FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

急登だけど楽しい滝めぐりコース: 泉山 その2 

2018年12月2日(日) 岡山県鏡野町大町 井水山(1150m) 単独日帰り 


一か月ぶりの山歩きでしたが、抑え目にしたおかげで筋肉痛にもならず、疲労感を引きずることもなく、月曜日は朝から仕事に出ることができました。とはいえ、夕方ごろに猛烈な睡魔に襲われたりしたので、それなりに疲れは残っているようです。年齢を重ねるとともに体力の低下を実感せざるを得ません。そろそろ、本格的に体力維持のためのトレーニングをはじめないと、テント泊縦走など夢物語になりかねません。何か手を考えてみることにします。


それでは、泉山滝めぐりレポの続きです。


中林の滝を滝壺近くまで登って、30mの高さから岩壁を流れ落ちてくる様を楽しんでから、登山道まで戻ります。


IMG_1657_20181205175856594.jpg
ちなみに、ここにある建物はおこもり堂というもので、中は何もありませんでした。巨岩の下に小さな祠が祀られていますが、すぐそばにこれほど立派な滝があるところを見ると、那岐山の隣の滝山にある滝神社のように滝そのものが信仰対象になっているかもしれません。


IMG_1659_2018120517585863c.jpg
9:38 おこもり堂の下の橋を渡ると、その先は急斜面が立ちふさがります。


IMG_1660_20181205175859db6.jpg
急斜面につけられた薄いトレースをたどって、ジグザグに登って行きます。


IMG_1661_20181205175901749.jpg
ようやくジグザグの急登が終わって、トラバース道にかわりました。


IMG_1662_20181205175951a84.jpg
左手には、さきほどいた中林の滝が見えています。葉の落ちた今の時期だからこそ見えているのでしょう。


IMG_1663_20181205175953a9d.jpg
9:47 急登が終わり、尾根の末端に出てきました。おそらく中林の滝の滝口の上だと思われますが、あいにく上から滝を眺めることはできませんでした。


IMG_1665_20181205175954c87.jpg
尾根を乗越して反対側の斜面をほぼ水平にトラバースして行くと、涸れた沢を渡ります。


IMG_1666_20181205175955392.jpg
その先で、今度は水のある小沢を渡渉しました。地形図で見ると、この沢が中林の滝の上流部にあたります。この渡渉点はトレースが不明瞭で渡渉するのかしないのかわかりにくい場所ですが、そのまま上流に向かう方にトレースはなく、よく見ると対岸に赤テープがありました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




9:55 渡渉したところが日当たりのいい場所だったので、すこし休憩していくことにしました。中林の滝からまだ20分ほどしか歩いていませんが、風がなくて気温が12度ぐらいあったので、すっかり汗をかいてしまいました。頭から流れ落ちてくる汗をぬぐい、水分を補給して3分ほど立ち休憩をしてから先に進みます。


IMG_1669_2018120517595895d.jpg
10:05 渡渉点から10分で中林二の滝が見えました。落差30mの大瀑布です。手前の岩壁が少し滝の流れを隠してしまうので、もう少し右の方へ行けば全貌がよりはっきりと観られるのでしょうが、岩ゴロの沢を渡ることになるので今回はやめておきました。


IMG_1671.jpg
滝壺から4~5m上のあたりに虹ができていました。中林の滝では、岩肌を伝うように水が落ちていたので虹が出ていませんでしたが、二の滝は岩壁の傾斜が少し強いようで、水しぶきが上がっていたおかげです。


IMG_1675_20181205180000231.jpg
二の滝からは左手方向に斜面をトラバースするように進み、その先で中林直登コースに合流します。二の滝の上流にさらに三の滝があるらしいのですが、明確な登山道はないらしく、実際に歩いた時にもそれらしい分岐を見た覚えがありません。機会があれば、この次は三の滝を探してみたいものです。


IMG_1676_20181205180001153.jpg
植林帯の中を緩く登りながらトラバースして行きます。


IMG_1677_20181205180003fb0.jpg
標高も高く、歩きでないと来られないような山中ですが、思いのほか手入れのされている植林帯が続きます。こんなところで伐採しても、どうやって搬出するのか謎です。


IMG_1678_20181205180529f1a.jpg
10:20 二の滝から15分もかからずに中林直登コースの合流点に着きました。


IMG_1681.jpg
中林直登コースは、けっこうな急斜面を登って行くのですが、幸いなことにコンクリートの偽木で階段が設けられていて助かりました。もっとも、偽木の階段は半ば壊れかけていたり、落ち葉や土砂に埋もれかけていたりで、それほど楽に歩けたわけではありませんが、流れ留めの杭頭に足をのせれば足が水平な状態になるので、階段が残っているだけでだいぶんましです。


IMG_1682.jpg
10:28 分岐がありました。右の尾根へ登って行く階段と、直進して斜面をトラバースして行く道に分かれます。直進は天の川コースへ合流する道です。山頂へは当然右の階段を登ります。


IMG_1683_20181205180532bdc.jpg
分岐から先もあいかわらずの急登でした。


IMG_1684_201812051805341ec.jpg
幸い、偽木の階段はまだ続いていたので、その点では助かりました。


IMG_1685_20181205180535076.jpg
植林帯が終わると、陽射しが入る落葉の森になるのですが、今度は落ち葉で偽木の階段がほぼ埋まってしまって、かえって歩きにくくなってしまいました。


IMG_1687_20181205180537b1e.jpg
左手に井水山らしき稜線が見えてきたので、遠からず尾根の縦走路に出るような感じです。


IMG_1688_2018120518053845f.jpg
坂道の先に空が見えてきたので、そろそろ急登も終わりそうです。


IMG_1689_20181205180540464.jpg
11:13 不意に急登が終わり、緩やかに下る道になりました。しかし、縦走路まではもう少し距離がありそうです。


IMG_1690_201812051806446a1.jpg
森を抜けると、前方に井水山が見えました。その下には津山高校ヒュッテの屋根も見えています。縦走路まであと少しです。


IMG_1691_20181205180645c54.jpg
11:23 ヒュッテ経由でも縦走路に出ることができますが、少し下って登り返すことになるので、ヒュッテには寄らずに直接縦走路にでました。ここを左折してひと登りすれば井水山山頂です。

つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング









関連記事
スポンサーサイト



| 2018年12月 泉山 | 18:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV