FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

山小屋通信簿: 白山荘

山小屋通信簿は、清潔さや快適さなどの一般的な項目の他に、ヤマふぉと派の観点から撮影山行基地としての評価も加えた山小屋の評価です。各評価項目を5段階で審査し、合計点数の平均(端数は四捨五入)が総合評価です。

評価項目
●清潔度:小屋内の部屋や食堂、トイレ、布団など、清潔に保たれているかどうかももちろんですが、小屋周辺の状況やごみの処理なども含みます。
●快適度:小屋内で過ごす時間を快適に過ごせるかどうかです。乾燥室の場所や利用時間、自炊場所の有無と位置、談話室の有無と居心地、本や暖房などの設備をチェックします。
●ホスピタリティ:宿泊や幕営の申込み、売店の対応など従業員の応対をチェックします。
●食事のうまさ:朝食夕食だけでなく、昼食メニューなどボリュームや味をチェックします。ただし、食べたものにもよるのでかなりいい加減です。基本的にあまりグルメではないので、味については甘い評価かもしれません。
●施設充実度:宿泊客以外の登山者が利用できる設備についての項目です。小屋前のテーブル&ベンチ、無料の水場、屋外トイレ、雨をしのげるひさし付きベンチがそろっていると評価5です。1種類ないと4、2種類ないと3、3種類ないと2、まったく無いのは1です。
●ロケーション:写真を撮るためのベースとして、立地条件などを評価します。ただし、立地条件は変更しようがないので、3以上の評価とします。

評価基準
5:非常に優れている
4:良い
3:問題ない
2:いま一歩
1:改善が必要

●白山荘
清潔度:5
快適度:3
ホスピタリティ:3
食事のうまさ:-
施設充実度:5
ロケーション:4
総合評価:4


白山荘は、白山室堂にある山小屋です。利用したのは2018年10月14日で、営業終了直前の時期でした。


白山荘という名前がついているので独立した山小屋のような雰囲気ですが、室堂の宿泊施設の一部で、自炊宿泊者専用棟になります。冬期避難小屋としても利用されます。食事付宿泊者は別棟になるみたいで、そちらにも違う名前がついているのでしょう。



hakusanbestguides.jpg
白山室堂に宿泊する場合は、白山室堂予約センターに電話で予約を入れます。以前は2日前までに電話で予約などと上から目線の態度だったような記憶がありますが、最近は前日予約も受け付けるようになりました。予約状況などの詳しい情報は白山観光協会が運営している「白山ベストガイド」というサイトで確認できます。このサイトは、名前の通り白山に関する様々な情報を掲載しているので、道路状況、予約状況、天気予報など必要な情報をまとめて入手できます。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




宿泊受付は白山ビジターセンターでまとめて受け付けていますが、なんと午後1時からでないと受け付けてくれません。なので、早めに着いて、荷物を小屋に置いて白山に登りに行くつもりなら、行動用の小型バックパックを持っていく必要があります。荷物は、ビジターセンター内のロビーの隅などに置かせてもらうか、外の軒下などに置いておくしかありません。


また、ビジターセンター内の売店でコーヒーなど頼むと、カップは自分で持ち帰れとずいぶん傲慢な商売をしてくれます。缶ジュースなどの場合も、空き缶は持ち帰れといわれるのかどうか知りませんが、見た限りではゴミ箱は設置されていなかったので、買ったものはすべて持ち帰らせようというのが、ここのスタンスのようです。無人の山小屋ならいざ知らず、有人の山小屋でこのスタンスはちょっと理解に苦しみます。ちなみに、レストランで食事をした場合は、丼や皿は回収しているようです。


なぜこのスタンスに不満があるのかというと、「容器包装リサイクル法」において、「容器」「包装」(商品の容器及び包装自体が有償である場合を含む)を利用して商品を販売する事業者や、容器を製造・輸入する事業者は、「特定事業者」として再商品化義務を負うと法律で定められているからです。再商品化というのは、簡単に言えば容器・包装を回収してリサイクルするということです。スーパーで牛乳パックや白いプラスチックトレイを回収しているのは、この法律のためです。つまり、白山ビジターセンターも、「容器」「包装」を利用して商品を販売する事業者である以上、特定事業者としてこの義務を果たさなければいけないのに、登山者に容器の回収を押し付けているという点が問題だと思うわけです。ゴミ持ち帰り運動などと聞こえのいいことを言っているようですが、たんなる法律違反であり、義務の放棄にすぎません。法律にのっとって回収もしつつ、持ち帰りに協力をお願いするというのなら理解できますが、一方的に回収しないから持ち帰れというのでは、違法行為でしかありません。


IMG_1426_20190721130040af0.jpg
白山荘は、ビジターセンター裏口(白山神社側)を出て、左側にあります。


IMG_1427_20190721130041881.jpg
白山荘入口の向側、ビジターセンター横に水場が設置されています。ステンレスのシンクもある立派な水場です。


IMG_1356_20181030120450d8c.jpg
中に入ると、中心にコンクリート土間があり、自炊用の長テーブルと椅子が設置されていて、宿泊場所は左右の壁沿いにあります。


IMG_1355.jpg
宿泊場所は小屋側で決められ、中に入ると自分の宿泊場所に専用の寝具が用意されていました。通常の山小屋であれば、宿泊者がいようがいまいが寝具はすべて用意された状態ですが、ここでは個別対応でした。営業終了直前で寝具はすでに倉庫にしまっていて、必要に応じて出すということだったのかもしれません。なお、入口横に布団部屋があり、寒ければ自分で毛布を出してくればいいようです。


IMG_1357_20181030120451a8b.jpg
小屋内にストーブが設置されていて、氷点下にまで気温が下がることもある10月の白山で凍えるような寒さを感じないですみます。とはいえ、ストーブ周囲には立ち入り禁止のテープが貼ってあり、ストーブのそばで暖を取るということはできません。なお、就寝時間になると自動でストーブは消火され、朝は自動で点火されているようです。


小屋の設備ですが、小屋内にはトイレ、水場はありません。水場は小屋を出たところ、トイレはビジターセンター正面入口横の外トイレを利用します。白山ベストガイドのサイトには、外トイレは簡易水洗と汲み取り式の2つがあると書かれていますが、白山荘から近いトイレは汲み取り式です。簡易水洗トイレがどこにあるのかはわかりません。また、自炊専用棟ということで、談話室もないし、乾燥室もありません。濡れた雨具などは、入口ホールの一角にクローゼットのような場所があるので、そこにつるしておくということになるようです。まあ、空いていれば室内に持ち込んでもよさそうですが。


IMG_1300s.jpg
施設充実度については、小屋前のテーブル&ベンチ、無料の水場、屋外トイレ、雨をしのげる庇付きベンチがすべてそろっているので、評価5です。庇つきベンチに関しては、ビジターセンター棟の周囲のテラスにベンチとテーブルも置かれているので、多少の雨なら濡れずに休憩することもできます。


ロケーション的には、ほぼ独立峰といえる白山を撮影して回るための基地となる場所であり、他の山も撮影して回ることができるバリエーションが豊富な立地ではありません。ただし、釈迦岳や大倉山、七倉山あたりまでなら日帰りもできそうなので、いろいろな方向から白山を撮影することもできるという意味では、それなりにいいロケーションだと思います。健脚なら、別山まで日帰りもできるかもしれません。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












関連記事
スポンサーサイト

| 山小屋通信簿 | 13:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV