FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

テント場通信簿: 白馬岳頂上宿舎キャンプ場

テント場通信簿は、清潔さや快適さなどの一般的な項目の他に、撮影山行基地としての評価も加えたテント場の評価です。各評価項目を5段階で審査し
、合計点数の平均(端数は四捨五入)が総合評価です。

評価項目
●清潔度:テント場にごみが放置されていないか、清潔に保たれているかどうかを評価します。
●快適度:整地の状況、地面の状況、サイトのゆとり度、トイレや水場への距離などテント場での生活が楽で快適かどうかを評価します。
●施設充実度:トイレ、水場、ベンチとテーブル、炊事棟、売店の有無を評価します。1種類ないごとに-1です。
●ロケーション:写真を撮るためのベースとして、立地条件などを評価します。ただし、立地条件は変更しようがないので、3以上の評価とします。

評価基準
5:非常に優れている
4:良い
3:問題ない
2:いま一歩
1:改善が必要


白馬岳頂上宿舎キャンプ場
清潔度:5
快適度:4
施設充実度:3
ロケーション:4
総合評価:4


白馬岳頂上宿舎キャンプ場は白馬岳頂上宿舎の裏にあり、標高2700mという高地にあります。白馬岳頂上から30分という至近距離にあるキャンプ場です。


IMG_0954b.jpg
テント場は、谷間のような場所にあり、緩やかな傾斜があるものの比較的フラットです。しかし、岩ゴロの地面なのでどこにでもテントを張れるというわけではなく、整地されている場所を選んで幕営するという状況です。そのため、たとえ繁忙期でも白馬大池のようにテント同士がくっつきあうほど混雑した状態にならないのがメリットでもあります。ペグはあまり効かないので、ガイラインを石に巻いてテントを固定する方法が有効です。


谷間のような地形ですが風はかなり強く吹くので、中途半端な固定だと吹き飛ばされる可能性があります。ガイラインを石に巻いて固定する場合は、ガイラインを巻いた石に他の石を数個載せて固定するぐらい用心しておいた方がいいでしょう。


IMG_0961.jpg
谷間のような場所なので雨が降ると水が集まってくるらしく、幕営場所によってはテントの下が水たまりになるため、幕営場所の地面に水たまりの跡や水が流れた後がないかを確認しておく必要があります。不幸にも水が溜まりそうな場所に幕営せざるを得ない場合は、排水溝を掘っておくなどの雨対策をしておいたほうが無難です。


白馬村営山小屋のHPには、キャンプ場のキャパが書かれていないので不明ですが、ざっとみたところ50張ぐらいという感じです。キャパ100張と紹介しているブログもあるようですが、さすがにそこまでの数は無理だろうと思われます。幕営料は1000円となっています(2018年現在)。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_0958_2018082818021874f.jpg
テント受付は頂上宿舎の外来レストランで行っています。写真の左下が外来レストラン棟です。レストラン入口前には長椅子とテーブルのセットがいくつかありますが、キャンプ場にはありません。食事をベンチとテーブルでとりたいという場合は、ここまで来る必要があります。また、早く着いて暑かったり寒かったりでテントにいられないという場合は、外来レストランで飲み物を買って中でゆっくりすることもできます。軽食などもあるので、暑さ寒さから逃げ込むには最適な場所です。


IMG_0956_20181008210354431.jpg
水場はトイレの前にホースを引っ張ってきた水場が設置されていて、無料で利用できます。トイレの前なので手洗を兼ねていて、最初は飲んでもいいのか戸惑いますが、テント受付で聞いたところ、飲用可ということでした。水場の蛇口は一つなので、朝夕の混雑時はけっこう待ち時間が発生します。トイレ利用後の手洗利用者もいるので、なおさらです。テントを張ったらすぐに水を汲んでおくのをお勧めします。これ以外にも、頂上宿舎前の雪渓下部に水場があるので、気分的にトイレ前の水はどうも嫌だという人は、そちらから汲んでくるという手もあります。


IMG_0953_201810082108592ab.jpg
外トイレは、キャンプ場上部にある横長の建物です。男女別になっています。手洗いは、前述のとおり飲用の水場を兼ねたものが、トイレ前にあります。


IMG_0957_2018100821035587e.jpg
トイレの建物がビミョーにキャンプ場側に傾いているので、中に入ると妙な感じがします。女性用の構造はわかりませんが、男性用は右手が小便、左手が個室になっています。小便器はなく、昔よくあった壁に向かって用を足すタイプです。個室の方は和式で、ペーパーは備え付けがあったと思います。小便の場所がちょっと汚れていたので、それなりに臭いがあり、見た目に清潔感があるとはいえませんが、個室の方はきれいでした。


白馬頂上宿舎キャンプ場は、谷間地形であるためキャンプ場から直接展望があるわけではありませんが、2~3分で稜線にでられるし、白馬岳山頂まで30分程度と至近距離にあるので、ロケーション的には恵まれています。杓子岳や白馬鑓ヶ岳までも1~2時間だし、清水岳や雪倉岳へも日帰り可能な距離なので、白馬岳主体に撮影するのに適した場所です。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










関連記事
スポンサーサイト

| テント場通信簿 | 21:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV