FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

秋色満載の大山東壁: 伯耆大山鳥越峠 その1 

2018年10月21日(日) 鳥取県江府町 大山鳥越峠東(1320m地点) 単独日帰り 


少し前の話になってしまいましたが、10月21日に大山東壁と紅葉のコラボレーションを撮影するために、鳥越峠から烏ヶ山方面を歩いてきました。山行記録というほどの登山をしたわけではないので、さらりと書いて終わりにしたいと思います。


撮影山行ということで、もちろん一眼レフで撮影をしていますが、今回のレポで使用している写真はコンデジのPowerShot G7X MarkⅡで撮影したものです。


装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤー: ノースフェイス パラマウントタンク
 ベースレイヤ: マムート アタカソジッププルAF
 ミドルレイヤ: なし
 ソフトシェル: マムート クルーズジャケット
 ハードシェル: マムート オールラウンダージャケット
 インサレーション: なし
 グローブ: マムート メリットパルスグローブ
 キャップ/ハット: マムート アドベンチャーベンチレーションハット

●ボトムス
 ベースレイヤ: なし
 ミドルレイヤ: マムート ソフテックトレッカーズパンツ
 ハードシェル: ミズノ ベルグテックEX/レインパンツ
 ソックス: バーグハウス メリノウール トレッキング ガイド クルー
 シューズ: マムート テトンGTX

●ギア
 バックパック: ハクバ GWアドバンス ピーク25
 ストック: なし
 ヘルメット なし


IMG_1549_201811061545470aa.jpg
今回は装備で新しいものはありません。天気もいいし暖かいので、防寒着は置いていきました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




東壁と紅葉の森のコラボレーション写真を撮りたいということで出かけたのは、奥大山の木谷にある健康の森登山口です。東向きの斜面ということで、午前中の早い時間はべたな順光になって光の条件があまりよくないので、少し遅めに入ることにしました。お昼前ぐらいがちょうど南からの斜光になるので、その少し前ぐらいに鳥越峠に着けばいいというスケジュールです。


IMG_1550.jpg
10時前に着いたとき、健康の森登山口前の駐車場は、すでに満車でした。道路側にまだ停められるスペースはありましたが、50mほど離れたところにある駐車スペースに車を停めました。


IMG_1552_20181106154550db8.jpg
9:56 登山口から健康の森に入ります。見上げる稜線の上の方がいい具合に色づいています。


IMG_1554.jpg
登山口付近のブナ林はまだあまり黄葉していません。あと1週間ぐらいかかりそうです。


IMG_1557.jpg
10分ほど登って行くと、徐々に黄色が濃くなってきました。


IMG_1558_20181106154554ad1.jpg
さらに10分ほど行くと、だいぶん黄葉らしい色づき具合になってきました。


IMG_1562_2018110615455578c.jpg
30分ほど経つと紅葉も増えてきて、本格的な秋の森の雰囲気です。


IMG_1563.jpg
10:36 文殊越に着きました。13日にも通っているので、新鮮味がありません。前回は直進しましたが、今回は右折して鳥越峠に向かいます。


IMG_1564_20181106154650e2d.jpg
文殊越から少し行くと、色鮮やかなモミジが日差しに輝いていました。


IMG_1565_201811061546528dc.jpg
感動的な美しさに見惚れてしまいました。


IMG_1566.jpg
いい時に訪れたようで、この先に期待が膨らみます。


IMG_1567_20181106154655b11.jpg
紅葉の次は、ブナの黄葉です。


IMG_1568.jpg
色づく木々の向こうに、秋色の烏ヶ山が見えました。


IMG_1569_2018110615465878b.jpg
赤、黄、緑の三色が混ざり合って、見事な美しさです。


IMG_1570_20181106154659548.jpg
鳥越峠の東にあるピークも、紅葉に彩られています。


IMG_1572_20181106154806b9e.jpg
またまた見事に色づいたモミジがありました。青空との組み合わせが見事です。


IMG_1573.jpg
鳥越峠が近くなってきましたが、上の方はかなり葉が落ちて紅葉は終わりかけているようです。


IMG_1574_20181106154809204.jpg
鳥越峠直下にある倒木のゲートをくぐります。


IMG_1575_20181106154811b3e.jpg
11:12 鳥越峠に着きました。時間的にもちょうどいいところです。


IMG_1576.jpg
地獄谷方面の山肌もきれいに紅葉しています。来年はあちらにも行ってみたいものです。


IMG_1577_2018110615481479e.jpg
鳥越峠から烏ヶ山方面への道は、いきなり倒木と藪に埋まりかけていました。


IMG_1578_20181106154815901.jpg
とりあえず、なんとかトレースは判別できるレベルなので、藪をかき分けながら進みました。


IMG_1580.jpg
15分ほど登ると、裸になったブナ林の向こうに、紅葉に彩られた大山東壁が聳えているのが見えてきました。


IMG_1583_20181106154917edc.jpg
さらに登ると、視界を遮る木々もなくなって、東壁と紅葉の森がすっきりと見えるようになりました。キリン峠に近い上の方は紅葉が終わってしまっていて残念です。先週、天気が良ければあのあたりがきれいに色づいている風景が見られたのにと思うと悔しいところですが、逆に下の方の色づきがいまいちだったでしょうから、どちらがよかったのか、来年また検証しに来たいと思います。


IMG_1585_201811061549185bd.jpg
まあ、今回は今回でなかなかいい感じですが、時間的にちょっと早かったみたいで、べたな順光のためあまり立体感が感じられないのが惜しいところです。


IMG_1588.jpg
枯れ木と組み合わせてみました。

つづく。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング









関連記事
スポンサーサイト

| 2018年10月 大山鳥越峠 | 15:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV