FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

フルサイズ一眼もミラーレスの時代: Nikon Z7/Z6登場

nikon_Z7s.jpg
ニコンからフルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼が発表されました。これまではソニーの独壇場だったフルサイズのミラーレス一眼ですが、ニコンが参戦し、キヤノンもまたこの秋には発表するという噂がでているので、どうやら2018年は一眼レフにとって大きな転換点の年になりそうです。フィルムからデジタルへと移行した時のようなパラダイムシフトが起こるのか、はたまた熟成されたシステムとしてレフレックス機も共存していくのか、きちんと見極めていく必要があります。


olympus_E1.jpg
発表されたZ7/Z6の2モデルの写真を見て、かつてオリンパスがフォーサーズを製品化した時にだしていたE-1を思い出した人も少なからずいるのではないかと思いました。デザイン的によく似ています。だからどうだというわけではありませんが、ニコンらしくないデザインだなというのが、個人的な感想です。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




ところで、この製品からレンズのマウントが変更されました。Zマウントという新マウントが採用されたそうです。新しいカテゴリのカメラということで、新時代にふさわしい新機能を付加したり、これまでのFマウントでは実現できなかったF1.4よりも明るいレンズをラインナップに加えるために、どうしても大口径のマウントが必要だったということなのでしょうが、現在のニコンユーザーにとっては、そのまま既存のレンズ資産を使えないというデメリットになるわけで、ニコンとしても苦渋の選択だったのかもしれません。とはいえ、アダプタなどを介して使うことはできるようなので、まったくもってFマウントのレンズが使えないということではないのがせめてもの救いです。


かつて、AF時代に向けてキヤノンも同じように新規格であるEFマウントを採用し、既存ユーザーを切り捨てたと批判されたことがありましたが、そのEFマウントは現在でも古びることなく使われていることを考えれば、先見の明があったということなのでしょう。ニコンは既存ユーザーのレンズ資産を活かすことを大切にしてMF時代からのFマウントを継続した反面、小さいマウント径のためにいろいろとレンズ開発に制約があったわけですが、これでようやく古いしがらみから解放されることになりそうです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










関連記事
スポンサーサイト

| 写真ネタ・ニュース | 18:13 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

画質などにこだわりがなければ、どんなカメラでも問題なしです。

| ヤマふぉと | 2018/08/24 16:07 | URL |

北アルプス山行記録を楽しんで拝見しています。山の写真を撮影するために、昔はフィルムカメラの一眼レフをミノルタやペンタックスで持っていましたが、最近は仕事でも使用する現場監督用のオリンパスのデジカメ(防水・防塵・耐衝撃)を山行時に併用しています。

| 島根の青木です。 | 2018/08/24 11:49 | URL |















非公開コメント

NEXT | PAGE-SELECT | PREV