FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

厳冬期の三嶺に初アタック: 三嶺その3 

2019年2月17日(日) 徳島県三好市 三嶺(標高1894m) 日帰り単独行 


13:26 山頂滞在時間はわずか5分ですが、時間が厳しいのでさっさと下山することにしました。


IMG_2274.jpg
山頂付近の低木は真っ白でもこもこの猫の尻尾のような状態になっていました。厳冬期だけに見られる風景なので、これで見納めになりそうです。


IMG_2275.jpg
夏道を下ったほうが最短なのでしょうが、けっこうアップダウンがあるので来た道をもどります。


IMG_2276.jpg
なだらかな雪原を下って避難小屋前まで来て山頂を振り返ると、山頂がガスに巻かれ始めていて、いいタイミングで登頂できてラッキーでした。


IMG_2277_20190225113959b20.jpg
13:37 避難小屋はまったく雪に埋もれていない状態でした。


IMG_2279.jpg
誰もいない避難小屋に入って、すぐにカップラーメンにお湯を注いでランチタイムです。今回は、棒ラーメンでおなじみのマルタイが出している高菜ラーメン。結構美味でした。


ランチ後に山専ボトルに残ったお湯を、行動時に使っているサーモスマグボトルに移して一口飲もうとしたら、傾けすぎて一気に口の中に暑いお湯が入ってしまい、あまりの熱さで噴出してしまいました。当然ながら、口の中はやけどでひりひりします。お湯を入れてからすでに8時間以上が経過しているというのに、恐るべし山専ボトル!



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_2280.jpg
14:03 急いで準備を整えて小屋の外に出てみると、すっかりガスに巻かれて山頂は見えなくなっていました。


IMG_2281_201902251140046b6.jpg
このままガスが濃くなってしまうと、下山に時間がかかりかねないので、急いで出発しました。


IMG_2282_20190225114005535.jpg
台地の縁から菅生方面へ下ります。


IMG_2284_20190225114007752.jpg
幸い鹿よけゲートのあたりまで下ると、ガスが取れて視界が広がってきました。


IMG_2285_20190225113955e13.jpg
14:21 1791ピークまでもどってきました。


IMG_2286_20190225114328ad5.jpg
三嶺山頂はやっぱりガスに巻かれたままでした。次回はもう少し雪が深い状態で訪れてみたいものです。


IMG_2287_20190225114330f80.jpg
1791ピークからはひたすら下りです。雪があまり深くないので、踵からがんがん下るということができず、思いのほかペースは上がりません。


IMG_2288_20190225114331a66.jpg
巨岩の脇を抜けると急斜面の下りになります。


IMG_2290.jpg
雪の下に石があるので気をつけながらゆっくり下りました。


IMG_2291_20190225114334b0e.jpg
急斜面を無事に下り、尾根道に入ります。ここでも雪の下の石に気をつける必要があり、また積雪量も少なくなりほとんどクッション効果がなくなってきたので、かえってクランポンが歩きにくく感じます。早くはずしたいところですが、まだ尾根道からの下りでそこそこ急斜面があるので、造林小屋跡まではクランポンで行くことにしました。


IMG_2292_2019022511433615e.jpg
植林帯に入ってくると、雪の下が土の道になってクランポンでも歩きやすくなって助かりました。


IMG_2293_20190225114337ebd.jpg
15:26 造林小屋跡まで戻ってきました。バックパックを下ろして小休止をとり、クランポンを取り外しました。



少し膝が痛み始めていたので、20分近くの長い休憩をとってから出発しました。しかし、途中からやっぱり膝痛が出始めたので、悪化しないように歩幅を小さくしてゆっくり歩きました。


IMG_2296_20190225114338102.jpg
16:42 造林小屋跡から約1時間かかってようやく民家のあるところまで下りてきました。膝痛が悪化し始めていたので、あとはほぼ平地のような道だけなのでほっとしました。


IMG_2297_201902251143403da.jpg
16:51 駐車場に着きました。日没時間近くになってしまいましたが、とりえあえず明るいうちにおりてくることができました。温泉が休業中なので、そそくさと着替えて帰路に着きました。

20190217miune.jpg

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










関連記事
スポンサーサイト



| 2019年2月 三嶺 | 11:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














NEXT | PAGE-SELECT | PREV