FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

リベンジ!:中蒜山(なかひるぜん) vol 3

2011年2月5日 岡山県真庭市 中蒜山(標高1123.3m)日帰り山行
vol 1vol 2はこちらをどうぞ。


 13時30分、少し風が出てきてじっとしていると寒くなってきたので、そろそろ下山することにしました。避難小屋に戻ってパッキングしなおして、小屋の外にでました。午後になって雪が緩んでいることを考慮して、下山ではクランポンではなくスノーシューを使うことにします。

下山開始
 準備ができて、13時44分に出発です。下山は夏道ルートを下ります。先に出発した5人も皆夏道ルートの方向に下ってゆきました。避難小屋からは稜線を東に向かいます。正面に下蒜山がかすんでいました。

下蒜山
 50mぐらい進んだところで木立が切れて下蒜山の全容がよく見えました。上蒜山に向かう尾根よりも倍ぐらい距離がありそうな長い稜線が続いています。冬季に中蒜山と下蒜山を縦走しようとすると、朝早く出ないと途中で日が暮れてしまいそうな雰囲気です。

空に続く道
 下山道は狭い尾根上を通っており、まるでそのまま空に向かって続いているようです。とても気持ちのいい場所でした。

登ってきた道
 振り返ると、登ってきた尾根と大きく張り出した雪庇が見えました。

塩釜方面分岐
 13時55分、下山ルートの分岐に来ました。何か道標があるかと思いましたが、なにもありません。雪の下に埋もれているのでしょう。

急斜面の下山道
 トレースがなかったら本当にここでいいの? と疑いたくなるような急斜面です。

八合目
 スノーシューが大きく沈み込むぐらい雪が緩くなった急斜面を下っていくと、標高1034m地点で八合目の道標がわずかに頭を雪の上に出していました。このあたりは傾斜も急で、調子に乗ってざくざく下っていると、突然大きく左足が沈み込み、身動きできなくなってしまいました。スノーシューは一度はまってしまうと、足を抜くのが大変です。ストックで雪をかいて足を掘り出し、ようやく脱出することができました。

標高945m地点
 14時9分、前回引き返した場所まで下りてきました。GPSでは標高945mになっていました。驚いたことに、一つのトレースがここから右手の谷に下っています。地図を見ると、この谷をずっと下っていけば前回道迷いした沢のところで夏道と合流できるはずなのでけっして間違ったルートというわけではないのでしょうが、積雪期のしかも気温が高くなっているときは雪崩れの危険もあるので、谷を下るのはどうかと感じます。まあ、それなりに経験と知識があっての選択なのだとは思いますが・・・

五合目
 14時23分、五合目の日留神社に着きました。前回よりも雪が少なくなっており、日留神社も半分ほど姿を見せていました。

五合目下
 日留神社の下の開けた場所は先行者の足跡がたくさんついていました。皆それぞれ自由に歩いて行ったようです。この少し先から右手の枝尾根に入り、あとは単調な尾根を下っていくだけです。

尾根下の沢
 14時48分、尾根を下りきって沢を渡るところまで来ました。標高945m地点から谷に下った人物のものと思われるトレース(写真左のトレース)が、沢の上流部から合流していました。無事下ってきたようでなによりです。

渡渉点
 沢を渡って斜面上に向かうところの雪が深かったためか、先行者のトレースはそのまま沢づたいに下流に進み、50mほど先で沢を渡っていました。道をよく知っている様子なので、こちらもトレースを利用させてもらうことにします。

夏道への斜面
 トレースは沢の右岸をしばらく進み、斜面を斜めにトラバースしながら夏道のある上のほうへと上がっていきます。前回通った場所よりも傾斜が緩やかで歩きやすい場所でした。

夏道との合流
 そして、斜面を登りきってみると、なんと朝クランポンを装着した道標のまん前にでてきました。時間は15時2分になっていました。どうやら先行者はかなり中蒜山に詳しい人だったようです。

中蒜山
 牧草地のところまで戻ってくると、青空が広がり中蒜山が綺麗に見えていました。今日は左手の尾根を登り、右手の尾根を下ってきたわけです。先行者のおかげで頂上に直登する冬道ルートも知ることができて、感謝感激です。

20110205_nakahiruzen_map.jpg
 GPSログはこんなかんじで記録されていました。

湯原温泉
 帰りは、久しぶりに湯原温泉に立ち寄って、露天風呂で汗を流しました。土曜日の夕方ということでそれなりに人はいましたが、混雑というほどではなく、のんびりすることができました。この露天風呂が無料で利用できるですから、ありがたいことです。


■山行データ
<往路所要時間> 3時間11分
登山口8:50→1合目9:09→標高724m地点10:04→標高940m地点11:12→頂上12:01

<復路所要時間> 1時間55分
山頂13:44→塩釜方面分岐13:55→八合目14:02→五合目14:23→登山口15:39

<登山道情報>
冬道ルートは目印のリボンは下のほうに1箇所見つけただけで、途中にはありませんでした。山頂に向かって左手の尾根に上がり、そのまま尾根を登っていくだけですが、牧草地の終わるあたりからすぐに尾根に上がったほうが傾斜も緩く楽なのではないかという気がします。いずれにしても正規の登山ルートではありませんので、くれぐれも自己責任でお願いします。なお、頂上避難小屋にトイレ・水場はありません。


記事内容が気に入ったら、クリックしてやってくださいませ。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



| 2011年2月 中蒜山 | 16:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/128-904029c3

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV