.jpg
ちなみに、山頂からは鳥取側の西南方向だけ展望があります。東の新見側はまったく展望がなく、廃屋か何かの資材が散乱していたりで、がっかり感満載です。山頂に東屋があることだけが唯一の「いいね」ポイントです。


IMG_3972_201910181912040f1.jpg
ひとまず記念撮影をしてから、東屋でランチにしました。


IMG_3975.jpg
今日もローソンのおにぎりです。最近、ローソンはおもしろいおにぎりが多いので、セブンイレブンよりもローソンを使う機会が増えました。楽天ペイも使えるので、ローソン派に心変わりしつつあります。今回購入したのは、悪魔のおにぎりの明太バター醤油味とどん兵衛おにぎりですが、悪魔のおにぎりのほうはまたまた新商品のようです。味はかなりいけました。これまで食べた悪魔のおにぎりの中でも1~2位を争う美味さでした。どん兵衛おにぎりのほうは、おおむね想像がつく味でそれなりにおいしいのですが、まあこんなものだろうという感じでした。


IMG_3976_20191018191208e31.jpg
山頂の気温は15度ぐらいで、ジャケットを着ていても陽射しがないためじっとしていると冷えてきました。今回は夏装備のままだったので、ポットにお湯を入れて来たわけでもないしガスもありません。なので、温まる手段がなく、ランチを終えたら早々に下山です。


IMG_3977_20191018191210ffa.jpg
12:42 下山開始です。下山準備を始めると、陽射しが射し始めるという山あるあるでしたが、歩き出すとまた曇ってしまいました。


IMG_3978_201910181912114f6.jpg
ところで、下の谷登山道はいったいどこに出てくるのかを確認しようと、下山時に右側を注意しながら歩いたのですが、結局道標もなにもなく、それらしいトレースも見つかりませんでした。唯一、トレースのように見えなくもないという場所がありましたが、写真のようにとても登山道とはいえない状況なので、もしもこれがそうだったらとんでもない道になっているだろうなといわざるを得ません。強行して登ってこなくてよかったと思ったのでした。


帰宅後、ネットで検索してみると、2015年に下の谷登山道で登ったという某クラブの記事を見つけましたが、どうやら稜線の道に合流しているのではなく、滝コースが稜線に合流する少し手前のところで滝コースに合流しているようです。登ってくるときにはまったく気がつきませんでした。気がつかないということは、やはり利用者が少なくわかりやすい状態の道ではないのでしょう。ちなみにその記事によると、下の谷の滝から山頂まで105分かかったそうです。僕が下の滝から引き返して滝コースで登った所要時間は67分なので、40分近く余計な時間がかかることになり、下の谷登山道をやめて滝コースに変更したのは正解でした。


IMG_3935b.jpg
それにしても、スキー場近くの案内板には、滝コースと平行して道がついているように描かれていて、誰が見ても直接稜線の道に出るのだと理解する絵になっています。下の谷登山道が滝コースに合流するのであれば明らかに案内図が間違っていることになり、そういうでたらめな案内図を設置するクラブの良識を疑わざるを得ません。


IMG_3979.jpg
12:53 滝コースの分岐まで戻ってきました。ここからは、直進して千年樹の森コースで下ります。実は、千年樹の森という名前から、巨木の立ち並ぶ原生林のような美しい自然林の中を通るコースなのだろうと勝手に思っていたのですが、まったくもってそんなことはありませんでした。


IMG_3980_201910181912149fc.jpg
ところで、滝コースの分岐に設置されている道標には、「千年樹の森コース」ではなく、「千年の森コース」となっていました。ヤマケイのガイドブック岡山県の山でも千年の森コースと紹介されていますが、麓に設置されている石碑には「千年樹の森」と刻印されているので、「千年樹の森コース」が正しいようです。地元のクラブなのにコース名を間違って使っていることに気づいていないというあたりに、下の谷コースのでたらめな案内図が描かれている理由がわかるような気がしました。


IMG_3982_201910181915331a1.jpg
千年樹の森コースは尾根を下る道で、地形図を見る限り滝コースより傾斜は緩やかであるはずですが、それでも時々結構な急傾斜の区間があり、そういうところではやっぱりつるつるとよく滑ります。スリップダウンしないように立木につかまったり、登山道の両脇の滑りにくそうなところを歩いたりしながら下りました。


IMG_3983.jpg
ずっと雑木林のような、美しくもなければ展望もない森の中を下ってきましたが、傾斜が緩くなった標高850mあたりで、やっと樹齢数百年はありそうな大木がありました。葉の形と樹皮の様子からおそらくケヤキの木ではないかと思われます。ようやく千年樹の森になったのかと喜んだのもつかの間、少し下ると植林帯になってしまいがっかりでした。


IMG_3984_201910181915360f3.jpg
その後は緩やかな植林帯の中を進んでいきます。


IMG_3985_20191018191538075.jpg
やがて工事中のような林道が前方に見えました。台風のおかげで林道はドロドロのぬかるみ状態ですが、まさかこの林道に合流するのかと呆然としながら進んでいくと、林道の直前でトレースが右に曲がり、その後は林道に沿って進んでいけたので、ほっとしました。


IMG_3986.jpg
林道沿いに少し歩くと、トレースは林道から離れるように低い尾根に向かいます。


IMG_3987_2019101819154176d.jpg
13:33 尾根に出て左手に下っていくと、道標のある場所に出ました。


IMG_3988.jpg
道はここで右折しますが、下り方面の行き先を示すようなことは道標には何も書かれていません。トレースは明確なので間違って直進する人はいないと思いますが、せっかく道標を設置してあるのなら下山者向けの道標もつければ良いのにと思います。



IMG_3989_20191018191544faf.jpg
その後は比較的大きな木が目に付く杉林の中を下ります。このあたりはトレースがやや不明瞭なところがありましたが、とくに迷うことはありませんでした。ちなみに、ネットで調べてみたところこのあたりの杉林を千年樹の森と称しているようです。しかし、樹齢千年の杉があるわけではなく、そういう杉を育てる森にしたいという願望で名づけたのではないかと思われます。千年樹の森の石碑もこのあたりにあるらしいのですが、全然気がつきませんでした。


IMG_3991_2019101819154542e.jpg
13:48 やがて道は林道になり、伐採されたばかりの場所に出てきました。日曜日なので作業はお休みだったようで、重機は動いていません。


IMG_3992_20191018191547485.jpg
伐採地を過ぎ、やがて水田が見えてくると、千屋温泉まであと少しです。


IMG_3993_20191018191733c2c.jpg
左手に釣堀の施設を見ながら進んでいくと、車道に合流します。前方のカーブを登った先が千屋温泉になります。


IMG_3994_2019101819173457f.jpg
14:02 千屋温泉の駐車場に戻ってきました。


所要時間は、登りは下の谷登山道で25分のロスがありましたが、それを除くと滝への往復込みで2時間5分でした。下りは休憩なしで1時間20分でした。花見山を訪れたのは初めてでしたが、ずさんな登山道案内図、消滅しかけている下の谷登山道、滑りやすい急斜面を直登する歩きにくい登山道、展望のない山頂、ただの杉の植林帯でしかない千年樹の森などいろいろいな意味で残念な山でした。


グーグルマップを衛星写真で見てみると、花見山の東側はほぼ植林帯のようで濃い緑色になっていますが、鳥取県側である西側は麓に植林帯があるものの、中腹から山頂にかけては自然林が残されています。花見山スキー場も自然林の中にあり、花見山に登るのであれば、花見山スキー場側から登ったほうが断然たのしいのではないかと思われます。

map20191013hanamiyama1.jpg

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










関連記事
スポンサーサイト



| 2019年10月 花見山 | 19:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV