FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

7年ぶりに砂川公園から標高差347mを登る: 鬼城山 その1 

2018年12月17日(月) 岡山県総社市 鬼城山(標高397m) 日帰り単独行 


一昨日の日曜日は午後から雨予報だったし、ちょっと朝早い日が続いて疲れていたのもあって、山に行かずにのんびりとした休日を過ごしました。しかし、やはり週に一度は体を動かさないとすぐになまってしまうということもあって、今日出かけてきました。


朝一番に倉敷市真備町で仕事があっただけで、9時には仕事が終わったので、その足で近くの鬼城山(きのじょうさん)に行きました。鬼城山には毎年のように登っているので久しぶりというわけではありませんが、今回は麓にある砂川公園からの入山にしたので、なんと7年ぶりに歩くコースになります。数年前という感覚でしたが、7年もたっていたとは驚きです。

装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤー: ノースフェイス L/S ハイブリッドパラマウントメッシュクルー
 ベースレイヤ: なし
 ミドルレイヤ: バーグハウス スモルダーライトフリースジャケット
 ソフトシェル: マムート アルティメイトフーディー
 ハードシェル: マムート オールラウンダージャケット
 インサレーション: ノースフェイス レッドポイントライトジャケット
 グローブ: マムート メリットパルスグローブ
        イスカ ウェザーテック ライトオーバーグローブ
 キャップ/ハット: マムート アドベンチャーベンチレーションハット

●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: モンベル ジオラインLWタイツ
 ミドルレイヤ: マムート ソフテックトレッカーズパンツ
 ハードシェル: ミズノ ベルグテックEX/レインパンツ
 ソックス: バーグハウス メリノウール トレッキング ガイド クルー
 シューズ: マムート テトンGTX

●ギア
 バックパック: マムート リチウムスピード20L
 ストック: なし
 ヘルメット なし


IMG_1781_20181218210813a75.jpg
先日の伯耆大山に比べれば全然暖かいので、アルティメイトフーディを着ていくのはやめようかと思いましたが、それほど急登が続くわけでもないし、のんびりゆったり歩くなら気温10度ぐらいでもベンチレーション全開でなんとかなるかなということで、いろいろと試したみたいという気持ちもあって、アルティメイトフーディを着ていくことにしました。


中は、ウールのシャツよりも通気性がよさそうなバーグハウス スモルダーライトフリースジャケットをベースレイヤ兼用でドライレイヤの上に直接着てみました。内側はポーラーテックパワードライをワッフル状に起毛させているので、暖かく通気・透湿性がいいジャケットです。朝起きて、パジャマがわりに着ていた綿素材の長袖シャツ二枚重ねでは少し寒いなと思っていたのですが、ノースフェイスのドライレイヤとスモルダーライトフリースジャケットに着替えると、断然暖かくてびっくりしたほどです。やはり登山用品は安物のカジュアル衣料とはレベルが違うということを実感した次第で、もうカジュアル衣料は卒業することにします。高くても登山用のものを買っておけば間違いないし、耐久性もあるので、結局その方がお得なのではと思うわけです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_1782_2018121821081443a.jpg
駐車場所は、前回2011年と同じ一番山に近い場所に停めました。さすがに月曜日の朝9時過ぎとあって、他に車はいません。仕事の現場を離れるころから雨がパラパラ降っていたのですが、駐車場に着くころにはわりとまともな雨になってきて、しばらく車内で待機していたら、15分ほどで上がってくれました。


IMG_1783_20181218210815ea0.jpg
10:20 トイレに寄って、少し屈伸運動などしてから出発です。トイレのすぐ前で二股に分かれる道を左へ進みます。


IMG_1784.jpg
2分ほど行くと、砂川の森歩道入口という道標が出ていたので、道標に従って入ってみました。たしか、川沿いに登山口まで続いていたと記憶しています。


IMG_1785.jpg
小川を渡ると上流に向けて森の中を進みます。


IMG_1787_20181218210821d18.jpg
分岐があり、右が「歩道周回」、左が「多目的広場・トイレ」となっていたので、右へ進んでみます。


IMG_1788_201812182108236f5.jpg
わずか2分ほど歩いただけで、先ほどの分岐の左の道と合流してしまいました。


IMG_1789_20181218210824a41.jpg
ところが、合流して先に進もうとしたら、なんと「通行不可」となっているではありませんか。ここまで来て引き返したらだいぶんタイムロスになってしまいます。どうやら少し先の木道が落ちているみたいで、そのために通行不可となっているようですが、普通なら通行禁止となっていそうなものなのに、なぜ通行不可なのでしょう。どうしても通りたければ自己責任でどうぞということだと解釈して通らせてもらうことにしました。実際、この木道は高さが50センチもない低い木道なので、それほど危険性はありません。落ちている木道は少し揺れましたが、地面に落ちているためかえって安定しているようで、問題なく通過できました。湿地帯でもないのになぜ木道になっているのかよくわからない区間です。


IMG_1790.jpg
10:31 登山口に続くアスファルト道に出ました。


IMG_1791.jpg
アスファルト道を右方向へ進みます。


IMG_1793.jpg
10:39 アスファルト道の終点です。ここが事実上の登山口ですが、とくに登山口と書かれた道標などはありません。入口に設置してある道標には、進行方向が「経山城跡」と書かれているだけです。


IMG_1794_201812182110457b6.jpg
少し進むと、深さ50~60センチの小川があり、渡渉が必要な状況でした。


P1030631b.jpg
2011年に歩いた時には、このようにちゃんと飛び石の橋があったのですが、どうやら豪雨で流されたり、川床がえぐられて川が深くなったようです。


IMG_1795_20181218211047388.jpg
渡渉場所からしばらく行くと、再び沢を渡ることになりますが、ここでは丸太橋がかかっているので問題ありません。


IMG_1796.jpg
10:49 分岐があり、登山道が右へ曲がります。


IMG_1797_20181218211050155.jpg
分岐からは勾配がきつくなり、ようやく登山道らしくなってきます。


IMG_1799_2018121821105101e.jpg
登って行くにつれて、徐々に勾配がきつくなってきます。


IMG_1800_20181218211053d9a.jpg
11:08 急勾配が終わり、鉄塔のある広場に出ました。石垣に座って小休止をとります。陽が差していないのですが、風が弱かったので、ジャケットを着なくてもしばらくは大丈夫でした。


IMG_1802_20181218211054b06.jpg
鉄塔を過ぎると、小尾根を少し登ってからその先はほぼ水平な道が続きます。


IMG_1803_20181218211214be0.jpg
11:27 経山への分岐まで来ました。ここはちょっとした鞍部になっていて、経山へは右に尾根を登って行きますが、今日はパスです。


IMG_1804.jpg
分岐を越えてまっすぐ反対側に下ります。


IMG_1805_201812182112170c6.jpg
11:31 アスファルト道に出ました。ここまでくれば鬼城山まではすぐです。


IMG_1806_20181218211219345.jpg
気温は8度でした。都会で生活していると厚着をしないと寒すぎる気温ですが、薄いフリースジャケット1枚でも寒さを感じないというのですから、登山ってなんだか変です。


IMG_1807_20181218211220e32.jpg
ここから先はアスファルト道をしばらく歩きます。


つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング









関連記事
スポンサーサイト



| 2018年12月 鬼城山 | 21:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV