ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

ミニチュアアルプスの大縦走:和気(わけ)アルプス vol 3

2011年1月30日 岡山県和気町 和気アルプス(最高地点370.3m)日帰り山行
vol 1vol 2はこちら。



 強い風が直接当たらないとはいえ、そこはさすがに粉雪が時折舞う真冬の山上。気温はわずか2.3度なので、じっとしているとさすがに寒さがしみてきます。結局20分程度の休憩をとっただけで、すぐに下山にかかりました。

神ノ上山からの下山路
 13時28分、来た道を下ります。

奥ノ峰下からの展望
 奥ノ峰の少し南のあたりで、やっと展望が開けてきました。往路では登るばかりで後ろを振り返ることをしなかったので、涸沢峰から神ノ上山の間は景色を楽しむこともなくひたすら歩いていたような気がします。実際、写真も撮っていませんでした。立ち止まって振り返れば、そこそこの展望があったということのようです。やっぱり山は急いで歩くものではありません。

ジャンダルム下からの展望
  13時54分、ジャンダルムまで戻ってきました。ジャンダルムから少し下ったあたりで、背後の槍ヶ峰(右)と白岩山(左)が良く見えました。奥ノ峰から往復しても20分ぐらいでしょうから、行ってみても良かったかなあと思いつついまさら引き返す気にもならず、次の楽しみにとっておくことにして先を急ぎます。

涸沢峰への上り返し
 涸沢峰への急登に差し掛かったところで、またまた自分撮りで楽しんでしまいました。ちょうど道の先に太陽があったので、太陽に向かって頂を目指す登山者のイメージで撮影です。それなりに雰囲気は出たかな?

涸沢峰から竜王山
 14時11分、涸沢峰に帰ってきました。ここからは新しいルートです。南東方向にそびえる竜王山に向けてまたまた下りです。この下り坂は岩の上に小石が乗っていて滑りやすいので、神経を使いました。

竜王山への急登
 竜王山の山頂直下にわりと傾斜のきつい部分があったので、ここでも自分撮り。今回は上からのアングルです。高度感が出るように背後の涸沢峰なども画角に入れてカメラをセットし、10秒のセルフタイマーで撮影です。カメラのシャッターを押したら大急ぎで急傾斜を駆け下りて、何事もなかったかのように登り始めますが、なんとか一発でOKカットになりました。気に入らなかったらやり直しになってしまうので、助かりました。もっとも、画面上端に木の枝が入ってしまったので厳密に言うとNGですが、まあこれぐらいはよしとしておきます。

竜王山山頂
 14時22分、竜王山に到着しました。山頂には竜王様の祠が祭ってありました。小竜王方面へは、地面に埋まっている三角点のところから右に下っていきます。

アタゴ尾根道標
 分岐点には、ちゃんと道標も設置してありました。アタゴ尾根ルートというのが正式名称のようです。

小竜王表示板
 14時27分、小竜王のピークにきましたが、ここは展望はあまりよくありません。

小竜王から穂高山
 西方面はそれなりに開けており、ドーム状の穂高山の様子はよくわかりますが、松があるので下のほうが隠されてしまいます。

小竜王からアタゴ尾根
 小竜王からアタゴ尾根がまっすぐ南に伸びています。小竜王の山頂からの下りは滑りやすそうな斜めになった岩があり、少し注意が必要です。

アタゴ尾根ルート
 いままでの主稜線に比べるとなんとなくルートが不明瞭な雰囲気がありますが、テープもついていたりしてルートファインディングが必要なほどではありません。

幻ピーク
 やがて、和気の町を背景にした幻ピークが見えてきました。

幻ピーク手前から東を展望
 ピークにあがる手前で東方向が良く開けていましたが、山頂に登ると東側は木があって展望がありません。

幻ピーク表示板
 14時39分、幻ピーク着です。ピークの表示板はなぜか木の陰に隠れるように設置されていました。写真はわかりやすいようにこちらに向けて撮影しました。

幻ピークから南西を展望
 南側も少し木があるので、すかっと開けているのは南西方向です。右手に登山口となる和気富士がすぐ近くに見えていました。

アタゴ様
 幻ピークの下には、アタゴ様の祠がありました。時間は14時42分でした。

アタゴ様下の登山道
 アタゴ様のすぐ下は砂利の荒地のようになっていて、ルートが判然としません。なんとなく下にまっすぐ下っていくような雰囲気なのですが、良く見ると左下方向に黄色いペンキの印しがありました。すべりやすそうなので、気をつけて降りました。

獣よけフェンス
 下っていくと、鉄のフェンスがありました。鹿などの獣よけフェンスです。扉があるのでここを通過して外に出ます。アタゴ様から5分でした。

扉のロック
 扉は金属の錠とロープで閉じてあり、ロープを解くのに若干手間取りましたが、無事通過できました。もちろん、外から元通りに扉を閉じておきます。

フェンス沿い
 ここからは、フェンスに沿って右手方向(西方向)に下っていきます。

最初の墓地
 フェンスに沿って回り込みながら下っていくと、左手に墓地がありました。墓地の前から南に下る道がついていたので、これを下っていけばいいのではないかと思いましたが、いちおう和気アルプス案内図に従って天神尾根ルートまで行くことにしました。

天神尾根への登り
 墓地を左下に見ながらフェンスに沿って天神尾根に上っていきます。

 フェンスの扉
尾根上に扉が設置されていました。天神尾根ルートはこの扉から入っていくようです。

天神尾根の墓地
 扉の前にも墓地があり、道が続いています。地図を確認すると天神尾根ルートはまっすぐ下っていくルートなので、こちらが正規のルートかもと思いつつも、フェンス沿いのルートの先が気になります。

フェンス沿いルートのT字路
 フェンス沿いのルートはすぐ先でT字路になっています。右は明らかに違う方向に行くので、左に進んでみました。

上下の分岐
 左折してすぐ上下に分かれる分岐になりました。尾根筋を下るルートなので上かなと思いましたが、良く見ると分岐の真ん中の木に道標がありました。

上下分岐の道標
 矢印は左向きです。これは左下へ進めという意味なのか、はたまた登りの登山者用に上向きを示しているのか判然としません。もっとも、ここまで来たら尾根というよりもただの起伏に近い状態なので、とりあえず下におりることにしました。

舗装路
 左下のルートを進むと、10mほど先で舗装路に合流しました。

舗装路合流地点から北を見る
 左上を見るとずっと奥まで道が続いていて、奥にフェンスが見えました。最初に見た墓地のところに繋がっているようです。

天神尾根の道標
 すぐ左手には天神尾根ルートのフェンス扉から見た墓地へと続く道もあり、その曲がり角の藪の中にルートの道標がありました。道標の前をまっすぐのぼっていくのがどうやら元のルートだったようですが、いまはすっかり藪となっていて墓地の前を通るのが一般的なのでしょう。

GPSの軌跡マップ
 結局、帰ってからGPSの軌跡と地図を確認してみると、やはり上下の分岐を上に行くのが正しいルートだったようです。もっとも、尾根の末端部分まで律儀に歩くかどうかという判断になります。

和気富士を見上げる
 舗装路を下っていくと住宅街の中に入り、突き当たりのT字路を右に曲がって進んでいくと天神尾根ルートを横断して、和気富士の東麓に来ました。

河川敷降り口
 15時12分、最後はうまい具合に河川敷の降り口の正面に出てきました。


和気アルプスGPSマップ1


和気アルプスGPSマップ2


GPSのログ
 自宅に戻ってGPSのログを見ると、行動時間4時間41分、移動距離11.1km、平均速度2km/h、累計標高差1008mでした。


■山行データ
<往路所要時間> 2時間30分
登山口10:37→和気富士登山口10:46→和気富士山頂11:18→烏帽子岩11:31→岩山11:54→涸沢峰12:24→奥ノ峰12:43→神ノ上山13:07

<復路所要時間> 1時間45分
神ノ上山13:28→ジャンダルム13:54→涸沢峰14:11→竜王山14:22→小竜王14:27→幻ピーク14:39→フェンス14:47→駐車場15:13

<登山道情報>
途中危険なところはありませんが、滑りやすい急坂がところどころあります。スニーカーでは厳しいと思いますので、せめてトレッキングシューズで歩きましょう。和気富士東側の河川敷駐車場所にトイレ・水場はありません。ここを利用する場合は、事前の準備が必要です。また、ルート途中どこにもトイレ・水場はありません。

登山道は要所に道標がありそれほど迷うことはないと思いますが、道標のない分岐・枝道も多々あるので、地図は必要です。和気アルプスのホームページの地図を参考に、自分の歩くルートを国土地理院の地図などに描いておけばわかりやすいです。私は、フリーソフト「trekkingMapEditor」で印刷したものを持っていきました。このソフト、大変役に立つので後日ご紹介します。




記事内容が気に入ったら、クリックしてやってくださいませ。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

| 2011年1月 和気アルプス | 17:37 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

和気アルプスの地図

リクエストをいただいたので、GPSログのマップを新たに掲載しました。
必要な方は、画像データをダウンロードして印刷するなどして
ご利用ください。

なお、和気アルプスのホームページが、2012年2月17日で閉鎖されてしまったようです。
ページを開くと緊急告知のページが出てくるだけです。どこにも登山情報のリンクが
ありません。というのも、どうやら来年から鳥獣保護区が解除になって、
銃猟も解禁されたため登山者の安全を確保できないということのようです。
山歩きの最中にイノシシと間違えて狩られてはシャレになりませんし、
流れ弾で負傷するのもごめんこうむりたいところです。

和気アルプスに行く場合は、くれぐれも覚悟の上でお願いします。

| ヤマふぉと | 2012/02/13 23:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamaphoto55.blog133.fc2.com/tb.php/121-ac9d18b6

TRACKBACK

NEXT | PAGE-SELECT | PREV