FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

つかの間の晴れ間に輝く霧氷の森: 毛無山その1 

2019年1月27日(日) 岡山県新庄村 毛無山(標高1218m) 日帰り単独行


正月山行以来、疲れが取れなかったり体調がいまいちだったりでずっとおとなしくしていましたが、昨日ようやく山に行くことができました。1ヶ月ぶりの山行です。


行き先は、岡山県新庄村の毛無山です。比較的メジャーな山ですが、訪れるのは約1年半ぶりです。積雪期となると、2017年3月以来なので、おおむね2年ぶりということになります。どちらかといえばわりと好きな山ですが、2018年に一度も行かなかったというのは、たまたまタイミングが合わなかったようです。


この週末は寒波が来るということで、県北では荒れ模様の天気予報になっていましたが、27日は午後から晴れ間が出るらしいということで、朝はゆっくりと8時半に家を出ました。


IMG_2104.jpg
岡山自動車道にのって北に向かっていると、総社市を過ぎて山間部に入ったところで雪景色が広がっていました。岡山市内では雪は見なかったのですが、少し北に行くと結構降ったようです。


北房ICでいったん料金所のほうへ下ろされて、スノータイヤのチェックを受けてから、再び本線に戻りました。岡山道を使うようになってかれこれ17年になりますが、途中でタイヤチェックを受けたのは初めてです。


中国道北房ICで高速をおりて、山間部を抜けて国道181号線で新庄村に向かいました。道路にはところどころ雪が残っていて速度が上げられず、安全運転でゆっくりと走って10時半を過ぎてやっと登山口に着きました。


登山口の駐車場はちゃんと除雪されていて、5台ぐらい車が停まっていました。毛無山は暗い雲がかかっていて細かい粉雪がパラパラと舞い落ちていましたが、準備をしているうちに陽が差し始めました。空を覆っていた雲も突然バラバラになって青空が見えるようになって来ました。午後に晴れ間が出るという予報は、ずばり的中したようです。


装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤー: ノースフェイス L/S ハイブリッドパラマウントメッシュクルー
 ベースレイヤ: マムート パフォーマンスサーマルジップ L/S
 ミドルレイヤ: なし
 ソフトシェル: マムート アルティメイトフーディー
 ハードシェル: マムート スリルトリップジャケット
 インサレーション: ノースフェイス レッドポイントライトジャケット
 グローブ: マムート メロングローブ
 キャップ/ハット: マムート バイザービーニー

●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: モンベル ジオラインEXP.タイツ
 ミドルレイヤ: なし
 ハードシェル: マムート ゴアテックスグレイシャープロパンツ
 ソックス: BVD 5本指化繊ソックス
       アイスブレイカー メリノウールミディアムソックス
 シューズ: シリオ 712GTX

●ギア
 バックパック: マムート クレオンライト32L
 ストック: ブラックダイヤモンド トレイルコンパクト
 ヘルメット なし


IMG_2108_2019012821023642e.jpg


performance_thermalzip2.jpg
2018年3月に購入して以来着る機会がなくて1年近くタンスの肥やしになっていたマムート パフォーマンスサーマルジップロングスリーブを初めて着ました。最初はベースレイヤにモンベル ジオラインLWラウンドネックシャツを着て、パフォーマンスサーマルジップロングスリーブはミドルレイヤにするつもりでしたが、登山口に着いてみると思っていたよりも寒くなかったので、ジオラインLWラウンドネックシャツは脱いでいくことにしました。


IMG_8609_20180126175916d01.jpg
マムート メロングローブも、今回初使用です。正月山行で使う機会がなかったので無理やり持ってきたわけですが、この日の気温ではオーバースペック気味でした。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_2109_20190128210238500.jpg
11:09 出発です。予定では10時出発の予定でしたが、雪で時間がかかってだいぶんおそくなってしまいました。まあ、ちょうど晴れてきたので結果的にいいタイミングでした。


IMG_2110_20190128210239281.jpg
除雪された道路の向こうには、50センチぐらいの高さの雪原が広がっています。すでに入山者が何人もいるので、しっかりとしたトレースがついていて、とりあえずつぼ足で行くことにしました。


IMG_2111_20190128210241922.jpg
植林帯の中もきれいなトレースが続いています。おそらく土曜日にそれなりの入山者がいてよく踏まれていたらしく、つぼ足でも踏み抜くことなく楽に歩くことができました。


IMG_2112.jpg
積雪期専用の尾根ルートの分岐点です。左へ行けば尾根ルートですが、トレースはありませんでした。この尾根ルートは2017年3月に歩いているので、興味がある方は山行記録リストからご覧ください。


IMG_2113.jpg
植林帯の平坦な道が終わり、小さな沢沿いに登りが始まります。


IMG_2114.jpg
少し登ったところで、沢の左岸へ渡ります。土曜日から降った新雪がきれいですが、あまり気温が低くないためか、どちらかといえば湿雪なのでわりと重い感じです。



IMG_2115.jpg
「山頂まで1.2km」の道標を通過します。積雪期はあまり夏道通りにトレースがついていない場合が多いのですが、今回はほぼ夏道に沿ってトレースがついているようです。


IMG_2116_20190128210501d5f.jpg
12:00 半分埋もれかけた五合目の道標を通過します。


IMG_2117_20190128210503a36.jpg
五合目を過ぎると、沢沿いに登っていく夏道を離れて右手の尾根に登ります。積雪期だけの冬道になりますが、この尾根に登るところから再び夏道に合流するまでの区間が唯一のやっかいな区間です。とりあえず、この登りが結構急傾斜で、一気に汗が噴出しました。


IMG_2118.jpg
尾根上に出ると、細く傾斜のきつい尾根を登っていきます。このあたりが一番の難所です。


IMG_2119_20190128210506c03.jpg
12:17 ようやく尾根が広くゆるくなりました。夏道との合流点です。標高950m付近になります。30分ぐらい登ってきたような感覚でしたが、実質15分ほどでした。やはり1ヶ月ぶりということで、きつく長く感じたみたいです。水分補給しながらすこし立ち止まって休憩していましたが、やや風があってじっとしていると寒くなってきたので、ふたたび歩き始めました。


昨年12月頭に大山に登ったときとほぼ同じ服装ですが、あのときよりも気温は高いはずなのになぜか寒く感じます。ウィンドストッパーのジャケットを着ているのに風がしみてくるような感じもするし、やはりまだ体調が完全というわけではないのかもしれません。



IMG_2120_20190128210507590.jpg
標高1000m付近になると、ブナの大木が並ぶ森の中を登って行きます。山頂に続く尾根に向かって登っていくので、傾斜は徐々にきつくなってきました。



IMG_2121_20190128210509d64.jpg
頭上にはすっきりと晴れた青空が広がります。



IMG_2124.jpg
陽射しが降り注ぎ、暖かさを感じます。寒波が来ているというのがうそのようです。


IMG_2127_201901282105124c2.jpg
八合目の巨岩らしき大岩が左手前方に見えてきました。夏道は巨岩の下を通っていきますが、トレースはそのまま右上へと続いています。ここを登りきれば尾根に出るわけですが、最後ののぼりがなかなかきつくて体力を削られました。


IMG_2130_2019012821051393c.jpg
12:40 ようやく傾斜が緩んで尾根上に出てきました。木々の枝に霧氷の白い華が咲いていますが、このあたりはまだ若干少ないようです。

つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング









関連記事
スポンサーサイト



| 2019年1月 毛無山 | 21:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV