FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

紅葉情報は正確だけど天気予報はデタラメ: 三瓶山 その3 

2018年11月2日(金) 島根県大田市三瓶町志学 子三瓶山(961m) 単独日帰り 


IMG_1314_2018112817252533d.jpg
11:35 室ノ内に下るには、来た道を戻って風越から下る道と、男三瓶山方向に下り、途中の鞍部から室ノ内に下る道の二つがありますが、今回は風越から下ることにしました。登って来た道を戻ります。


IMG_1315.jpg
左手に紅葉に埋め尽くされた室ノ内を見ながら下ります。陽射しがないことが本当に残念です。


IMG_1317_201811281725293d4.jpg
11:51 風越まで戻ってきました。ここを左折して室ノ内に下ります。


IMG_1318.jpg
下り始めるとすぐに真っ赤の紅葉した木が目に飛び込んできました。


IMG_1321_201811281725330d6.jpg
さらに下って行くと、登山道わきにまたまた真っ赤に染まった木があり、その右奥に白い花をつけたような木がありました。



IMG_1322_20181128172858d5f.jpg
トチ狂った山桜が咲いているかと思ったら、どうやら枯葉が丸まって白い裏側が見えた状態になっているだけのようです。


IMG_1323_20181128172900f13.jpg
下りの道が終わり、平坦な道になりました。室ノ内の下の方まで下りてきたわけですが、このあたりまで下りてくるとまだ紅葉はピークを迎えていないみたいで、色づき具合は今一歩でした。


IMG_1324.jpg
それでも、いい色になってきたカエデの木があり、目を楽しませてくれます。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_1325.jpg
室ノ内池近くのススキの原まで来ると、逆に紅葉が進んでピークを過ぎたような雰囲気です。同じような標高でも日当たりなどの条件が異なるためか、場所によって紅葉の進み具合が違います。


IMG_1331_20181128172904409.jpg
このあたりは落葉しないで枯葉になるカシワの木が群生していて、やたら茶色が目立っていました。


IMG_1332_20181128172906f5a.jpg
室ノ内池の手前で、子三瓶山と男三瓶山の間の鞍部から下りてくる道と合流しました。ベンチがあって休憩に良さそうですが、あいにく年配の団体さんがいてかなり騒がしいのでそのまま進むことにしました。


IMG_1335_20181128173004d39.jpg
静かな水面をたたえた室ノ内池のほとりまで来ました。


IMG_1336_20181128172938f78.jpg
水面に写り込む紅葉のシーンを期待していましたが、陽射しがないこともあり残念ながら思ったような光景には出会えませんでした。池畔の木々があまりきれいに紅葉していなかったのが敗因です。


IMG_1337_2018112817291032c.jpg
水草も生えていないような池ですが、大きな鯉が何匹もゆったりと思いでいるのが見えました。池畔にあった案内板によると放流されたものだそうですが、もともと生物も植物もあまり豊かではない池らしいので、何を食べて生きているのやらという感じです。


IMG_1339_20181128173406768.jpg
いい感じの池ですが、やはり天気のいい時に訪れたいものです。


IMG_1345_201811281734083c9.jpg
池畔で少しゆっくり過ごしましたが、騒がしい団体が後にいるのでのんびりできず、早々に切り上げて戻ることにしました。


IMG_1347_20181128173410efc.jpg
室ノ内池からリフトまで戻る道は、まだあまり紅葉が進んでいない森の中を進みます。


IMG_1348_201811281734117c1.jpg
うっそうとした原生林という雰囲気ではなく、比較的明るい感じのする森で、気持ちのいい道でした。


IMG_1351.jpg
登って行くにつれてだんだんと原生林っぽさが強まってきました。外輪山斜面の森よりも室ノ内の森の方が若いのかもしれません。


IMG_1352_20181128173413f1f.jpg
紅葉した木々も少しづつ増えてきました。


IMG_1355_201811281734155fd.jpg
外輪山への登りはけっこうな急斜面で、大きくジグザグに切り返しながら登って行きます。


IMG_1358_201811281734184ad.jpg
登りきったところにある展望台に入ってみました。


IMG_1357_20181128173416b75.jpg
孫三瓶山と子三瓶山を正面に、手前に室ノ内の森を眺めることができます。リフトで登って来た観光客向けの展望台なのでしょう。


IMG_1359_20181128173419273.jpg
展望台のすぐ先がリフト乗り場へ向かう十字路です。今日はここを通るのは3回目ですが、さすがにこれで最後です。直進してリフト乗り場に向かいます。


IMG_1360_2018112817353901a.jpg
13:14 当初考えていたよりもだいぶん早く戻ってくることができましたが、帰り道でまた3時間かかることを考えればいい時間です。


IMG_1361_20181128173540f10.jpg
リフトに乗ってのんびりと風景を眺めながら下ります。なんて楽ちんなんでしょう。


IMG_1363_201811281735421a8.jpg
13:27 駐車場まで戻ってきました。温泉に入って帰りたいところですが、あまり汗もかいていないし、遅くなると渋滞に巻き込まれるので、さっさと帰ることにしました。


平日なので高速道路の割引がなく、無料の尾道自動車道から先は一般道で帰ろうかと思いましたが、グーグルナビでルート検索すると4時間強もかかることがわかり、素直に山陽自動車道で帰りました。

20181102三瓶山



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング









関連記事
スポンサーサイト



| 2018年11月 三瓶山 | 17:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV