FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

GW対策第4弾 蒜山三座縦走 往復8時間半: 蒜山その3

2019年4月13日(土) 岡山県真庭市 上蒜山(標高1202m) 単独日帰り 


IMG_2716.jpg
13:31 疲労感で重くなった腰を気合で上げて、下山にかかります。下蒜山登山口までの長い下山の始まりです。


IMG_2718.jpg
北側斜面に残る残雪を見ながら、下っていきます。


IMG_2719.jpg
尾根の末端から、中蒜山と下蒜山を一望することができました。これから左奥に見える下蒜山を越えて、さらにその向こうにある登山口まで帰らなければならないのかと思うと、どんよりとした気分になってきます。


IMG_2720_20190426195148336.jpg
13:53 中蒜山との鞍部まで下りてきました。目の前の中蒜山への登り返しを見てやや力が抜けかけましたが、とりあえず目の前の中蒜山への登り返しだけを考えて足を進めました。



IMG_2721.jpg
雪解け水が流れる登山道を淡々と登っていきます。


IMG_2722_20190426195151b05.jpg
雪渓が現れるようになると、雪渓を避けて登山道脇の歩きやすいところを探しながら進みます。


IMG_2723.jpg
登山道は左側の雪渓のある場所ですが、右側にも雪渓がありそちらのほうが雪もしまって歩きやすかったので、右側を登りました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_2724.jpg
14:17 中蒜山までもどってきました。さすがに14時をまわると誰も居ません。とりあえず、ベンチに座って残しておいたおにぎりをほおばりました。


IMG_2725_20190426195156272.jpg
14:31 もっとのんびりと休憩したいところですが、中蒜山から下蒜山登山口まで3時間かかるとみているので、疲れた体に鞭打って歩き始めました。


IMG_2727_20190426195335a93.jpg
15:01 中蒜山を下りきって、下蒜山との最低鞍部になるフングリ乢まできました。肉体的にも精神的にももう下山完了したような感覚ですが、ここからさらにひと山越えていかなければなりません。


IMG_2728.jpg
往路で休憩した小ピークへの登り返しがけっこう急斜面で疲れたので、再び小ピークで休憩をとりました。


IMG_2729.jpg
残しておいたアミノバイタルのマスカット味を味わいながら飲みました。のどの渇きと空腹感をある程度満たすことができると少し元気もでてきました。


IMG_2730.jpg
15分ほど休憩してから、下蒜山に向かいます。


IMG_2731_201904261953406c1.jpg
登山道脇にちらほら花が咲いていて、つらい登り返しの途中ですこしいやされました。これはコブシの花だと思われます。


IMG_2732_20190426195342cb2.jpg
冬枯れの味気ない森の中でコブシの白い花が彩りを添えます。


IMG_2733_20190426195343846.jpg
足元にはカタクリも咲いていました。


IMG_2735_20190426195344270.jpg
途中、カタクリの群落がありました。往路では気がつかなかったのが不思議です。


IMG_2739.jpg
こういう群落を初めてみましたが、なかなか華やかです。


IMG_2741.jpg
緩やかな尾根道が階段の急坂に変わりました。これを登りきれば1050mの小ピークで、その先は平坦な尾根を経て下蒜山直下の登りをこなせば山頂です。


IMG_2742_201904261955495c7.jpg
16:07 最後の急坂を登り終えて、ようやく1050m小ピークまで来ました。ここまでくれば、もう登りはほぼ終わったようなものです。


IMG_2743.jpg
ほぼフラットな尾根道を歩き、最後の登りに取り付きます。


IMG_2744_2019042619555294e.jpg
16:22 やっと下蒜山まで戻ってきました。


IMG_2746_20190426195554f8d.jpg
往路では通過してしまって写真を取っていなかったので、最後に自撮りしておきました。


IMG_2749.jpg
とりあえずベンチに座って疲れた腰を休ませます。1.5リットルもってきた水も、残りは100ccほどです。45度の壁を下り終えたら飲むことにして、ここでは飲み干さず残しておきました。


IMG_2752_20190426195557a5a.jpg
逆光になった大山山系まで濃淡のある山並みが続いていて、墨絵のような美しさです。


IMG_2753.jpg
16:37 いいかげん歩くのが嫌になりかけていましたが、歩かなければ帰れません。下山開始です。


IMG_2755.jpg
下蒜山の登山道はけっこう急傾斜なので、膝痛が出ないように気をつけながらゆっくり下ります。


IMG_2756_20190426195601a1f.jpg
45度の壁の上まで下りてきました。気合を入れなおして壁を下ります。


IMG_2758.jpg
雲居平までおりてくると、ほっとしました。あとは淡々と下るだけです。


IMG_2763.jpg
17:43 膝と足裏に少し痛みを感じ始めた頃、登山口まで戻ってくることができました。朝9時に出発して、往復で約8時間半の山行となりました。久しぶりの長時間山行で、さすがにぐったりです。しかし、GW直前のトレーニングとしては、それなりに実のある山行になったと思います。


ちなみに、蒜山三座を往復した場合の累積標高差は、以下の通りです。

*往路*
下蒜山登山口 510m -> 下蒜山 1100m  標高差 590m
フングリ乢 815m     -> 中蒜山 1123m  標高差 308m
ユートピア鞍部 985m  -> 上蒜山 1202m  標高差 217m
累積標高差 1115m


*復路*
ユートピア鞍部 985m  -> 中蒜山 1123m  標高差 138m
フングリ乢 815m     -> 下蒜山 1100m  標高差 285m
累積標高差 423m

往復累積標高差 1538m

20190420hiruzensanza1.jpg

20190420hiruzensanza2.jpg

20190420hiruzensanza3.jpg



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング











関連記事
スポンサーサイト



| 2019年4月 蒜山三座 | 20:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV