FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

100WソーラーパネルでPS5Bを充電してみた

世間では三連休ですが、16日が仕事でつぶれてしまい、普通の週末となってしまいました。今日は天気も良いし山に行くつもりでしたが、疲れて朝起きられず、しかもまた腰を痛めてしまい、休養日となってしまいました。


というわけで、数日前に届いたばかりのsuaoki 100Wソーラーパネルでポータブル電源PS5Bを充電してみることにしました。


ちょうど千葉で台風被害による停電が続いていて、それであわてて購入したと思われそうですが、今回はたまたまアマゾンのタイムセールで安くなっていたので購入したというだけで、偶然のタイミングでした。災害はいつ来るかわからないので、安くなったときが買いどきだということで購入したのですが、千葉のニュースを見て買ってよかったと思ったしだいです。


IMG_3856.jpg
購入したのは100Wの発電能力を持つパネルです。フレキシブル基盤なので柔軟性があり、ある程度の曲面であればぴったりと沿わせて設置することができますが、逆に言えば壁に立てかけるようにして使うにはちょっと不安定です。もっとも、ふにゃふにゃではないので、垂直に近い角度なら写真のように縦方向でも立てかけられますし、横向きにすればもう少し寝かせて立てかけても大丈夫です。


サイズは、940x690x2.5 mmとなっていて、けっこう大きいです。車のフロントガラスの内側に立てかけてみようとしたら、大きすぎて無理でした。重さは2.4kgなので持ち運びに苦労するわけではありませんが、自宅に置くか、車で持ち運びするという使い方になります。


なぜもっと小型で使い勝手のよさそうな50Wぐらいのパネルにしなかったかというと、基本的に外出するときに使うことはないだろうという理由です。外出時は運転中にシガーソケットから充電すれば良いし、いままでの経験で外出先でそれほど大量の電力を消費することはないので、自宅で使うことが前提であれば使い勝手よりも発電量が大きいほうがメリットが大きいという理由です。発電量が大きければ短時間で充電できるし、曇り空でも小さなパネルよりも発電量が確保できるわけで、災害時のことを考えると発電量の大きいパネルにしておいたほうがいいだろうというわけです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_3857.jpg
バッテリーに充電するにはソーラーケーブル(MC4接続コネクタ)が必要ですが、PS5Bには付属でついてきたので、今回はソーラーパネルのみを購入しました。ひとまず、ケーブルを接続してフロントガラスに立てかけて発電状況を確認してみます。


IMG_3858_201909141238415be.jpg
この状態ではパネルが太陽の向きよりも下を向いていますが、発電量は60Wとまずまずでした。


IMG_3863_2019091412384415d.jpg
次に、車の屋根に平置きにしてみます。


IMG_3862.jpg
発電量は59Wで、先ほどとほぼ同じです。


IMG_3864.jpg
ということで、ほとんど雲のない晴天下で、ただいま充電中です。この状態が続けば、5時間ほどで満充電になりそうです。


IMG_3866.jpg
3時間半後の15時40分に確認してみると、充電は最後の1メモリ分を充電している途中でした。発電量は、だいぶん日が傾いたため32Wに減っていました。やはり60Wぐらいの高出力が得られるのは、お昼前後の2時間ぐらいだけのようで、8時から16時までの8時間充電したとして、晴天の日でも平均すると40Wぐらいなのかもしれません。それでも、40Wで8時間なら320Wの充電が可能なので、容量400WのPS5Bなら9割ぐらいは充電ができるわけです。もっとも、パネルの向きをちゃんと太陽の方向に向けてやればより効率よく発電できるでしょうから、平均値はもう少し高くなると思われます。であれば、8時間あればほぼ満充電できるといえそうです。ちなみに、後日曇りの日に充電してみたところ、正午時点で明るい曇りでおおむね20~25Wぐらい、暗い曇りで5~10Wぐらいの発電量でした。


結局、約4時間30分後には車が日陰になってしまって発電ができなくなったので、充電を終了しました。4時間半では満充電にはいたりませんでしたが、おおむね2.5メモリ分200Wぐらいは充電できたようです。


停電で熱帯夜に電気が使えなくても、容量400Wのポータブル電源があれば扇風機や車載ができる小型冷蔵庫ぐらいは動かせますから、寝苦しい夜でもなんとかしのぐことができそうです。


これが50Wのパネルなら平均20W程度ということになるわけで、8時間充電してもせいぜい160W程度の充電しかできないことになります。そうであれば、今回の千葉のような状況になったらせっかくのソーラー発電も十分役に立たないということになりかねないので、最低でも100Wのパネルを持っていたほうがいいといえそうです。









ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












関連記事
スポンサーサイト



| 車中泊アイテム | 12:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV