FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

山小屋通信簿: 二ノ池ヒュッテ

山小屋通信簿は、清潔さや快適さなどの一般的な項目の他に、ヤマふぉと派の観点から撮影山行基地としての評価も加えた山小屋の評価です。各評価項目を5段階で審査し、合計点数の平均(端数は四捨五入)が総合評価です。

評価項目
●清潔度:小屋内の部屋や食堂、トイレ、布団など、清潔に保たれているかどうかももちろんですが、小屋周辺の状況やごみの処理なども含みます。
●快適度:小屋内で過ごす時間を快適に過ごせるかどうかです。乾燥室の場所や利用時間、自炊場所の有無と位置、談話室の有無と居心地、本や暖房などの設備をチェックします。
●ホスピタリティ:宿泊や幕営の申込み、売店の対応など従業員の応対をチェックします。
●食事のうまさ:朝食夕食だけでなく、昼食メニューなどボリュームや味をチェックします。ただし、食べたものにもよるのでかなりいい加減です。基本的にあまりグルメではないので、味については甘い評価かもしれません。
●施設充実度:宿泊客以外の登山者が利用できる設備についての項目です。小屋前のテーブル&ベンチ、無料の水場、屋外トイレ、雨をしのげるひさし付きベンチがそろっていると評価5です。1種類ないと4、2種類ないと3、3種類ないと2、まったく無いのは1です。
●ロケーション:写真を撮るためのベースとして、立地条件などを評価します。ただし、立地条件は変更しようがないので、3以上の評価とします。

評価基準
5:非常に優れている
4:良い
3:問題ない
2:いま一歩
1:改善が必要


●二ノ池ヒュッテ
清潔度:5
快適度:3
ホスピタリティ:2
食事のうまさ:4
施設充実度:1
ロケーション:3
総合評価:3


IMG_3508.jpg
二ノ池ヒュッテは、御嶽山山頂部の二ノ池近くにある山小屋です。利用したのは2019年8月13日でした。


二ノ池のそばには、二ノ池山荘(旧二ノ池本館)と二ノ池ヒュッテ(旧二ノ池新館)の2館がありますが、二ノ池のすぐそばにあり、目の前に二ノ池があるのが二ノ池山荘です。二ノ池ヒュッテは、二ノ池山荘から三ノ池方面に5分ほど歩いたところにあります。


IMG_3506_201910091747349a6.jpg
入口前にはちょっとした広場があり、石垣に食い込むように古材を使ったベンチがしつらえてありますが、テーブルはなく、なんとなく殺風景な趣です。


IMG_3501_20191009174750f80.jpg
小屋の中に入ると、すぐ右側に立ち寄り客用の休憩スペースらしき部屋があり、テーブルと椅子が設置されています。手前の白いテーブルクロスのところまでは土足のままで入ることができます。奥の小上がりの半分ほどはブルーシートが引いてあり、上に服がかけられているところを見るとどうやら乾燥室代わりに使われているようです。その隣のクロスがかかっていないテーブルは、自炊場所なのかもしれません。


IMG_3500_201910091747493b8.jpg
一般的にはこういう休憩スペースのあるところに受付があるものですが、この小屋は入口付近にスタッフが常駐する場所はありません。休憩スペースの壁に販売品の陳列棚があり、何がいくらで売られているのかがわかるようになっています。


IMG_3510_20191009174737eb6.jpg
カップラーメンは、お湯なしで400円、お湯いれで500円でした。


IMG_3511_2019100917473888d.jpg
ドリンク類はこういう感じです。


IMG_3502_201910091747326b0.jpg
コーヒー、ココアが500円で、注文したい場合はベルを鳴らしてスタッフが出てくるのを待つというシステムのようです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_3512_2019100917474059f.jpg
入口からまっすぐ奥に続く廊下を進んでいくと、左右に広い板の間があります。二ノ池側になる左手が食堂として利用されていますが、5人用の座卓が3セットあるだけなので、定員は15名ということなんでしょうか。反対側は円卓が1つ置かれているだけで、スタッフの食事用に使われているようです。受付はこの右奥にある厨房の入口にカウンターが設置されていて、宿泊手続きなどもそこでします。


僕が宿泊手続きをしたのはちょうどお昼を回った頃でしたが、立ち寄り客が1組いただけでとくに混雑している状況ではありませんでした。しかし、宿泊者カードに必要なことを記入して朝夕食の確認をされた以外は、トイレの場所、乾燥室の有無、売店の説明などなにもなく、食事の時間の説明があっただけでした。当日は山岳ライターの小林千穂さんのトークショーがあるとかで、通常18時からの夕食が17時30分に繰り上げになるということだったのですが、受付時は18時と説明されあとで訂正されて知ったという状況でした。


IMG_3485.jpg
宿泊棟は食堂などがあるところから短い階段を上がった棟続きになります。8畳間のほかに4畳や6畳などの部屋がいくつかあったようですが、単独の男性は8畳間に詰め込まれ、グループは別の部屋という割り振りでした。8畳間でも定員は7名となっていたので、きつきつではなかったのものの、他に空室もあったようなので、もう少しゆったりめに部屋を割り振ってくれてもよさそうなものなのにと思わないでもありません。まあ、掃除する部屋が増えるとめんどうだからとか、いろいろと理由はあるのでしょう。


IMG_3486.jpg
トイレは屋内のみで、男女兼用です。外トイレはなく、外来の利用は有料のようです。日帰り登山者なら、二ノ池山荘に有料の外トイレがあるので、そちらを使うのがよさそうです。入って正面に男性小便器がならび、左手奥に個室が4つ。水洗ではありませんが、一番手前は洋便器でした。夏でしたが、トイレは臭いもきつくないしきれいに掃除されていました。


IMG_3492.jpg
トイレ前に流しがあり、蛇口もついていますが、宿泊時は水不足だとかで、ポリタンクの水を使用するようになっていました。


IMG_3513_2019100917474118e.jpg
御嶽山山頂部には水場がなく、二ノ池ヒュッテでは宿泊者にも水のサービスはありません。ドリンクバーがあり、300円で宿泊中は自由にコーヒーやらお茶が飲めるシステムらしいのですが、受付時に何の説明もなかったので、ドリンクバーの存在を出発するときまで知らず利用できませんでした。


水が必要な場合は、ペットボトルの水を購入しなければなりません。水の確保が難しい稜線上に立つ山小屋でも宿泊者には1リットル程度の水のサービスはしてくれるところが多いものですが、ここは無料のサービスはありません。食事時に温かい麦茶の無料サービスはありますが、薬を飲みたいのでコップ1杯の水をもらえないかとスタッフに聞いたら、水は買ってくれとあっさり断られました。お茶は無料だが水は有料という不思議な小屋です。


IMG_3514_201910091747435bd.jpg
食堂の脇にテレビとわずかな雑誌や本が置かれていますが、十分な暇つぶしができるというほど充実しているわけではありません。テレビは、御嶽の自然を紹介するようなビデオが流れていたみたいですが、天気予報など登山者に役立つものを流してもらいたいものです。


IMG_3493_201908231158232fb.jpg
食事については、味はよかったです。ただ、夕食は量が少なく、どちらかといえば女性受けを意識したメニューのようで、自分には物足りなさが残りました。詳しくは山行記録のほうに書いてあります。朝食は一般的な和風のメニューで、夕食よりは満足感がありました。


味のほうはいいとして、5人で座る座卓がけっこうせせこましくて、食事環境はお世辞にも快適とはいえない状況でした。夕食時、廊下を挟んだ反対側にある円卓が空いていたので、そちらに座って食べようとしていました。他に2人ほどいたのですが、大きな円卓なのでゆったりと座れて快適でした。ところが、5人席のテーブルのほうに移ってくれといわれて、肩を寄せ合うようなせせこましい状況で食べさせられたのでした。その理由が、登山者同士コミュニケーションをとって楽しく食事をして欲しいからだとかなんとか。それこそ余計なお世話で、混雑した大衆食堂の相席のような状況で食べさせられるほうが全然楽しくないわけです。女性オーナーだからなのか知りませんが、どうも登山者に価値観を押し付けるようなところが感じられ、食事に限らずサービスのあり方全般に客のニーズにこたえようという発想があまりないような気がしました。まあ、個人オーナーの宿ですから、自分の望むサービスを提供したいというのならそれは自由ですが、すこし独善的過ぎると感じます。


施設充実度については、小屋前のテーブル&ベンチ、無料の水場、屋外トイレ、雨をしのげる庇付きベンチのうち、小屋前のベンチだけしかないので評価1です。小屋のつくりのせいなのか、なんとなく外来の登山者はあまり歓迎していない雰囲気があります。サービス精神旺盛な五ノ池小屋とは正反対の小屋作りという感じです。


ロケーション的には、二ノ池ヒュッテは北向きのなだらかな斜面に立っていて、二ノ池は背後にある斜面の向こう側にあるため、小屋の中から見ることはできませんし、剣ヶ峰も山頂部がわずかに覗いている程度です。反対側の三ノ池方面はなだらかな斜面の先に賽の河原を挟んで摩利支天山が見えますが、横に長い台形の山なので展望としては特徴のない平凡な風景といえます。御嶽山山頂部で撮影をするためのベースにするなら、すぐ前に二ノ池がある二ノ池山荘か、むしろ五ノ池山荘まで離れたほうが剣ヶ峰などの撮影にはいいのかもしれません。


総合的に見て、宿泊者に対するホスピタリティもあまりいいとは感じませんでしたし、快適だったわけでもなく、ロケーション的にいいというわけでもないので、お勧めできる山小屋とはいえないというのが正直な感想です。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












関連記事
スポンサーサイト



| 山小屋通信簿 | 18:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV