FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

連休でも人がいないAコース: 那岐山その3  

台風が接近中ですが、岡山は不思議なほど静かです。どんよりとした曇り空ですが、雨も降っていないし風もありません。嵐の前の静けさなんでしょうか。GPV予報を見るとすでにけっこうな雨が降っているはずですが、最近はほんと予報確率が低くなってます。そうはいっても出かけるような天気でもないし、今週末はのんびりと過ごしたいと思います。


2回で終わるはずだった那岐山レポですが、3回目に突入です。でも、今回で下山完了です。




2018年9月23日(日) 岡山県奈義町 那岐山(標高1209m) 日帰り単独行 


IMG_1070_20180929121750353.jpg
12:42 団体さんが山頂に到着して、途端に騒がしくなったので、入れ替わりに下山します。Bコースは状況がわからないので、素直にCコースで下山します。


IMG_1071_20180929121751f69.jpg
だいぶんガスが出てきましたが、麓の方はまだ見えています。黒い雲ではないので雨の心配はなさそうです。


IMG_1073_20180929121752e17.jpg
となりの三角点ピークでも子供が大はしゃぎしていてかなりの騒々しさなので、立ち止まらずに通過します。


IMG_1074_20180929121754aaa.jpg
12:50 道標のところで左折して、登山口へと下ります。


IMG_1075_201809291217556fb.jpg
時間的にお昼時ということもあって、山頂の賑わいがうそのように静かなCコースです。登山口の駐車場を見た限りでは、たくさんの登山者が往来しているイメージでしたが、うまく時間帯がずれればそれほどでもないようです。


IMG_1076_20180929121841f74.jpg
その後も、ほぼ人に会わない状態が続きましたが、大神岩のところで20名ぐらいの団体さんが道をふさぐように立ち止まっていて、ちょっとうんざりさせられました。ガイドらしき年配の男性がなにか説明しているのをみんなで聞いていたという状況ですが、道をふさがないように配慮するという最低限のマナーさえ教えられないガイドってなんなんだろうと思うわけです。トムラウシ山や白馬岳での遭難事件もガイドがついたツアーだったわけで、こんな低レベルな人たちがガイドとしてやっている現状を考えると、日本のガイド組織はどこまで信用できるのか大いに疑問です。


そういえば、ある有名モデルの女性と白馬界隈で名の知れた女性ガイドが白馬駅から唐松岳に登るというTV番組を以前観たことがありますが、そのガイドが白馬駅前の人ごみの中で、ストックの先端がむき出しの状態でバックパックに装着していたのをみて唖然としたことがあります。普通に歩くだけならそれほど心配する必要はありませんが、人ごみの中で何かの拍子にしゃがんだり荷物を下したりしたら凶器になりかねないわけで、そんな配慮もできない人が売れっ子ガイドなのかとあきれてしまいました。他にも、山小屋で酒を飲んで騒ぐガイドたちをみたこともありますし、少し前に黒部五郎岳でガイドだけがはぐれて遭難騒ぎを起こしたという事件もありました。登山技術はあっても、人格に問題ある人が多すぎるのではないかと思ってしまいます。


IMG_1077_201809291218423f8.jpg
13:52 結局、ランチなし休憩なしで登山口まで下りてきました。すでに14時前なので、のんびりとランチタイムをとる余裕はありません。幸い、行動食でお腹は満足しているので、ランチなしでも大丈夫です。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_1078_201809291218449c9.jpg
いつもならここから林道を下るのですが、今回は左折して菩提寺へと向かいます。


IMG_1079_20180929121845e8e.jpg
数年前に新しく整備された遊歩道を進みます。


IMG_1080_201809291218477c8.jpg
蛇淵滝の上流にかかる橋を渡ります。


IMG_1081_2018092912184851a.jpg
清流がとうとうと流れています。


IMG_1082_20180929121850f7b.jpg
橋を渡ると、登りが始まります。


IMG_1083_201809291218511dd.jpg
初めのうちはそれほどきつい傾斜ではありません。


IMG_1085_201809291218529fe.jpg
進むにつれて急傾斜地をジグザグに登るようになりました。ずっと植林帯の中を通っているので、100%遊歩道として整備したというよりも、林業の作業道を兼ねているのではないかと思えます。


IMG_1086_20180929122049d6d.jpg
ジグザグの急坂を登って、上から見下ろすとこんな感じです。直登の階段になっていないだけましです。


IMG_1087_20180929122050a46.jpg
14:08 ようやく急傾斜地を登りきって、林道に出ました。ここから先は林道歩きのようです。


IMG_1088_201809291220527a9.jpg
この道はもともとあった林道を利用しているだけのようで、遊歩道という雰囲気は皆無です。


IMG_1091_20180929122053722.jpg
途中で林道を川が横切っていたので、汗でべたつく顔を洗って、ついでに汗で濡れたタオルも洗っておきました。味気のない植林帯の林道歩きで気分的に盛り下がっていたので、さっぱりとリフレッシュできました。


IMG_1092.jpg
そうはいっても、その後も変わり映えのない植林帯が続きます。


IMG_1093_20180929122056190.jpg
14:27 分岐がありました。


IMG_1094_201809291220581dd.jpg
遊歩道は左上に向かって斜面を登って行くようにつけられています。地形図に林道は記載されていませんが、このまま林道を進んで行けばおそらく菩提寺まで行けると思われます。


IMG_1095_20180929122059ece.jpg
しかし、遊歩道ではありませんと書かれた看板が設置されていて、暗に立ち入るなといいたそうなので、素直に遊歩道を行くことにしました。まあ、立入禁止と書かれているわけではないので、歩いてはダメということではないのでしょうけど。


IMG_1096.jpg
遊歩道を八巻城跡方面へ登って行きます。


IMG_1098_2018092912225680d.jpg
尾根上まで出ると、十字路の分岐になっていました。八巻城跡までは100mということですが、城があるわけでもないので、立ち寄らずに菩提寺へ下ることにしました。


IMG_1099_201809291222585bc.jpg
少し下ると再び林道に合流しました。右へ下ります。


IMG_1100_20180929122259d07.jpg
道なりに下って行くと左へ行く分岐がありましたが、道標がないのでそのまま直進します。


IMG_1102_2018092912230006d.jpg
道なりに下ってヘアピンカーブを通過してすぐに別の林道に合流しました。おそらく、八巻城跡手前の林道分岐からそのまま林道を歩いていくとここに出てくるのだと思われます。


IMG_1103_201809291223027b9.jpg
変わり映えのない林道歩きが続きます。


IMG_1104_20180929122303fab.jpg
GPSで確認すると前方の尾根がAコースが通っている尾根のようなので、菩提寺までもうすぐです。


IMG_1105_20180929122305e2a.jpg
Aコースが林道を横断している場所に戻ってきました。朝は右からここへ出てきましたが、そのまま林道を直進して帰ることにしました。


IMG_1106_20180929122307b5d.jpg
14:53 菩提寺の駐車場に戻ってきました。出発した時よりもずいぶんと車の数が増えていました。


IMG_1108.jpg
せっかくなので、トイレに寄ったついでに菩提寺の大銀杏を見に行きました。


IMG_1109_20180929122426c44.jpg
国の天然記念物に指定されている大銀杏です。


IMG_1110_20180929122427638.jpg
高さ約40m、目通り幹囲約13m、樹齢推定900年という巨樹です。


IMG_1111.jpg
10月下旬ぐらいから黄葉した姿を見ることができ、なかなか圧巻です。


IMG_1114_2018092912243025f.jpg
駐車場に戻る途中の参道わきに、金木犀が花を咲かせていました。いい匂いを嗅いで心地よくなってから帰りました。

20180923nagisen.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング











2018年9月23日(日) 岡山県奈義町 那岐山(標高1209m) 日帰り単独行 


台風が接近中ですが、岡山は不思議なほど静かです。どんよりとした曇り空ですが、雨も降っていないし風もありません。嵐の前の静けさなんでしょうか。GPV予報を見るとすでにけっこうな雨が降っているはずですが、最近はほんと予報確率が低くなってます。そうはいっても出かけるような天気でもないし、今週末はのんびりと過ごしたいと思います。


2回で終わるはずだった那岐山レポですが、3回目に突入です。でも、今回で下山完了です。


IMG_1070_20180929121750353.jpg
12:42 団体さんが山頂に到着して、途端に騒がしくなったので、入れ替わりに下山します。Bコースは状況がわからないので、素直にCコースで下山します。


IMG_1071_20180929121751f69.jpg
だいぶんガスが出てきましたが、麓の方はまだ見えています。黒い雲ではないので雨の心配はなさそうです。


IMG_1073_20180929121752e17.jpg
となりの三角点ピークでも子供が大はしゃぎしていてかなりの騒々しさなので、立ち止まらずに通過します。


IMG_1074_20180929121754aaa.jpg
12:50 道標のところで左折して、登山口へと下ります。


IMG_1075_201809291217556fb.jpg
時間的にお昼時ということもあって、山頂の賑わいがうそのように静かなCコースです。登山口の駐車場を見た限りでは、たくさんの登山者が往来しているイメージでしたが、うまく時間帯がずれればそれほどでもないようです。


IMG_1076_20180929121841f74.jpg
その後も、ほぼ人に会わない状態が続きましたが、大神岩のところで20名ぐらいの団体さんが道をふさぐように立ち止まっていて、ちょっとうんざりさせられました。大神岩でランチタイムにしようかと思っていましたが、とてもそんな状況ではないので、休憩なしで通過しました。それでも、その後は再び静かな山道になりました。


IMG_1077_201809291218423f8.jpg
13:52 結局、ランチなし休憩なしで登山口まで下りてきました。すでに14時前なので、のんびりとランチタイムを撮る余裕はありません。幸い、行動食でお腹は満足しているので、ランチなしでも大丈夫です。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_1078_201809291218449c9.jpg
いつもならここから林道を下るのですが、今回は左折して菩提寺へと向かいます。


IMG_1079_20180929121845e8e.jpg
数年前に新しく整備された遊歩道を進みます。


IMG_1080_201809291218477c8.jpg
蛇淵滝の上流にかかる橋を渡ります。


IMG_1081_2018092912184851a.jpg
清流がとうとうと流れています。


IMG_1082_20180929121850f7b.jpg
橋を渡ると、登りが始まります。


IMG_1083_201809291218511dd.jpg
初めのうちはそれほどきつい傾斜ではありません。


IMG_1085_201809291218529fe.jpg
進むにつれて急傾斜地をジグザグに登るようになりました。ずっと植林帯の中を通っているので、100%遊歩道として整備したというよりも、林業の作業道を兼ねているのではないかと思えます。


IMG_1086_20180929122049d6d.jpg
ジグザグの急坂を登って、上から見下ろすとこんな感じです。直登の階段になっていないだけましです。


IMG_1087_20180929122050a46.jpg
14:08 ようやく急傾斜地を登りきって、林道に出ました。ここから先は林道歩きのようです。


IMG_1088_201809291220527a9.jpg
この道はもともとあった林道を利用しているだけのようで、遊歩道という雰囲気は皆無です。


IMG_1091_20180929122053722.jpg
途中で林道を川が横切っていたので、汗でべたつく顔を洗って、ついでに汗で濡れたタオルも洗っておきました。味気のない植林帯の林道歩きで気分的に盛り下がっていたので、さっぱりとリフレッシュできました。


IMG_1092.jpg
そうはいっても、その後も変わり映えのない植林帯が続きます。


IMG_1093_20180929122056190.jpg
14:27 分岐がありました。


IMG_1094_201809291220581dd.jpg
遊歩道は左上に向かって斜面を登って行くようにつけられています。地図を見た限りでは、前方の尾根が八巻城跡なので、このまま林道を進んで行けばおそらく菩提寺まで行けると思われます。


IMG_1095_20180929122059ece.jpg
しかし、遊歩道ではありませんと書かれた看板が設置されていて、暗に立ち入るなといいたそうなので、素直に遊歩道を行くことにしました。まあ、立入禁止と書かれているわけではないので、歩いてはダメということではないのでしょうけど。


IMG_1096.jpg
遊歩道を八巻城跡方面へ登って行きます。


IMG_1098_2018092912225680d.jpg
尾根上まで出ると、十字路の分岐になっていました。八巻城跡までは100mということですが、何があるというわけではないでしょうから、立ち寄らずに菩提寺へ下ることにしました。


IMG_1099_201809291222585bc.jpg
少し下ると再び林道に合流しました。右へ下ります。


IMG_1100_20180929122259d07.jpg
道なりに下って行くと左へ行く分岐がありましたが、道標がないのでそのまま直進します。


IMG_1102_2018092912230006d.jpg
道なりに下ってヘアピンカーブを通過してすぐに別の林道に合流しました。おそらく、八巻城跡手前の林道分岐からそのまま林道を歩いていくとここに出てくるのだと思われます。


IMG_1103_201809291223027b9.jpg
変わり映えのない林道歩きが続きます。


IMG_1104_20180929122303fab.jpg
GPSで確認すると前方の尾根がAコースが通っている尾根のようなので、菩提寺までもうすぐです。


IMG_1105_20180929122305e2a.jpg
Aコースが林道を横断している場所に戻ってきました。朝は右からここへ出てきましたが、そのまま林道を直進して帰ることにしました。


IMG_1106_20180929122307b5d.jpg
14:53 菩提寺の駐車場に戻ってきました。出発した時よりもずいぶんと車の数が増えていました。


IMG_1108.jpg
せっかくなので、トイレに寄ったついでに菩提寺の大銀杏を見に行きました。


IMG_1109_20180929122426c44.jpg
国の天然記念物にしてされている大銀杏です。


IMG_1110_20180929122427638.jpg
高さ約40m、目通り幹囲約13m、樹齢推定900年という巨樹です。


IMG_1111.jpg
10月下旬ぐらいから黄葉した姿を見ることができ、なかなか圧巻です。


IMG_1114_2018092912243025f.jpg
駐車場に戻る途中の参道わきに、金木犀が花を咲かせていました。いい匂いを嗅いで心地よくなってから帰りました。



今回、初めてAコース登山口とB/Cコース登山口を結ぶ遊歩道を歩きましたが、ほぼ全区間植林帯の中を歩くコースで、半分以上は林道をそのまま使っています。遊歩道というと自然林の中を気持ちよく歩ける道というイメージがありますが、この道はほぼそういう場所はありません。Aコースから登っても周遊できるようになったという点では価値がありますが、遊歩道としてはわざわざ歩きに来るようなものではないというのが正直な感想です。AコースとB/Cコースを繋ぐ連絡路と考えたほうがよさそうです。

20180923nagisen.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング









関連記事
スポンサーサイト

| 2018年9月 那岐山 | 12:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV