FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

台風直前! つかの間の晴天狙いでアタック: 御嶽山その2 

2019年8月13日(火)~14日(水) 長野県木曽町 御嶽山(標高3067m) 小屋泊単独行 


17日は山に行こうと思っていたのですが、さすがにまだ疲れが取りきれていないらしく、早起きできなくて中止となりました。腰もなんだか痛いし、おとなしく療養したほうがよさそうです。


ということで、御嶽山のレポの第2弾です。


IMG_3364_2019081722530117d.jpg
4:14 駐車場を出発します。僕が出発する少し前に、2組の登山者が先行しましたが、僕の後に出発しそうな動きは見られなかったので、どうやら後ろから来る人を気にせずマイペースで登れそうです。


IMG_3365_201908172253037df.jpg
初めて歩く道なので、間違わないように道標をちゃんと確認して進みます。


IMG_3366_20190817225304927.jpg
2分ほど歩いたところに祠がありました。さすが信仰の山です。


IMG_3367_201908172253058c5.jpg
普通の登山道かと思いきや、登り坂になるとすぐに木の階段になりました。この手の階段はたいてい急な部分にだけ設置されているものですが、この登山道は傾斜に関係なく行けども行けども階段が続きます。段差が大きくないので歩きやすく、多くの信者さんが登りやすいように整備されたものなのかもしれません。


IMG_3368_2019081722530796f.jpg
4:30 鳥居と祠が現れました。出発してまだ15分しかたっていないのに、すでに2つの祠があったわけで、他の信仰対象となっている山よりも信仰の深さがちょっと違うような感じです。


IMG_3370.jpg
振り返ると、真っ暗だった空が群青色に変わり、下のほうはわずかに赤く色づいていました。


IMG_3371_201908172255137eb.jpg
祠を過ぎて10分ほど行くと、登山道の傾斜がきつくなってきました。木階段はあいかわらず続いています。


IMG_3373_201908172255146b5.jpg
4:49 空の赤みが増えて、日の出の時間が近づいて来たようです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_3375_201908172255164e4.jpg
4:58 前方に小屋が見えました。行場山荘だと思ったら、違いました。


IMG_3376_20190817225517492.jpg
八海山支店という営業していない小屋でした。中の湯から南西方向の白川方面に下ったところに、八海山小屋というのがあるようなので、そこの支店だったのかもしれません。


IMG_3379_201908172255205bc.jpg
小屋の横を通って反対側に出ると、ちょっとした広場になっていて、その一角にまたまた祠が祭られていました。隣に鐘がありますが、信者さんが登ってくるときに各祠で読経しているようで、そのときに鐘を鳴らしているみたいです。僕は単なる登山者なので興味本位で鐘を鳴らすことはしませんでしたが、中には意味もなく慣らしている登山者もいたりして、良いのか悪いのかどうなんでしょうか。


八海山支店で10分ほど休憩して、出発しました。八海山支店から先は、登山道の傾斜が緩くなり、楽に歩けるようになりましたが、それでも木階段は続きます。


IMG_3380_2019081722552247f.jpg
気がつけば、太陽が顔を出していました。


IMG_3381_20190817225523e0f.jpg
5:19 ロープウェイへと続く道との合流点に来ると、前方に小屋が見えました。


IMG_3382_201908172255256d8.jpg
行場山荘です。国土地理院地形図には、先ほどの八海山支店が飯森小屋、こちらの行場山荘が一の又小屋と記載されています。昔の名前で出ていますということなんでしょうか。


IMG_3383_2019081722552652c.jpg
小屋の手前、左手に有料公衆トイレあり。中は覗いていませんが、外から見た限りでは比較的新しくきれいそうです。ロープウェイの観光客がこのあたりまで散策に来るので、トイレもそれなりにきれいな状態だろうと思います。


IMG_3384_20190817231706272.jpg
朝早いので小屋はまだ閉まっていました。小屋の脇を通って奥へと進みますが、小屋脇にベンチがあって休憩することができます。登山道は小屋の右側を通っていますが、写真は振り返って撮ったので小屋が右側になっています。


IMG_3385_20190817231708080.jpg
小屋の奥、右手に「開山覚明行場跡覚明社」というお堂がありました。行場山荘の名前の由来のようです。


IMG_3386_20190817231709283.jpg
行場山荘では休憩せずに先を急ぎます。


IMG_3387_20190817231711fda.jpg
山荘からひと登りしたところが七合目でした。


IMG_3389_201908172317125b6.jpg
七合目から上も、あいかわらず木階段が続きます。段差が小さく間隔が狭いので歩きやすく、登山口からずっとこの階段を整備したことを考えると、その労力にただ驚くばかりです。


IMG_3390_20190817231714cb1.jpg
6:03 途中で展望が開けている場所があり、振り返ると輝く太陽の下に雲海が広がり、島のように浮かぶ山並みが絶景を作り出していました。


IMG_3392_20190817231715957.jpg
この場所から八合目まで400mなので、もうそれほど遠くありません。傾斜も比較的緩いので、楽に行けそうです。


IMG_3393_20190817231717c11.jpg
6:18 八合目の女人堂に着きました。


IMG_3394.jpg
山小屋の前にはテーブルつきベンチも設置されていて、大休止をとることにしました。


IMG_3395_20190817231720afb.jpg
ベンチに座ると、正面に剣ヶ峰が見えました。


IMG_3396_2019081723183697c.jpg
手前の岩山の途中にあるのが石室山荘です。剣が峰は左奥に見えているピークですが、奥社のある山頂は見えていないようです。


IMG_3398_20190817231838e2f.jpg
ここから先は念のためにヘルメットをかぶって行きます。小屋に宿泊予約をしたときにも、ヘルメットを持参するように言われました。ヘルメット装着は義務ではありませんが、指導事項とされているようです。実際、多くの登山者がヘルメットを装着していました。


IMG_3400.jpg
三の池から女人堂に直接下ることのできるコースは落石のため通行禁止になっていました。このコースが使えれば下山時にかなり楽なのですが、仕方がありません。


IMG_3402_20190817231841133.jpg
この石碑のようなものは、○○霊神と文字が彫られていて、お墓なのかなんなのかわかりませんが、信仰心の篤さを感じさせられました。

つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング











関連記事
スポンサーサイト



| 2019年8月 御嶽山 | 23:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV