FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

三連休の憂さ晴らし: 泉山その1  

2018年9月19日(水) 岡山県鏡野町 泉山(標高1209m) 日帰り単独行 


9月15日からの三連休は、結局どこにも出かけずにゆるりとひきこもり状態で過ごしてしまいました。岡山はそこそこいい天気だったのですが、県北も四国の山沿いも雨や曇りの天気が続き、どこへ行っても登山には適していない天気ということで、出かける気分になりませんでした。9月3日の伯耆大山以来まともに体を動かしていないためか、なんとなく体調もすっきりしないし、気分的にもぱっとしない状態でした。


19日は午前中だけ仕事の予定が入り、しかも最後が津山市院庄の現場に11時ということだったので、午後から鏡野町の泉山に登ることにしました。


コースは、泉山への最短コースとなる笠菅コース。登り1.5時間、下り1時間、休憩込みで往復3時間ぐらいとあまり時間がかかりません。登山口の笠菅峠が標高850mになるので、標高差も360mとお手軽コースです。


装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤー: CW-X メッシュTシャツ
 ベースレイヤ: マムート アタカソライトジップ  
 ミドルレイヤ: なし
 ソフトシェル: なし
 ハードシェル: マムート エアロスピードジャケット
 インサレーション: なし
 グローブ: プロアクト 作業用グローブ
 キャップ/ハット: バーグハウス サイドスナップブリムハット
 ヘルメット なし

●ボトムス
 ベースレイヤ: なし
 ミドルレイヤ: フェニックス クエストパンツ
 ハードシェル: ミズノ ベルグテックEX/レインパンツ
 ソックス: クロスプロ 5本指ウォーキングソックス(ウール混)
 シューズ: ミレー オールロードGTX

●ギア
 バックパック: マムート リチウムスピード20L
 ストック: なし


IMG_0958_20180920110223baa.jpg
ドライレイヤーとして着用したCW-XのメッシュTシャツですが、2001年頃にいただいたもので、厳密に言えばドライレイヤーとして発売されたものではなかったはずです。化繊のメッシュ素材のTシャツということで、事実上ドライレイヤーとして使えるだろうということで、久しぶりに着てみました。ファイントラックの操業が2004年なので、CW-Xはそれに先駆けてドライレイヤーのコンセプトのTシャツを作ったということになりますが、はたしてそういうコンセプトだったのかどうかは不明です。


ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。



IMG_0961_201809201102247f8.jpg
12:07 笠菅峠を出発します。車は他になく、こちらから入山した人はいないみたいです。平日のお昼なので、いまから登る人もいないでしょうし、今日は誰にも会わない静かな山行になりそうです。


IMG_0962_20180920110225b70.jpg
登山口には丸太の椅子やベンチが設置されています。


IMG_0963_2018092011034468f.jpg
登山口に設置してある登山コースの案内図です。泉山全コースがわかりやすく描かれていました。笠菅コースは、下りで一度利用したことがありますが、登りで利用するのは初めてです。写真クリックで拡大します。


IMG_0964_20180920110228814.jpg
やや草の伸びた林道を登って行きます。


IMG_0965_201809201102291ab.jpg
12:17 登山道入口に着きました。ここから右手の斜面を登って行きます。


IMG_0967_20180920110231830.jpg
登山道入口に杖がわりの木の枝が置かれていたので、一番軽そうな竹の棒を一本借りていくことにしました。ストックの代わりということではなく、おそらくたくさんあると思われるクモの巣トラップを撃破するためです。


IMG_0968_201809201102327c7.jpg
笠菅コースは、登山道入口から偽木の階段が設置された急登で始まります。急ぐ必要はないので、ゆっくりと登って行きます。


IMG_0969_20180920110234e11.jpg
7分ほど登ったところで、いったん傾斜が緩み、少し展望のある場所に出ます。偽木の階段はこの少し手前で終わりです。


IMG_0970_20180920110221ed7.jpg
しかし、その先からまた急登が始まります。ときどき間伐材を使った階段があったりしますが、基本的にやや荒れ気味の土道の登山道なので、スリップ注意です。


IMG_0971_20180920110538025.jpg
12:41 急登が終わり、尾根に出ました。ここからは尾根上の緩やかな道です。


IMG_0972_20180920110539e4f.jpg
途中、やや展望が開けた場所から山の様子を見てみましたが、紅葉はまだまだ先のようです。


IMG_0973_20180920110541a73.jpg
北に見えるピラミッド状のスマートな山は、角ヶ山だと思われます。この山はまだ登ったことがないので、そのうち登りに行こうと思います。ただ、急登の階段が長いらしいので、いまいち積極的に登りに行こうという気になりません。


IMG_0975.jpg
12:56 電波反射板の下まで来ました。


IMG_0976.jpg
ここから先は笹原の道になります。


IMG_0977_201809201105362bf.jpg
13:00 笹原の道を登って行くと、道標が立っている小ピークがあったので、ここで休憩していくことにしました。久しぶりの青空と日差しの中での山歩きは気分爽快です。ほとんど風はありませんが、日向にいても気温が低いので暑さは感じません。休憩しているうちに汗もスーッと引いていく感じで、三連休を出かけることができず悶々としていた気分もすっきりです。

つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング









関連記事
スポンサーサイト

| 2018年9月 泉山 | 11:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV