FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

春の陽気で快適登山: 烏ヶ山その1 

2019年2月24日(日) 鳥取県江府町 烏ヶ山(標高1448m) 日帰り単独行 


1週間前の三嶺ではまだまだ厳冬期の厳しさがありましたが、わずか1週間で季節は一気に様変わりしました。腐れ雪になる前に残り少ない雪山を楽しもうと、伯耆大山の隣にある烏ヶ山を訪れました。


最初は伯耆大山のほうに行こうかと思ったのですが、先週の三嶺で痛めた右足の調子が悪化すると困るし、標高の低い山から雪がなくなるので、行動時間が短くて脚への負担が少なく標高が低い烏ヶ山に登ることにしたわけです。


装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤー: ノースフェイス L/S ハイブリッドパラマウントメッシュクルー
 ベースレイヤ: マムート アタカソジッププルAF
 ミドルレイヤ: なし
 ソフトシェル: マムート アルティメイト V ライト SO フーデッドジャケット
 ハードシェル: マムート オールラウンダージャケット
 インサレーション: バーグハウス ラムチェハイパーダウンジャケット
 グローブ: マムート メリットパルスグローブ
       モンベル OutDryオーバーグローブフィット
 キャップ/ハット: マムート ストーニービーニー

●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: ノースフェイス ウォームトラウザーズ
 ミドルレイヤ: なし
 ハードシェル: マムート ゴアテックスグレイシャープロパンツ
 ソックス: BVD 5本指化繊ソックス
       ノンブランド ウールソックス
 シューズ: シリオ 712GTX

●ギア
 バックパック: マムート トリオンプロ35+
 ストック: ブラックダイヤモンド トレイルコンパクト
 ヘルメット なし
 ワカン: エキスパート・オブ・ジャパン スノーシューズL


IMG_2300_20190227214011615.jpg
先週と打って変わって暖かい残雪期の春山状態になるとのことで、2点新製品を投入しました。


jacket1.jpg
1つ目は、薄手のソフトシェル マムート アルティメイト V ライト SO フーデッドジャケットです。アルティメイトフーディーがけっこう厚手で保温力があるので春山ではもう暑くて着ていられないだろうということで、薄手のウィンドストッパー素材のシェルで安価でいいのはないかと探していたら、昨年末のセールでこれを見つけたというわけです。薄手だけど脇下のベンチレーションもあるし、登りでは大汗をかきがちな春山でも着たまま行動することができ、いい買い物ができたと満足してます。


jacket02.jpg
2つ目が、バーグハウス ラムチェハイパーダウンジャケットです。かなり薄手のダウンジャケットですが、850フィルパワーのグースダウンに耐久撥水加工が施されたハイドロダウンが50g充填され、総重量はわずか179gという軽さです。年末の塩見岳で、ラムチェダウンがコンパクトにならず行動時用の保温着を持っていけなかったことで、軽量でコンパクトになる保温着が必要だなと思い購入しました。日帰り登山ではいままではノースフェイスのレッドポイントライトジャケットを使っていましたが、重量が約300gほどあるので、ラムチェダウンと一緒に持っていくには重過ぎるというわけです。夏の高山でも使えるでしょうから、年間通して使えそうです。


新しい山用品は原則マムートを買うことにしていますが、ダウンに関してはマムートに要求を満たすものがなかったこともあり、ちょうど半額セールになっていたこのダウンを購入しました。正月に使用したラムチェダウンがすこぶる優秀だったこともあり、同じラムチェシリーズなら間違いないだろうということもありましたが、今回は使う機会がありませんでした。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_2301.jpg
8:49 休暇村鏡ヶ成の駐車場を出発します。まだスキー場も営業していたので、車は半分ほど埋まっていて、登山客もちらほら見かけました。


IMG_2302.jpg
キャンプ場前の交差点から森の中へ入ります。ちゃんとした登山口ではなく道標もなにもありませんが、積雪期は事実上ここが登山口のようなものです。ただし、ここから入るとテープもほとんどなく道標もないので、自分でルートファインディングしながら通行止めになっている正面登山道を行くことになるので、道迷いのリスクがあります。また、南峰山頂直下で崩落箇所を通過することになります。けっこうリスクのあるナイフリッジを通過するので、安全に登りたい方は新小屋峠ルートを利用することをお勧めします。


思ったよりも雪がやわらかく、道路から入ったところですぐにワカンを装着して森の中へ入りました。


IMG_2303_20190227214016dfb.jpg
比較的新しそうなシールをつけたスキーのトレースがあったので、とりあえずそのトレースをたどっていくと、どうも進む方向が違う感じがしたので、すぐにトレースを外れて右手方向に進みました。正しくは森に入ってすぐ右折するのが最短ルートなのですが、とりあえずまっすぐ進んで谷が見えたら谷に沿って右へ登っていくというのがわかりやすいかもしれません。


IMG_2304_20190227214017626.jpg
しばらく進むと明確なトレースがあったので、谷に沿って上流に向けてトレースをたどります。


IMG_2305_20190227214019f7e.jpg
冬枯れの森の向こうに烏ヶ山が見えます。


IMG_2306_2019022721402083e.jpg
9:19 谷を渡ります。そこそこ深い谷で斜面もそれなりに急ですが、雪が深いしステップもできているので問題なく通過できました。


IMG_2307_2019022721402263c.jpg
ちょうど谷が二股になっているところを渡り、左の小さい谷の中を登っていきます。トレースは途中から急斜面を右岸のほうに登っていましたが、もう少し上流に行けば谷が浅くなり楽に登れるので、トレースは無視してさらに上流に向かいます。


IMG_2308_20190227214036eb3.jpg
谷が浅くなったところで右岸に上がりました。何の道標もなく、トレースもない雪の森の中を谷に沿って進んでいくと、赤テープがありました。しかし、この後は赤テープがなく、テープナビは期待できません。基本的に谷に沿って進めばいいので、テープナビは探さずに歩きやすいところを進めばOKです。


IMG_2309.jpg
やがて、先に右岸に上ったトレースに合流しました。足跡の向きを見ると下りのトレースのようなので、道がわからずに適当に歩いているトレースではなさそうです。なので、このままトレースをたどることにしました。


IMG_2310_201902272142554f5.jpg
展望のない針葉樹の森の中を登って行きます。ゆるい勾配の森なので、汗ばむようなこともなく楽に歩けます。


IMG_2311_20190227214257474.jpg
9:48 ようやく針葉樹林が終わり、明るい広葉樹の森になりました。


IMG_2312_20190227214258162.jpg
風がわずかにありますが寒いということもなく、陽射しも燦燦と降り注ぐ割に暑いということもなく、ちょうどいい快適な状況です。すっきりと晴れ渡った青空もきれいで、今日は最高のコンディションといってもいいぐらいです。


IMG_2314_201902272142590d4.jpg
標高1100mを越えてくると、次第に尾根の傾斜がきつくなってきました。ワカンで登るのが次第にきつくなってきたので、そろそろクランポンに交換する必要がありそうです。


IMG_2315.jpg
9:59 木の根元に少し平坦な場所があったので、ここで小休止をとり、ついでにワカンからクランポンに交換することにしました。ここまでに会ったのはスキーを履いたソロの男性一人だけです。すぐに滑り降りて行ったので、ほぼ誰にも会っていないという状況です。大山ではなく烏ヶ山にして正解でした。


IMG_2316.jpg
クランポンを装着し、ストックからアックスに持ち替えて出発です。標高が高くなって雪がしまってきたので、もうワカンでなくても踏み抜くようなこともありません。


IMG_2319_201902272143049df.jpg
出発してすぐに尾根が狭くなってきました。地形図だと狭い尾根ということがわかるような等高線の突出は描かれていませんが、実際は結構狭くて切り立ったような尾根です。やはり、所詮地図は地図です。


IMG_2320_2019022721430630b.jpg
標高1160mあたりではブナ林も疎らになってきました。


IMG_2322.jpg
徐々に勾配がきつくなってきて、そろそろまっすぐ登るのがつらくなってきたので、横歩きでジグザグに登ります。


IMG_2323_2019022721442869c.jpg
30度ぐらいの斜面でしょうか。


IMG_2324_20190227214429cf3.jpg
烏ヶ山南峰から続く主尾根との合流点が見えてきました。雪庇ができているようですが、合流点にはないみたいなので、問題なく主尾根に出ることができそうです。それにしても傾斜がきつい! 標高1200mあたりが一番きついようで、等高線の間隔も一番狭くなっています。


IMG_2326_20190227214431c5a.jpg
10:50 主尾根に出ました。ほぼ標高1300mになります。この先は少し緩やかで広い尾根道になるので、休憩がてらゆっくり歩いていくことにします。


IMG_2328_20190227214432a7c.jpg
南峰に近づいていくと、狭い尾根に枝を広げた木が通せんぼするように生えていたりして、時々厄介な箇所がありました。


IMG_2329_20190227214434838.jpg
緩やかな尾根が終わり、藪の中を縫うような急斜面が現れました。正面登山道で一番厄介な場所といってもいいかもしれません。張り出した枝をよけつつ、同時に枝をロープ代わりに使いつつ、あわせてアックスも使ってこの雪壁を突破しないと頂上には立てません。


IMG_2330_20190227214435f11.jpg
5分ほどかかって雪壁を登りきりました。ここからまた傾斜はゆるくなりますが、この後はいよいよ崩落箇所の通過です。


IMG_2332_20190227214437f2b.jpg
崩落箇所の手前からナイフリッジの尾根になります。左側は絶壁なので、右側を通過しますが、右も結構な急斜面なので、あまり気を抜けない箇所であることに変わりありません。


IMG_2333_20190227214438cff.jpg
ナイフリッジを進んでいくと、えらく厄介な場所がありました。1mぐらいの段差ができていて、しかも太い木の枝がちょうど低くなって乗り越えやすい部分を邪魔するように生えています。以前通ったときにこんな場所があった記憶がありません。崩落で地形が変わった影響でしょうか。とりあえず左側からは乗り越えられないし、下手をすると絶壁のほうへ落ちてしまうので、右から行くしかありません。木の枝を力づくで押し広げて体を入れて、ついでに太い枝を足がかりにして上の雪によじ登りました。


IMG_2334_20190227214440a68.jpg
そして、いよいよ崩落箇所の通過です。ここも狭いナイフリッジで、木の枝に邪魔される場所もありますが、滑落にさえ気をつければ通過はそれほど困難ではないのが助かりました。


IMG_2335.jpg
最後は4mぐらいの雪壁をよじ登ります。


IMG_2336.jpg
最後の雪壁をクリアして南峰直下の尾根に出ました。ちょうど新小屋峠からも3人組が登ってきたところでした。


IMG_2337_20190227214722e52.jpg
3人組が小休止していたので、その間に先に進みます。ちょっとした急斜面を登ると南峰です。


IMG_2338_201902272147179ef.jpg
南峰山頂までふたたびナイフリッジを歩きます。ここは完全な稜線になるので、それなりに高度感があり慎重に進みました。


IMG_2339_20190227214718c2f.jpg
11:22 南峰山頂です。北峰の背後に大山南壁が大きく見えています。快晴の下、まだ真っ白な姿は残雪期の雰囲気はあまりありません。来週までならぎりぎり冬山っぽい雰囲気を楽しめるかもしれません。少しゆっくりと風景を楽しみたかったのですが、すぐに先ほどの3人組がやってきたので、さっさと北峰に行くことにしました。

つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング









関連記事
スポンサーサイト



| 2019年2月 烏ヶ山 | 22:01 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2019/03/09 15:43 | |















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV