FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

秋色満載の大山東壁: 伯耆大山鳥越峠 その2 

2018年10月21日(日) 鳥取県江府町 大山鳥越峠東(1320m地点) 単独日帰り 


IMG_1589.jpg
鳥越峠の東にある標高がおよそ1330mのピークの斜面が赤く染まっているのが見えます。ブナ林なので本来は黄葉になっているはずですが、黄色から茶色に色が変わるタイミングで日が当たると紅葉に見える時期があります。今回はちょうどそのいい時期のいい条件の時に訪れることができたようです。


IMG_1590_20181110180440a96.jpg
半逆光でブナが赤く輝いています。


IMG_1591_20181110180441128.jpg
林床にも紅葉した木々が多く、上も下も赤く染まっていました。遥か下方には色づき始めた木谷のブナ林が氷河のように続いています。


IMG_1592_20181110180442303.jpg
次第に高く濃くなってきた笹薮をかき分けながら登って行きます。


IMG_1593_2018111018044404a.jpg
1330ピーク直下まで登ってくると、大山東壁の展望が開けました。このアングルだと、キリン峠のあたりが紅葉で染まっていた方が絵になるので、1週間早い方が良かったのだろうと思われます。


IMG_1594_20181110180445f19.jpg
1330ピークのブナは半分ほど葉を落としていました。やはり標高が高くなると終わるのが早いです。


IMG_1595.jpg
1330ピークから先は急に笹薮が濃くなりました。高さも身長を越えています。比較的平坦なピークで日当たりがよさそうなので、笹が生育しやすいのかもしれません。


IMG_1598_20181110180450e21.jpg
東斜面に出れば笹も少しは小さくなるかと思って藪をかき分けながら進んで行くと、烏ヶ山に連なる稜線が見えました。以前、積雪期にあの左肩のピークまで登ったことがありますが、楽に歩けた積雪期と違って今回はかなりやっかいなことになりそうです。


IMG_1596.jpg
12:09 少し下ってみましたが、笹薮は相変わらずの状態で、傾斜もそこそこあるので、無理に下っても楽しくないだろうと判断して引き返すことにしました。どうやらこのルートはほぼ廃道と化してしまっているようです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_1599_201811101807317d0.jpg
1330ピークに戻り、鳥越峠に向けて下ります。


IMG_1600.jpg
登ってくるときも頻繁に振り向きながら撮影ポイントを探しつつ登ってきましたが、やはり見落としていたポイントがありました。それに、時間が経って太陽の位置がより斜光になってきたので、東壁の陰影が濃くなって立体感も増しています。


IMG_1601_201811101807344bd.jpg
同じような写真ばかりにならないように、登りでは撮らなかった構図を考えながら撮影します。


IMG_1603.jpg
登りでも撮影した場所ですが、紅葉した山麓の森を多めに入れて登りで撮った写真とは雰囲気を変えて撮りました。


IMG_1604.jpg
色鮮やかな森の様子もクローズアップで撮ってみます。


IMG_1606.jpg
登りでは縦位置でズームした写真を撮りましたが、今回は横位置で引きの写真を押さえました。


IMG_1607_20181110180741364.jpg
ここも登りで撮影した場所ですが、少し焦点距離を変えてビミョーに異なるアングルで撮影しました。登りの時よりも東壁の立体感が増して、メリハリの効いたいい写真になったと思います。


IMG_1608_20181110180742373.jpg
横位置も撮りましたが、色づいた下草をフレームアウトしたため、やや晩秋の雰囲気になりました。


IMG_1609_20181110180744314.jpg
13:14 鳥越峠まで戻ってきました。すっかりお昼を食べそこなっていたので、ここでランチ休憩をとりました。


IMG_1611_201811101809475f7.jpg
コンビニおにぎり2つとポットに入れた白湯という質素なランチでした。


IMG_1612_2018111018094935a.jpg
ランチ休憩は15分ほどで終えて、すぐに出発しました。


IMG_1613_20181110180950187.jpg
下山しながらも、ときどききれいに色づいた木々を撮影しながらのんびり下ります。


IMG_1619.jpg
日差しの方向が変わったためか、往路では気が付かなかった黄葉も目につきます。


IMG_1620_20181110180953079.jpg
さっさと下山したいところですが、どうしても足が止まります。


IMG_1621_20181110180955f8a.jpg
黄葉したブナがたくさんありますが、枝張がいまひとつで、なんとなく貧弱に見えてしまいます。これだけ空間が空いているのなら、もっと大きく枝を広げていそうなものですが、なぜなんでしょう。


IMG_1623_20181110180956916.jpg
色づき具合は悪くないのですが、なんだかスカスカした感じです。


IMG_1626_2018111018095875a.jpg
14:29 文殊越を通過します。


IMG_1627_20181110180959067.jpg
木谷のブナ林に午後の斜光線が入り、森が輝いていました。


IMG_1628_20181110181108d16.jpg
日差しに輝くブナ林を楽しみながら下ります。


IMG_1629_20181110181110515.jpg
14:55 登山口に出ました。これといったピークには立っていませんが、美しい紅葉を堪能できて満足した1日でした。

20181021torigoetouge.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング









関連記事
スポンサーサイト

| 2018年10月 大山鳥越峠 | 18:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV