FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

シグマからコンデジサイズのフルサイズカメラ開発発表

sigma_fp.jpg
7月11日にSIGMA fpというカメラが突然発表されました。詳しくは、デジカメウォッチの記事に出ています。


驚くことに、112.6ミリ×69.9ミリ×45.3ミリ、重さ370gというコンデジなみのコンパクトボディに、2460万画素のフルサイズセンサーを押し込んだカメラです。しかも、いままで3層構造のフォビオンという独自センサーを採用していたシグマが、初めて一般的なベイヤー配列のセンサーを搭載してきました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




そのため、ISOも標準で100-25600、拡張で6、12、25、50、51200、102400が使えるそうです。高感度側は他社のカメラは標準で51200が使えるレベルなので同等とまではいえないまでも、いままで高感度がめっぽう弱かったフォビオンセンサーからすれば、やっとキヤノンやニコンと比較検討することができるレベルになったわけです。


逆に、低感度側は最低ISOが6というから驚きです。低感度側はISO50というのが一般的ですから、競合他社に比べてアドバンテージになる点です。そんな低感度をどんなときに使うのかと思う人もいるでしょうが、明るい昼間に長いシャッター速度を設定したような場合に、今までならNDフィルターなどで光量を落としてやる必要がありましたが、NDフィルターなしで撮影できるわけです。たとえば、滝を滑らかな布のように撮影するとか、雲の動きを表現するといったことが、日中にカメラだけで撮影できる可能性がでてきたというわけです。もっとも、拡張感度なので画質がどうかというのが気になるところです。


現段階では開発発表なので、実際にどのような性能なのかは実機が出てみないとわかりませんが、小型軽量のフルサイズカメラを待ち望んでいる身としては、キヤノンRPよりも興味をそそられるのも事実です。今秋発売予定とのことなので、楽しみに待ちたいと思います。




ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












関連記事
スポンサーサイト



| 写真ネタ・ニュース | 18:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV