FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

ガスと強風で撤退: 大山槍尾根 その3 

2018年10月13日(土) 鳥取県大山町 槍尾根(標高1500m地点) 日帰り単独行 


IMG_1207_201810202159578c9.jpg
11:10 草付斜面のトップから、下り始めました。下の方はガスで見えなくなっています。


IMG_1209_201810202159594b4.jpg
トレースは草に覆われて非常にわかりにくく、最近はこの道を歩く人がほとんどいなくなったのではないかという感じです。文殊越から登って来たバリエーションルートも薄いトレースが多かったのですが、むしろ元正規の登山道だったこちらの槍尾根ルートの方がバリエーションルートのようです。


IMG_1211_2018102022000004c.jpg
下るにつれて徐々にガスが薄くなってきて、紅葉した森が見えるようになってきました。


IMG_1212.jpg
草付斜面を下りきって、キリン峠までの尾根道に入りました。


IMG_1214_20181020220003176.jpg
真っ赤に熟した実が登山道わきにぽつぽつあって、秋を実感します。


IMG_1216_20181020220004028.jpg
黄葉しかけた木の緑と黄色のモザイク模様も彩りを添えます。


IMG_1217_20181020220006821.jpg
キリン峠までの尾根道も半分消えかけたような道になっていて、バリエーションルートっぽさが漂います。


IMG_1219_2018102022000728e.jpg
背の高い草や低木に覆われた平地に出ました。ここが1405mのキリン峠です。道標もないし休憩できるようなスペースもありません。ガスで視界もないので、そのまま通過します。


IMG_1220_201810202200085c8.jpg
いつの間にか再びガスに覆われて視界がなくなっていました。しかし、キリン峠から下は比較的トレースがはっきりしていて、ずいぶん歩きやすくなりました。


IMG_1221_20181020220151428.jpg
途中にあった白ポール。ここについていたであろう道標はすでに影も形もなく、足元に残骸さえ残っていないので、何が書かれていたのか不明です。


IMG_1222_20181020220153551.jpg
白ポールのあるところから尾根道を離れて、右手に斜面を下って行きます。


IMG_1223_20181020220154a81.jpg
しばらくは斜面をまっすぐ下って行きますが、この区間がなかなか急傾斜で滑りやすく、木の枝や草をロープがわりにつかみながらゆっくりと下りました。


IMG_1225_201810202201559d5.jpg
途中で見つけた饅頭のようなキノコ。


IMG_1226.jpg
12:01 鳥越峠に出てきました。


IMG_1227_20181020220159e65.jpg
まっすぐ行けば烏ヶ山、左へ下ればコマドリ小屋を経由して振り子谷方面、右へ下れば木谷登山口のある健康の森です。もともとは、健康の森からここへ上がってきて、烏ヶ山を目指すつもりでした。体力と時間に余裕があれば烏ヶ山方面に行ってみようかと思っていましたが、ガスで視界はないし、時間もないし、けっこう疲れたので、明日の白山のためにおとなしく下山することにしました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。





IMG_1228_2018102022020024c.jpg
少し休憩してから、木谷登山口へと下りました。


以前来たときには鳥越峠のすぐ下に倒木が道をふさぐように倒れていて、その下をしゃがんでくぐり抜けないといけない状態でしたが、あいかわらずその倒木は残っていました。もっとも、巻道ができていて、小さくなって下をくぐる必要はなくなっていました。しかし、その下に新たな倒木が2本絡まるように倒れていて、2本の狭い隙間を横向きになってくぐらないといけない状況でした。いくら一般登山道としてはあまり使われなくなったといっても、管理主体はもう少しなんとかしてもいいのではないかと思うのですが、この道はどこが管理しているのでしょうか。


IMG_1230_2018102022020218c.jpg
下って行くと、きれいな紅葉がありました。


IMG_1231.jpg
しかし、よく見ると枯れていてそれほどきれいとは言えない紅葉です。今年はこういうのが多いみたいです。アップで切り取れるほどきれいな紅葉は全くといっていいほど見かけることがありませんでした。


IMG_1232.jpg
途中にも登山道をふさぐように大木がゴロゴロ倒れていました。


IMG_1233.jpg
倒木のあったところは、日がさすようになったためか、笹が生い茂っていて道もわかりにくい状態です。この道ももう何年かすると事実上廃道になってしまうのかもしれません。


IMG_1234.jpg
12:42 文殊越に戻ってきました。ここから先は歩きやすい道です。文殊越えを過ぎてすぐに一瞬雨がパラリと降りましたが、幸いにもすぐに止みました。今回、うっかりレインジャケットがわりのハードシェルを持ってくるのを忘れてしまったので、本降りにならなくて助かりました。


IMG_1235.jpg
ブナの森の中を緩やかに下って行きます。


IMG_1236.jpg
登山口が近づいてくると、森に陽が差し込み始めました。


IMG_1237_20181020220315461.jpg
日が当たるとかすかに黄色身を増したブナ林が輝きます。


13:09 木谷登山口に戻ってきました。烏ヶ山方面には行けませんでしたが、文殊越えから槍尾根に抜けるバリエーションルートが確認できたので、今日のところは満足です。大山のバリエーションルートでは、野田ヶ山から親指ピークを越えてユートピアに抜ける尾根道と、地獄谷をたどってコマドリ小屋に至るルートが次の目標です。

20181013daisenyarione.jpg



装備を片付けた後は、鏡ヶ成の奥大山休暇村でお風呂に入り、どういうルートで白山を目指すか考えました。時間的には蒜山から米子道にのって、中国道、舞鶴若狭道、北陸道を経由するのが一番早いのでしょうが、いったん神戸近くまで下ってから再び日本海側までもどってくるので、かなり遠回りです。時間的には余裕があるので、国道9号線と一般道を使って舞鶴まで行って、そこから舞鶴若狭道にのることにしました。


IMG_1238.jpg
国道9号線で鳥取市街地を抜けた頃、前方に大きな虹が見えました。


IMG_1240.jpg
その後、山間部でも鮮やかな虹を見ることができました。


道も空いていて楽勝だなと思っていたら遅いトラックなどにつかえて、東舞鶴から高速にのったのは19時頃になってしまいました。22時頃には別当出合について寝るつもりだったのに、だいぶん遅くなりそうです。


ということで、このあとは白山のレポに続きます。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング









関連記事
スポンサーサイト

| 2018年10月 大山槍尾根 | 22:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV